ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
PUMA(プーマ)2020年新作
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングにおける股関節の使い方のコツ

ゴルフスイングでは、股関節の回旋があるからこそ、骨盤を動かすことができます。ゴルフスイングの股関節の使い方と役割を紹介します。

 

股関節とゴルフスイング

股関節は、ゴルフスイングの動作において重要な役割を果たしてます。海外のゴルフスイング理論では腰を回転するという概念はありません。お尻を回転する、ヒップターンという概念です。お尻を回転するには股関節を回旋することから、股関節を重要視してます。

特に最近では、腰を回転しないスイングが主流となりつつあります。腰を切るスイングとか、床反力、地面反力などを活かしたスイングが主流となってます。この様な腰を回転しないスイングの場合、股関節の回旋を活かして、骨盤を縦に動かしてます。回転するのではなく、骨盤の縦の運動により、ゴルフスイングが成り立ってます。

骨盤の縦の運動により、腰(お尻)が回転してるように見えるということです。
実際には、股関節の回旋となります。

最近、PGAツアー選手のなかでも飛ばせる選手は、インパクト瞬間にジャンプしてるように打つ選手が増えてきてます。床反力・地面反力と呼ばれることもあります。このジャンプするという動作こそ、股関節を使ってる動作であり、骨盤を縦に動かしてます。

ゴルフスイングで腰を切るという動作も、骨盤を縦に動かしてます。

腰を回転しない、股関節の回旋を使うスイング

ゴルフスイングと股関節の関係

一般的に腰と呼ばれている部位は、股関節の間にあります。骨盤を動かすには、股関節を回旋させるからこそ実現できる動きです。テイクバック、バックスイングでは右側の股関節に、ダウンスイングからは左側の股関節を使います。

歩いたり、座ったり、立ったりという動作も股関節があるから

歩いたり、座ったり、立ったりという動作も股関節がスムーズに動くからこそ、できる動作です。股関節がスムーズに動かなければ、腰もスムーズに動かせません。腰というのは骨盤のことになるのですが、骨盤は股関節に支えられるような状態にあります。ですから、股関節がスムーズに動いてこそ、腰(骨盤)を動かすことができるようになります。

スポンサーリンク

股関節の回旋は、人間の身体の重心を移動させる役割もあります。詳しくは、身体の重心と体重移動 という記事で書いてます。併せて読んでみて下さい。

ヒップターン、ヒップローテーション

股関節を英語にすると、HipJoint(ヒップ・ジョイント)と言います。ゴルフスイングで、HipTurn(ヒップターン)とか、HipRotation(ヒップローテーション)という言葉を聞いたことがあるかと思います。まさしく、股関節を回旋させるという意味です。ヒップというのは、日本では、お尻という意味もあります。このような言葉の微妙な意味の違いによって、ゴルフスイングの動作に誤解が生まれてしまいます。この辺りを注意すると、意味が判りやすくなります。

深い捻転をつくれる

股関節を柔らかくすることで、腰(骨盤)を大きく回旋することができるようになりますので、深い捻転をつくることができます。これは、上半身と下半身の捻転差を大きくすることにもつながります。ゴルフスイングに必要なのは、柔軟性です。捻転差を大きくつくることで、力強いゴルフスイングになります。左肩がアゴの下に入って、深い捻転ができると、背中が飛球線方向を向くほどに捻転することができるようになります。深い捻転ができれば、身体の捻じれ戻りを活かして、強いインパクトで飛ばすことができます。

スポンサーリンク

手打ちを防ぐことができる

股関節を柔らかくして、骨盤を動かしやすくすることで、どのような状況でもスムーズに下半身主導のゴルフスイングができます。傾斜のライなどは、立ち難いですし、不安もありますから、どうしてもゴルフクラブを手のチカラだけで持ち上げて、手だけで打とうとしてしまいます。股関節の柔軟性を高めることで、傾斜のライからでもスムーズなテークバック、捻転ができるようになります。

 

 

股関節と骨盤のこと

股関節はどのようになっているのかを知るということは大切ですね。股関節というと内股かなくらいにしかイメージがありませんが、股関節の部位をよく知っておくと色々なことが判ってきます。ちなみに、骨盤という骨はありません。左右の腰周りの骨を含めて、いくつかの骨が組み合わせって出来ています。

股関節は、骨盤と呼ばれるいくつかの骨で組み合わさった部位を支えるかのようにつながっています。言い方を変えると股関節の間に骨盤が置かれているという状態となっています。ですから、ゴルフスイングで腰を回転させるというのは、股関節の回旋が必要ということです。海外では腰を回転させるとは言いません。ヒップターンと言います。

 

 

股関節でスイングするコツ

ゴルフスイングをするときに右の股関節に乗るという言葉を聞いたことがあります。捻転をして、右側に体重が乗せられると、自然と右側の股関節に圧を感じます。腰(骨盤)を回転させるというよりは、股関節を動かす、股関節を回旋させるという動作になります。単純に股関節に体重を乗せるイメージを持っている人も居ますし、股関節に乗るということを体感してみないと、なかなか本当の感覚はつかめないかもしれないです。

右側に重心を置いて、身体が右側に流れてしまうのを踏ん張ると自然と股関節に圧を感じます。骨盤は左右の股関節の間にあるような感じとなりますので、股関節の間で腰(骨盤)が動くイメージになります。

実は、最近では腰を回転しないスイングが主流となってきており、股関節の回旋を利用することで、骨盤を縦に動かす、骨盤の縦の運動をスイングエネルギーに変換してます。

腰を回転しない、股関節の回旋を使うスイング

 

ゴルフスイングで股関節の使い方

ゴルフスイングで股関節を入れるという言葉を使うことがあります。テイクバックを開始して、身体を捻じっていくと、捻じれに耐えるために、脚で踏ん張ります。すると、自然と股関節に負荷が掛かります。股関節にのるという言葉で表現することもあります。

右側の股関節に圧を感じるほど捻ることが出来れば自然と捻転が出来ます。肩がアゴの下に入ることばかりを考えるのではなくて、身体全体の捻転、下半身と上半身の捻転差を感じられるようになると良いです。

ゴルフスイングでは頭は右足の位置に置くとか、頭は右足の上に乗せるとか、そういった言葉を聞いたことがあるかと思いますが、それは頭だけを右足の上辺りに移動させるのではなくて、股関節に乗るということができれば、自然と頭の位置は右足の上辺りに置かれるようになり、意識しなくてもビハインド・ザ・ボールになります。

というように、頭で理解して言葉にするのは簡単です。実践してみると、なかなか難しいです。難しいから練習をするわけなのですが・・・頭で理解しているのであればイメージがつきやすいですし、身体をどのように動かしたら良いのかも判るはずですから、出来るまで努力あるのみですね。

股関節の入れ替えをして腰を回旋する

ゴルフスイングで股関節をどのように使うのかを考えると、とても難しいです。考えるよりも、テークバックでスイング軸がズレないように右足で踏ん張ってみて下さい。踏ん張る右足の膝を正面を向けたまま、捻転に耐えられるようにすると、自然と股関節に負荷が掛かります。これが股関節に乗っているという状態です。あまり、やり過ぎると股関節が痛くなるので、注意して下さい。

テークバックでスウェーしないように、右の股関節に負荷が掛かります。体重が乗ります。そして、ダウンスイング開始には、左の股関節に乗りながら、切り返していきます。これを、股関節の入れ替えと呼ばれています。

ゴルフスイングの軸は2つある

テイクバックでは、右側の股関節にのり、ダウンスイングからフォロースルーにかけては、右側の股関節にのります。ですから、ゴルフスイングの軸は、2つあるという理論もあります。右に体重移動をして、左に体重移動をするという、平行移動をすることで、ゴルフスイングが成り立っていると言えます。

ゴルフスイングで股関節にのる、という動作自体が体重移動のことであり、2軸スイングを意味していることもあります。腰がスライドするように動く、バンプという動作を知ることで、股関節にのる感覚を養うことができます。

股関節に乗り過ぎると痛くなる
股関節を意識して、脚を踏ん張って、股関節に乗り過ぎると、股関節が痛くなってしまうので、注意してください。股関節が痛くなると、スイングができなくなります。

 

 

股関節を柔らかくする

股関節は、関節のひとつなので、実は鍛えることが出来ません。軟骨を強化するということは、ほぼ出来ないと言っても良いと思います。ただ、関節につながっている筋肉がいくつかありますので、その筋肉を使う頻度を高めていくことで、股関節の強化につながります。

股関節が柔らかければ座禅をするときの胡座を組むことも簡単です。股関節が硬かったり、痛かったりすると胡座を組むことすら億劫な状態となります。

つまり、座禅で胡座を組むということは、股関節を柔らかくするということにもつながります。もちろん、座禅だけではなくてしっかりとしたストレッチをすることが望ましいですが。

スイングがうまくいかない場合

スイングがおかしくなってきた、捻転が浅くなってきたような気がするという場合は、もしかしたら股関節の動きが悪くなってきている可能性があります。股関節がスムーズに動かないから、骨盤の動きも浅くなりますし、上半身と下半身の捻転差も生まれにくくなってきます。

股関節は加齢とともに動きが悪くなるようです。もう歳だから体力が無いから飛ばなくなった・・・というのは、もしかしたら股関節周りの筋肉が弱くなっていたり、硬くなっているという可能性があります。そして、股関節の動きが悪くなる原因としては下記の2つが挙げられます。

股関節の動きが悪くなる原因 2つ

  • 股関節周りの筋肉がかたくなる
  • 股関節を支える筋肉が衰えている

股関節が硬くなってしまうと

股関節が硬くなってしまうと、ゴルフスイングで必要となる捻転ができなくなるだけではなく、アドレス時の前傾もし難くなります。股関節から前傾することが難しくなるので、胸の辺りから前傾をすることとなり、思ったようにスイングすることができなくなります。

ゴルフスイングと股関節 まとめ

ゴルスイングは下半身を使う、腰を回転させるという言葉がありますが、本当は股関節の使い方と動かし方に大きなヒントがあるように感じます。腰を回転させるには股関節を動かさなければいけません。股関節に負荷を感じていないようであれば、適切なゴルフスイングが出来ないかもしれません。

過激に練習しすぎると股関節を痛めてしまうことがありますので注意が必要です。

 

関連記事

ゴルフテックでスイング診断

コロナウイルスの影響でゴルフ練習できなかった、まともに練習すらできなかったという人は、ゴルフテックでスイング診断をしながら適切なスイングで打てるようになって、スコアをまとめましょう!

ゴルフスイングを撮影してデータ化することで、修正点を見つけ出すので、短期間で上達します。

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン