飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

飛ぶアイアンより、止まるアイアンが良い

更新:

昨今、飛び系のアイアンが人気です。私も飛び系のアイアンを使っていますが、先日のラウンドでお試しで、タイトリストの716MBを使わせて貰いました。レンジでは、全然打てなかったのですが、実際のラウンドでは、なかなか良い感触でした。難しいけど、グリーンでボールを止めやすくて、気に入ってしまいました。マッスルバックだからというよりは、鍛造と鋳造の違いを改めて再認識しました。

 

フォージド(鍛造)

 
タイトリストの716MBを使わせてもらいました。タイトリストの716MBは、ご存知の通り軟鉄鍛造です。全てのフォージドアイアンが軟鉄であるとは言い切れませんが。とにかくフォージドのアイアンは打感が心地よいですね。そして、最近のフォージドアイアンは打ちやすくなってますし、ボールも上がりやすくなってます。それだけではなく、ミスヒットにも強くなっています。

マッスルバックは、難しいと言われてますが、けっこう打てたりもします。ただ、ミスショットを補ってくれるような、お助け要素がありませんので、ミスヒットしならば、ミスヒットが顕著に表れます。そこが難しいと言われる由縁でもあると思います。

スポンサーリンク  

ただ、最近のマッスルバックは昔のマッスルバックのアイアンと比べて、とても進化しており、スイートエリアも広くなってますし、とても打ちやすくなっているのは、事実です。フォージドのアイアンは、フェースにボールが乗っているという感触が伝わってきます。とても心地よいです。

別にマッスルバクじゃなくても、鍛造(フォージド)なアイアンでもキャビティに近い構造となったアイアンもありますから、そちらの方がもっと優しく打てるでしょうね。私も打ち方で、マッスルバックは背伸びしている感じがします。使いこなすのに時間を要しますね。

 

 

飛び系のアイアン(鋳造)

飛び系に多いのは、鋳造ですね。飛び系のアイアン全てが鋳造だとは言い切れませんが。飛び系のアイアンの特長として、フェースの弾きが強くて、弱いチカラでも、ボールを弾き飛ばしてくれるところだと思います。そして、ストロングロフトとなっており、8番アイアンでも、従来の7番アイアンと6番アイアンの中間的なロフト角となっていることもあり、それだけで飛ばせます。飛距離不足の自分のゴルフを手助けしてくれているものの、グリーンでの止まり難さは、悩ましいところです。

 

 

スポンサーリンク  

ボールの止まり具合の違い

フォージドのアイアンと飛び系のアイアンでは、グリーンでのボールの止まり具合が全く違います。フォージドアイアンの方が、ボールを止めやすいです。最近のフォージドアイアンは、とてもよく考えて作られており、打ち方が悪くても、まずまずのバックスピン量が発生しやすくなっています。ですから、グリーンでボールを止めやすいです。

飛び系のアイアンは、スピンを発生させるというよりは、弾き飛ばしている感じが強いので、グリーンを捉えても、なかなかグリーンで止まってくれないことが多いです。

 

 

フォージドのアイアン(鍛造)ボールの止まり具合

ボールが1度弾んで、ほんの少しランが出る感じです。しっかりと打てない私でも、きちんとグリーン上にボールを置いておくことができます。お上手な人は、もっとバックスピンを掛けて、ピタリと止めることができると思いますし、バックスピンでボールを戻してくることもできます。

 

 

飛び系のアイアン(鋳造)ボールの止まり具合

グリーンでボールが弾んでから、けっこうランが出ます。時には、グリーンをこぼれてしてまっていることもあります。飛ぶんですけどね、グリーンに置けないというのは、難しい3打目のアプローチが必要になることがありますから。

 

 

飛距離の差

フォージドのアイアンと飛び系のアイアンの飛距離差を考えると、当たり前のことながら、飛び系のアイアンの方が飛びます。飛ぶどころから、飛び系のアイアン8番とフォージドのアイアン7番の飛距離が同じくらいだったりすることもあります。ですから、フォージドのアイアンは飛ばないな・・・と思ってしまうのですが、実は飛ばないのではなくて、飛び系のアイアンが飛び過ぎていると言えると思います。

PAR3のホールで、ピンまで150ヤードだったら、今までの飛び系のアイアンの場合は、8番アイアンか7番アイアンで届くイメージです。フォージドのアイアンの場合は、6番アイアンでピッタリな感じでした。私の打ち方にも問題があるのかもしれませんが、飛び系のアイアンとフォージドのアイアンでは、1番手少しの差があるように感じました。

 

 

ボールをグリーンに止められたらスコアは良くなるのか?

グリーンにボールを止められたらスコアは良くなるのか? 私はスコアが良くなると思ってます。

グリーンにボールを止められるかどうかというのは、とても大きいです。グリーンをこぼしていたら、難しいアプローチが待っていることもあります。カップまで、少し距離があっても、グリーンに乗っていてくれた方が良いです。グリーンに止められるかどうかによって、ほんの少しですがスコアが変わってくるはずです。

グリーンに止められる=アプローチをしなくても良い
グリーンに止められない=アプローチをする可能性がある

アプローチを必要とするのかどうかというのが、大きな差になってきます。グリーンをこぼした時には、けっこう難しいアプローチが残ることが多いんですよね。グリーンカラーの境目のラフからの寄せとか。この違いは大きいです。

ただ、グリーンにボールが止められれば、パーが獲れるとか、そういった甘いものではないんですけどね。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン