ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

Mizuno Pro 920 アイアン 試打(フィッティング)

ミズノ MP920アイアンを試打したので、紹介します。
試打というか、フィッティングですね。

 

Mizuno Pro 920 アイアン

Mizuno Pro 920 アイアン 打ちました。というか、フィッティングをしてもらいました。

スポンサーリンク

2019年9月20日に発売されたアイアンです。だから、920アイアンなのかもしれません。軟鉄鍛造(フォージド)のアイアンなのですが、ミズノっぽくない優しく打てるアイアンとなってます。軟鉄鍛造(フォージド)のアイアンというと、どうしても難しいイメージがありますし、ボールがつかまらないイメージがあったりもしますが、MP920アイアンは、かなり優しく打てます。

ソールに関しては、シャープな感じなのですが、かなり滑りやすくて、抜けが良い印象がありました。

 

ダブルポケットキャビティ構造

最大の特徴は、ダブルポケットキャビティ構造です。バックフェースが深くなっており、従来よりも倍くらいのポケットとなってます。実際にヘッドを見ると、かなりポケットが深くなってます。これにより重心深度を深くし、反発性能が向上してます。

低重心なヘッドなので、ゴルフボールに対して下方向からコンタクトするので、優しく高弾道が打てるアイアンです。打ち込まなくても自然とボールが上がってくれるので、無駄な力を必要としません。

スポンサーリンク

 

スイートエリアが広い

ミズノのフォージドアイアンの中でもスイートエリアが広くなっており、打点ズレが起きても著しく飛距離が落ちることがありません。

 

はじめてフォージドアイアン使う人に向いてる

フォージド(鍛造)アイアンは、難しいというイメージがあるかと思います。きちんと打てないとボールが飛ばない、ボールが上がり難いというイメージがあります。MP920アイアンは、とても優しく打てますので、はじめてフォージドアイアンを使うという人に向いてます。このような優しく打てるフォージドアイアンを使うことで、自分のゴルフステージを高めていくことができます。

ゴルフボールに適度にスピンを発生させてグリーンに止められるショットが打てるようになります。

また、打感がとてもマイルドで、とても心地よいです。

 

各番手のロフト角

番手 4番 5番 6番 7番 8番 9番 PW
ロフト角 20度 23度 26度 30度 34度 39度 44度

 

装着可能シャフト

装着可能シャフトというより、フィッティングして選べるシャフトです。
その他のシャフトもあるようです。

  • N.S.PRO Zeros 7
  • N.S.PRO 950GH neo
  • Dynamic Gold
  • N.S.PRO MODUS3 TOUR105

その他、カーボンシャフトもあります。

 

基本フィッティングする

ミズノのアイアンは、基本的にはフィッティングすることとなってます。そういった決まりがわるあけではありませんが、フィッティングして、スイングパワーに合ったシャフト選択、ライ角などを決定していきます。

私の場合、シャフトは N.S.PRO 950GH neo が良いという結果となりました。自分では、N.S.PRO 950GH neo というシャフトがハードスペック(重い)かと思っていたのですが、フィッティングではマッチしてました。このように自分が考えてることとは全く異なる結果が得られることが多いです。

ミズノゴルフのフィッティング

ミズノゴルフのフィッティングは、M-Tracerを使用します。シャフトにM-Tracerを装着して、ヘッドスピード、スイングのリズム、タイミングなどを知ることができます。3球打って、シャフトオプティマイザーでマッチしたシャフトを決定します。

ミズノゴルフのフィッティング 流れ

 

Mizuno Pro 920 アイアン 中古

中古市場を探せば良質なアイアンがあります。
ただし、ライ角が合うかどうかは判りません。

セット内容、装着シャフトを確認すれば、自分に合ったMP920アイアンが見つかるかもしれません。

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン