ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アイアンが打てないのは右膝が送れてないから

 

アイアンが打てない理由

飛び系アイアンだ、フォージドアイアンだ、カーボンシャフトだとか、スチールシャフトだと言いながらアイアンを買い替えながら、ここまできました。うまくアイアンが打てない理由が明確となりました。

その理由は、右膝が送れてないだけ(体重移動できてない)です。

どのように打ち方が悪いのか?

右膝が送れてないだけです。
別の言い方をすれば、脚が使えてないだけです。

右膝が送れてない(脚が使てない)という意味は、股関節の回旋が使えてないということになるのですが、内股にさせる動作、内転筋を動かせてないということです。股関節が硬いということになりますね。

右膝を送るというのは、体重移動の源であり、股関節にのって、そのパワーを送る ためには必須の動作となります。これが、できてないと殆どは腕の力だけでゴルフクラブを振ってる状態となり、ダフったり、トップしたりと、様々なエラーに繋がります。

 

身体が柔らかい女性ゴルファーは出来てる

最近、女性ゴルファーとラウンドすることが増えてきましたが、彼女たちは捻転が深く入るし、アプローチとかもけっこう上手いです。アプローチが上手いというか、股関節が柔らかくて、内転筋を使って、内股にさせて、右膝を左足側に簡単に寄せられるんです。

つまるところ、右膝を送ることで、脚が使えるので、スムーズに体重移動ができてるということです。

スポンサーリンク

内転筋を使う

パワーがあるとかじゃなくて、完全に股関節の柔らかさ、内転筋を使えてれば、スイングは良くなります。自然と下半身(脚)が使えるので、クラブは低く、長く、飛球線方向に移動させることができるので、所謂シャローになります。

シャローで打つというのは、クラブを寝かせるという意味に捉えられてることが多いのですが、実は下半身からダウンスイングを開始すれば、腕とクラブが巻き付くし、ゴルフクラブは低いところから、長く移動させることができるので、シャローとなります。

アイアン以外のクラブも右膝を送れば打てる

右膝が送ることができれば、ドライバーも、アイアンも、フェアエイウッドも、アプローチも打てます。
というか適切な軌道で打てます。

 

右膝が送れない打ち方

アドレスでは、お尻を突き出して、前傾姿勢を作っていても、インパクトにかけては右膝が前に出てしまいます。なので、お尻が前に出る状態となりますから、フェースは開いて入ってきて、スライスするという感じの打ち方になってしまいます。

股関節にのっても、エネルギーを逃がしてることになるので、弱々しいスイングになってしまいますし、インパクトも弱く、飛距離が落ちます。併せて、手元だけが先行してしまう、手打ちとなってしまい、様々なエラーの原因となります。

カーボンシャフトのアイアンの場合、シャフトが撓りやすいので、余計にスライスしてしまいます。

 

アプローチと右膝を送る動作

スポンサーリンク

右膝が送れているかどうかは、アプローチでは顕著に表れます。右膝が送れてなければ、ウェッジのリーディングエッヂが刺さってしまったり、ダフったり、トップしたりという様々なエラーが出てしまいます。

理由は、とても簡単です。右膝が送れてないからです。右膝を送ることで、右側の股関節に乗せた体重を内転筋で飛球線に向けて移動させることができるので、ウェッジが低く、長く、飛球線に向けて移動させることがでるので、スムーズに打てます。また、バウンスを滑らせて、しっかりとゴルフボールにコンタクトさせることができます。

 

アイアンは打ち込む

アイアンは上から打ち込むという教えがありました。それを鵜呑みにしてしまうと、ボールを直接打ちにいってしまったり、手元が先行してしまって強烈なハンドファーストになってしまったり、様々なミスショットの要因となります。

アイアンは打ち込む、上から打つという昔ながらの言葉がスイング自体をエラーに導いてるように感じます。

最近は、アイアンも上から打ち込むというよりは、シャローに打つということが推奨されつつあります。払い打ちとは、また別となりますが、アイアンヘッドが低く、長く、移動させるように打ちます。これを実現させるには、右膝を送って、内転筋を使って、体重移動することが必要となります。

アイアンでダフったり、トップが多い場合、右膝の送りが出来てるのかをチェックしてみると良いです。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン