飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

飛ぶアイアンより、止まるアイアンが良い

更新:

昨今、飛び系のアイアンが人気です。私も飛び系のアイアンを使っていますが、先日のラウンドでお試しで、タイトリストの716MBを使わせて貰いました。レンジでは、全然打てなかったのですが、実際のラウンドでは、なかなか良い感触でした。難しいけど、グリーンでボールを止めやすくて、気に入ってしまいました。マッスルバックだからというよりは、鍛造と鋳造の違いを改めて再認識しました。

 

フォージド(鍛造)

 
タイトリストの716MBを使わせてもらいました。タイトリストの716MBは、ご存知の通り軟鉄鍛造です。全てのフォージドアイアンが軟鉄であるとは言い切れませんが。とにかくフォージドのアイアンは打感が心地よいですね。そして、最近のフォージドアイアンは打ちやすくなってますし、ボールも上がりやすくなってます。それだけではなく、ミスヒットにも強くなっています。

マッスルバックは、難しいと言われてますが、けっこう打てたりもします。ただ、ミスショットを補ってくれるような、お助け要素がありませんので、ミスヒットしならば、ミスヒットが顕著に表れます。そこが難しいと言われる由縁でもあると思います。

スポンサーリンク  

ただ、最近のマッスルバックは昔のマッスルバックのアイアンと比べて、とても進化しており、スイートエリアも広くなってますし、とても打ちやすくなっているのは、事実です。フォージドのアイアンは、フェースにボールが乗っているという感触が伝わってきます。とても心地よいです。

別にマッスルバクじゃなくても、鍛造(フォージド)なアイアンでもキャビティに近い構造となったアイアンもありますから、そちらの方がもっと優しく打てるでしょうね。私も打ち方で、マッスルバックは背伸びしている感じがします。使いこなすのに時間を要しますね。

 

 

飛び系のアイアン(鋳造)

飛び系に多いのは、鋳造ですね。飛び系のアイアン全てが鋳造だとは言い切れませんが。飛び系のアイアンの特長として、フェースの弾きが強くて、弱いチカラでも、ボールを弾き飛ばしてくれるところだと思います。そして、ストロングロフトとなっており、8番アイアンでも、従来の7番アイアンと6番アイアンの中間的なロフト角となっていることもあり、それだけで飛ばせます。飛距離不足の自分のゴルフを手助けしてくれているものの、グリーンでの止まり難さは、悩ましいところです。

 

 

スポンサーリンク  

ボールの止まり具合の違い

フォージドのアイアンと飛び系のアイアンでは、グリーンでのボールの止まり具合が全く違います。フォージドアイアンの方が、ボールを止めやすいです。最近のフォージドアイアンは、とてもよく考えて作られており、打ち方が悪くても、まずまずのバックスピン量が発生しやすくなっています。ですから、グリーンでボールを止めやすいです。

飛び系のアイアンは、スピンを発生させるというよりは、弾き飛ばしている感じが強いので、グリーンを捉えても、なかなかグリーンで止まってくれないことが多いです。

 

 

フォージドのアイアン(鍛造)ボールの止まり具合

ボールが1度弾んで、ほんの少しランが出る感じです。しっかりと打てない私でも、きちんとグリーン上にボールを置いておくことができます。お上手な人は、もっとバックスピンを掛けて、ピタリと止めることができると思いますし、バックスピンでボールを戻してくることもできます。

 

 

飛び系のアイアン(鋳造)ボールの止まり具合

グリーンでボールが弾んでから、けっこうランが出ます。時には、グリーンをこぼれてしてまっていることもあります。飛ぶんですけどね、グリーンに置けないというのは、難しい3打目のアプローチが必要になることがありますから。

 

 

飛距離の差

フォージドのアイアンと飛び系のアイアンの飛距離差を考えると、当たり前のことながら、飛び系のアイアンの方が飛びます。飛ぶどころから、飛び系のアイアン8番とフォージドのアイアン7番の飛距離が同じくらいだったりすることもあります。ですから、フォージドのアイアンは飛ばないな・・・と思ってしまうのですが、実は飛ばないのではなくて、飛び系のアイアンが飛び過ぎていると言えると思います。

PAR3のホールで、ピンまで150ヤードだったら、今までの飛び系のアイアンの場合は、8番アイアンか7番アイアンで届くイメージです。フォージドのアイアンの場合は、6番アイアンでピッタリな感じでした。私の打ち方にも問題があるのかもしれませんが、飛び系のアイアンとフォージドのアイアンでは、1番手少しの差があるように感じました。

 

 

ボールをグリーンに止められたらスコアは良くなるのか?

グリーンにボールを止められたらスコアは良くなるのか? 私はスコアが良くなると思ってます。

グリーンにボールを止められるかどうかというのは、とても大きいです。グリーンをこぼしていたら、難しいアプローチが待っていることもあります。カップまで、少し距離があっても、グリーンに乗っていてくれた方が良いです。グリーンに止められるかどうかによって、ほんの少しですがスコアが変わってくるはずです。

グリーンに止められる=アプローチをしなくても良い
グリーンに止められない=アプローチをする可能性がある

アプローチを必要とするのかどうかというのが、大きな差になってきます。グリーンをこぼした時には、けっこう難しいアプローチが残ることが多いんですよね。グリーンカラーの境目のラフからの寄せとか。この違いは大きいです。

ただ、グリーンにボールが止められれば、パーが獲れるとか、そういった甘いものではないんですけどね。

 

日々、精進
がんばります

その他、よく読まれている記事

プロギア RS E ドライバー 試打・評価 プロギア 2019年最新モデル RS E ドライバーを打ちましたので、詳細を紹介します。 プロギア RS E ...
中部銀次郎のスイング 全体的に脱力をしているにも関わらず、下半身にはしっかりとチカラがはいっています。とくに太腿あたりの盛り上がりは、相当な脚...
ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン