ゴルフは哲学

ゴルフは哲学だと捉えて、様々な考え方、理論を学びながらゴルフ上達を目指しています。サラリーマンゴルファーだからこそゴルフに費やす時間に限りはありますが、日々努力をしています。サラリーマンゴルファーの世迷言ブログです。読むゴルフを目指してブログを書いています。 2018/2/8 更新

スポンサーリンク

 

TOPICS

2018年モデルの紹介
2017年末から2018年にかけて、2018年ニューモデルが発表されつつあります。

テーラーメイド M3、M4 2018年モデル
テーラーメイド M3、M4 2018年モデルが、やっとUSGAリストに登録されているのを確認しました。2018年は、TwistFace(ツイストフェイス)という最新技術を搭載して、さらに直進性を高める工夫を取り入れているようです。M2 D-TYPE がありましたが、M4 D-TYPE も用意されています。が、日本国内で発売されるかは不明です。テーラーメイド日本の公式発表によると、M3、M4 ドライバー 2018年2月16日発売となっています。

キャロウェイ ローグ シリーズ
キャロウェイ 2018年モデルが発表されました。今回は、ヘッド種類が3つあります。それぞれの特長、発売日の紹介。

冬ゴルフは、飛ばない?
冬は、なんだか飛ばないなと思いませんか? 気の所為かなと思ったのですが、それなりの理由があります。

中部銀次郎

全ての始まりは、ここからでした。ゴルフ技術書ばかり読んでいたのですが、中部銀次郎さんの書籍を読んで、多くの気付きを得ることができて、いっきにスコアが良くなったことを今でも覚えています。ゴルフというスポーツは、技術じゃないところに問題があることが多いということに気付きました。ゴルフ技術とか、ゴルフスイング・パワーとか、ドロー打つとか、フェードとか、そういった細かな技術論じゃないところに、自分のゴルフの問題があるかもと思った時に読むと、気付きが得られることがあります。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

飛ぶドライバー

毎年、飛ぶドライバーが発売されますが、本当に飛ぶのか? という疑問を持っている人は多いはずです。ゴルフをやり始めたときから毎年、飛ぶドライバーを購入してたら、もう400ヤードくらい飛んでいてもおかしくないなんて思うことあります。飛ばないのは、もしかしたら、ドライバーが悪いのではなくて、自分の打ち方が悪いだけなのかもしれません。ですが、ドライバーの構造は常に進化しており、スイートエリアが広がっていますし、フェース面の反発力も高くなってきています。また、重心位置も最適化されており、適度にバックスピン量が発生するような、重心深度となっていたりもします。

クラブ競技では、バックティーからのラウンドとなりますから、飛ばないよりは、飛んだ方が有利ですし、飛ぶドライバーで飛距離をかせいでおいた方が、スコアメイクしやすくなることもあります。ゴルフ技術があったとしても、自分のスイングに合わないような、ドライバーを使っていては、飛ばせません。ゴルフ上級者は、自分のスイングに合った、飛ぶドライバーを見つけるのも上手です。自分のスイングに合わせて、カスタムしていくと、地クラブに行きつくこともあります。

飛ぶドライバーに関する記事が幾つかありますので、ドライバー探しのヒントにしてみてください。


  • HAYABUSA
    BEYOND

  • YAMAHA
    RMX218

  • DUNLOP
    XXIO X

  • GBB EPIC
    STAR

  • GBB EPIC
    FORGED

  • Taylormade
    M2 2017

  • Taylormade
    M2 D-TYPE

  • Taylormade
    M2 2016

  • PRGR
    RS 2017

  • Bridgestone
    JGR 2015

  • Yonex
    i-EZONE 2013

  • YAMAHA
    impres X D202

  • CRAZY
    FX BM435
 

飛ぶスプーン(3番ウッド)、ミニドライバーなど

ドライバーが打てなかったり、ドライバーが苦手なとき、ラウンド中にドライバーが暴れ出したときなんかに、スプーン(3番ウッド)を使ってみると、何気にドライバーよりも飛ぶと感じる事があります。スプーンを有効的に使うことで、楽しいラウンドができます。最近のスプーン(3番ウッド)は、ドライバーと同じくらい弾きが強いモデルも増えてきました。USモデルでは、ロフト角13.5度というモデルもあり、飛び性能は高くなってきています。また、シャフトが短めで、ヘッドが小さい、ミニドライバーという2番ウッドに近いクラブも人気があります。


  • Taylormade
    M2 FW

  • Callaway
    GBB EPIC FW

  • Callaway
    Steelhead XR

  • Taylormade
    RBZ FW

  • Taylormade
    RBZ STAGE2

  • Callaway
    DIABLO Octaine

  • PRGR
    egg MFD 3w

  • Callaway
    Beartha Mini
 

アイアン、ユーティリティ

アイアンは、使用頻度が多く、芝生の上から打つことが殆どです。芝生の上から打つアイアンは、なかなか難しいものです。ダフることも多いですし、トップしてしまうこともあります。傾斜からのショットが求められることもあります。適切なスイング軌道がイメージできれば、クリーンに打てるようになりますし、ターフが取れる打ち方もできます。ターフは取るのではなくて、結果として取れるんです。


  • Taylormade
    RSi TP

  • Callaway
    EPIC IRON

  • Taylormade
    PSi

  • Taylormade
    TOUR UDI

  • Taylormade
    RSi TP UDI

  • TITLEIST
    716 T-MB

  • Bridgestone
    Tour-B X-HI

  • YONEX
    ZERO IRON

  • DUNLOP
    SRIXON Z U65

  • PING
    G30 Hybrid

  • TITLEIST
    816H1 UT

  • COBRA
    FLY-Z UT

  • YAMAHA
    impres XD UT

  • SRIXON
    Z H45 Hybrid
 

基本に立ち返って、スイングチェック

飛ばしたいからこそ、打ち続けていると、打てなくなることがあります。それは、基本を見失ってしまうからです。飛ばせない、曲がる、打てなくなったという場合は、基本に立ち返ってみると、原因が見えてきますし、けっこう簡単なことが問題で打てなくなってることが多いです。ヘッドスピードを速くしようと思いながら、腕だけを速く振っていることもあります。意外なところで小さな勘違いをしていることもあります。小さな勘違いが、後から大きなミスへとつながることもあります。凡事徹底、何でもない当たり前のことを徹底するには、打ち方の基本、ゴルフスイングの基本に立ち返って、チェックすれば、きっとナイスショットできるようになります。

 

ミート率を上げて、効率よく飛ばす方法

飛ばそうと思わなくても、速く振ろうとしなくても、効率よく飛ばす方法があります。そして、ミート率を上げて、打つことができれば、ヘッドスピードが遅くても、飛ばせるようになります。フェースの真ん中で、芯で打てると、ミート率1.4以上、ミート率1.50をマークすることもできるようになります。直ぐには、ミート率を上げることは、難しいかもしれませんが、継続して練習をすれば、誰でもミート率を上げられます。打ち方の悪い私でもミート率1.50出せるようになりましたから。ヘッドスピード40m/sくらいで当たりが悪いと、190ヤードくらいしか飛びません。だけど、ヘッドスピード40m/sちょっとで、ミート率1.48とかで打てれば、240ヤードは飛ばせます! 飛距離アップは、パワーだけじゃないです! 丁寧なインパクトで必ず飛ばせます。

ヘッドスピードが速いだけでは、飛距離アップができません。効率よく飛ばすには、ミート率を上げることです。フルスイングするよりも、優しく打った方が、ミートして飛ぶこともあります。簡単なようで、なかなか難しいものです。最近の新しいモデルのドライバーは、フェースの反発が高くなっており、ボールスピードが速くなるモデルもありますので、そういったドライバーを使うのも良いかもしれません。フェースの真ん中、スイートエリアで打つための練習を続けていると、少しずつミート率が上がってきます。

 

当たらない、飛ばない

当たらない、飛ばないと思ったら、冷静にチェックしてみると、原因が見えてきます。ドライバーは打てるけど、アイアンが打てなくなるということもあります。また、その逆もあります。急に打てなくなることは、現実的にはあり得ません。きっと、小さな勘違いがあり、ほんの少しだけ、打ち方がおかしくなっているだけです。殆どは、ボールの置く位置とスイングの最下点が間違っているか、飛ばそうと思って、腕だけで振っている感じです。

 
 

変なスイングでも関係ない

ゴルフをしていると、不思議なスイングをする同伴者と同じ組になることがあります。頭は動いてるし、身体全体を揺さぶってる感じの打ち方だけど、飛ぶ! 変なスイングだと思っていても、実はゴルフクラブで的確にボールにヒットさせて、打てるコツを身に付けているのだと思います。人それぞれ、筋力、骨格、身長、体重が異なりますから、打ち方が異なるのも当たり前で、ゴルフ技術書に書かれているようなことができないことも当たり前だと思います。基本は大切ですが、有名プロゴルファーは、大体がクセのあるスイングをしてます。ファウラー、スピース、ステンソン達も独特のスイングです。自分が本当に打ちやすいスイング、飛ばせるスイングを身に付けるのは大切です。ちなみに、私はループスイングで、器用な打ち方だなと言われますが、他の人には迷惑を掛けてないので、関係ないですね。

 

他の人に聞くことでもないようなコトだけど・・・

ゴルフをしていると、色々な疑問が芽生えてきます。だけど、誰かに聞くことでもない細かな疑問だったりします。チッパーは使ってはダメなのか? ティーショットは絶対にドライバーで打つの? マウスピースってダメなの? 他の人に聞くことでもないけど、ちょっと気になること。そんな、ゴルフ特有の疑問などを解消できればと思います。

 

打てない時にチェックすること

ゴルフをしていると、急に打てなくなることがあります。急に打てなくなるなんてことは、あり得ないことなので、自分の打ち方が知らず内に変わってしまっているということです。ゴルフスイング、打ち方というのは、他人の打ち方はよく判るのですが、自分のことは判りません。ゴルフってそんなスポーツです。打てなくなったときは、基本に戻って、チェックしていくと打てるようになります。

 

ゴルフトレーニング

効率よくトレーニングをすることで、飛距離アップすることができます。強い体幹、粘れる脚力で、飛距離アップを目指せます。私もトレーニングをしていますが、もっとも効果的なことは、継続することです。ウォーキングでも、水泳でも何でも良いのですが、継続することで、ゴルフスイングをパワーアップしてくれる、基礎体力が養われます。

 

ドライバーのスライス、真っ直ぐ飛ばない

私は、もともとフック持ちでした。そして、フェード(スライス)の打ち方を覚えたものの、フェードを打っていると勘違いしている、スライスボールでした。最近は、ミート率を上げるために捉まるように打つようにしています。時折、強烈なチーピンが出ることがあり、トラウマとなりつつあります。左への強弾道は、致命的です。

フック系、スライス系、どちらが良いのか? それは、自分のゴルフスタイルによって違ってくるかと思います。飛距離を出したいのであれば、フック系のドローボールが良いです。安心安全に打つのであれば、やっぱり少しスライスしてくるボールが精神衛生面的には良いような気がします。

 

ゴルフコースと自分のゴルフ

ゴルフコースの設計的な意図などを知っておくと、自分のゴルフが変わります。どこに狙って打てばよいのか、ボールを運んではいけない場所なども直感で判るようになります。例えば、日本国内のゴルフ場のフェアウェイの平均的な幅が判っていれば、ボールの曲げ具合を抑える練習ができます。広いけど、浅いコースもあります。PAR3のホールで、170ヤードとなっているけど、近く感じたりすることもあります。そういった、錯覚を起こさせるようになっています。また、ティーグランドの向きも斜めになっていたり、傾斜していることもあります。ボールを打つ技術だけではなく、ゴルフコースのことを知れば、大きなミスを減らすことができます。

 

プロゴルファーのヘッドスピード、ミート率

有名プロゴルファーのヘッドスピード、ミート率、平均飛距離を調べましたので、参考にしてください。ジョーダン・スピース、ブルックス・ケプカ、ローリー・マキロイ、松山英樹、石川遼などなどのヘッドスピード、平均飛距離をまとめてあります。US PGAツアーのSTATSからマイル表記からメートル毎秒に変換して計算しています。

 

サラリーマンがゴルフ会員権を買うということ

サラリーマンゴルファーだからこそ、ゴルフ会員権を買った方が良いと考えています。ホームコースがあれば、メンバーフィーでラウンドができますし、月例などの競技にも参加できます。ドライビングレンジ、練習グリーン、バンカー練習などの設備があれば、それらを利用して練習をすることができます。もっとも楽しいのは、自分と同じくらいのゴルフ技術の人達と仲良くなれて、ゴルフ仲間が増えることです。年齢は離れているものの、ゴルフという共通の趣味から意気投合できます。世の中には、凄い人が居るんだなと驚くこともあります。

 

高反発ドライバー ハヤブサビヨンド

  • 非力なゴルファー向けの高反発ゴルフドライバーです。シャフト長目、フェース面の反発は 0.83超えの高反発なっています。長目のシャフトでヘッドスピードを速くなり、ボール初速アップが狙えます。併せて、高反発なフェースでボールを強く弾き飛ばすことができるドライバーです。
    飛ぶドライバー
 

ストレッチハーツ

  • ストレッチハーツは、ゴルフスイングの要となる肩甲骨と股関節を解して、可動域を広げてくれる、健康器具です。健康器具で、久しぶりに良いなと思ったアイテムです。
    ストレッチハーツの詳細紹介
 

テーラーメイド公式ネットショップ

  • テーラーメイド ゴルフ 直営オンラインショップ
  • テーラーメイド公式ネットショップでは、新規会員登録をすると今すぐ使える 15%OFFクーポンが貰えます。2017年モデルを格安でゲットできます。フェアウェイウッド、アイアン、キャディバッグなどもあります。テーラーメイド日本の正規品、新品です。送料無料。
    テーラーメイド ゴルフ
 

GOLFTEC by GDO[ゴルフテック]上手くなるゴルフレッスン

  • 確実に上達したい人のためのゴルフスクール ゴルフテック。徹底したマンツーマンレッスンとスイング分析が人気です。ゴルフテックの特徴としては、一瞬の動作であるゴルフスイングを見える化できるという点です。そして、スイングのどこが悪いのかを抽出してピンポイントで修正することができるので、短期間で上達をすることが出来ます。ゴルフの近代化が進んでいることを感じます。
    ゴルフテックの詳細紹介
 

ゴルフクラブ買取

  • ゴルフクラブを買い替えたときに、手持ちのゴルフクラブが余ったら、買取にだしましょう。というよりも、買取に出す人が多いと思います。色々とゴルフクラブ買取を試しましたが、ゴルフエースがもっとも良い価格で買い取ってくれます。新しいゴルフクラブを購入するときの足しになりますので、オススメです。
 

カテゴリーリスト