飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

右膝を送り込むゴルフスイング

右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、随伴運動として右膝が送り込まれます。

 

右膝を送り込むゴルフスイングの勘違い

YouTube動画などでプロゴルファーのスイングを見ていると、右膝が送り込まている打ち方をしているのを見かけます。ゴルフスイングという幾つかの身体的動作が連動しているなかで、右膝が送り込まれるというパーツだけを取り出して、右膝を送りこむ打ち方をそのままコピーするとおかしな打ち方になります。これには、ちょっとした勘違いがあります。

右膝を送り込むゴルフスイングは、基本的に大きく体重移動をする、2軸スイングの随伴運動です。

スポンサーリンク  

先に右膝を送り込むと身体が開きやすい

右膝を飛球線に送り込む動作だけに意識を向けると、身体が開きやすくなってしまい、スライスが増えてしまいます。腰を回転させようとしていないので、打ち急ぎのようになってしまうことが多いです。これは、右膝を送り込む動作を勘違いしてしまっている状態であり、腰の回転が全く行われずに、右膝の動きで身体の捻じれ戻しを行おうとしています。

 

右膝を送り込むには体重移動をする

一般的に言われている体重移動をして、腰を回転するという動作をしたときの随伴運動として右膝が送り込まれます。右膝を送り込むというよりは、体重を移動して、腰が回転して、それに連動して右膝が送り込まれるという感じとなります。なので、右膝を送り込んで見えるのは、先に体重を移動して、腰を回転しているからであり、腰を回転させるにはバンプさているからです。右膝を動かすのではなく、体重移動と腰の回転の動作に連動して右膝が動くというイメージです。

スポンサーリンク
 

右脚で地面を蹴るという動作

体重移動して、切り替えしでは右脚で地面を蹴るように、体重を左側に戻しつつ、腰を回転するという動作の随伴して右膝が送り込まれます。ダウンスイングからインパクトにかけて右膝が入り、フォロースルーでは完全に右膝が送り込まれていきます。フォロースルーからフィニッシュにかけては、完全に腰が回転しきって、おヘソが飛球線を向く状態となります。

このとき、左の太ももと右の太ももが接するような感じとなります。これは、完全に2軸スイングの動きとなります。石川遼、池田勇太のゴルフスイングがこれに当て嵌まります。

スポンサーリンク  

左の壁を作る

右脚を蹴って、体重を移動しながら、腰を回転していき、右膝を送り込むときに気を付けることは左の壁を作るということです。左の脚で踏ん張って、左の壁を作り、流れないようにすることが大切です。左の壁が作れていないと、右脚で蹴ってつくりだした回転のエネルギー、スイングの捻転のエネルギーが逃げてしまいます。それだけではなく、スイング軸がズレやすくなります。

腰をアドレスと同じ位置に戻す

トップスイングをつくった時点で、アドレス時と比較をすると腰は大きく回転している状態となっています。そして、ダウンスイングからは腰をアドレスと同じ位置に戻す、フォロースルーからは更に飛球線に向けて回転していくというイメージを持つと、自然と右膝が送り込まれていきます。

 

右膝を送る打ち方は2軸スイング

厳密に言ってしまうと、2軸スイングとなります。バックスイングでは、右側の股関節に体重をシフトしていきます。それに連動して左脚(左膝)も右方向に流れる傾向があります。

つまり、腰の右側と腰の左側も大きく回転しているということになります。切り返しでは、右脚で蹴りながらバンプさせつつ、体重を左側に移動させながら、腰を回転させていくという完全な2軸スイングです。この場合、インパクトからフォロースルーにかけては、腰が回転し過ぎてしまうこともあり身体の開きを抑え難いこともあります。腰が完全に周りきってしまって飛球線を向いてしまう状態となることが多いです。

この場合、下半身は飛球線を向いているけど、上半身は閉じている状態となります。

飛球線とは逆方向に胸を向けて、身体を閉じようとしても、
左肩が開きやすくなることもあります。

2軸スイングのメリット

2軸スイングは大きく体重移動をするので、体力が無いゴルファー、ヘッドスピードが遅いゴルファーに向いています。大きく体重移動をするので飛距離アップしやすいという傾向もあります。

あまり考え過ぎると、打てなくなるので、要注意です。
中部銀次郎さんの、わかったと思うなの冒頭にもどれくらい膝が動くのかという話しが描かれていますが、その話と少しシンクロしてきます。普通にゴルフスイングしていれば、膝は動きますし、腰の回転に連動して膝も動きます。膝が動かない人は居ません。ただ、膝の動きが少ないけど、上半身と下半身の捻転差ができているというゴルファーも居ます。

日々、精進
がんばります

関連記事

関連記事

ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
手元が浮いてしまうゴルフスイング ゴルフラウンド中で最も危険な行為は手元が浮いてしまうスイングだと思います。人それぞれ考え方が異なるかもしれませんが、私の場合は手元が浮いてしまうことで、多くのミ...
右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ... ゴルフスイングを説明するときによく言われるのが、左肩を顎下に入れるです。左肩を顎下に入るほど深く捻転をするという意味なのですが、左肩ばかりに意識向いてしまって、...
池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング... 池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング 体重移動と2軸スイング 池田勇太のドライビングパフォーマンス アドレス・テイクバック ...
タイガー・ウッズ P7 TW アイアン | 2019年5月24日発売... タイガー・ウッズ レプリカモデル アイアン登場! 2019年 マスターズで優勝をして、完全復活を果たしたタイガー・ウッズのシグネチャーモデルともいえる、テーラー...
インサイドヒットで打つ | タンジェント・スイング... 現代のゴルフスイング理論は色々とあります。どれが良いのか悪いのかなんて、一概には言い切れません。ただ、ゴルフスイングというのは過去と現代を比較してみると、課題と...
アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説... 手打ちするとスイング軌道がアウトサイドイン軌道となり、スライスの原因となることが多いです。アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説していきます。スライスが多い人...
タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 タイガー・ウッズ 優勝時のセッティング テーラーメイド...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンで左1軸なスイングという点です。1プレーンなスイングが個性的過ぎて、そちらに意識が向...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン