飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングで右膝が動く | 右膝を動かさないコツ

2018/07/04 更新

 

右膝が動く

ここ最近のラウンドで気付いたのが、ボールが上がらない、ボールに勢いが無い。つまるところ、飛ばない。ボールが上がらないアインショットほど罪深いものはありませんね。グリーンに乗っても、ボールは止まりませんから、こぼれてしまうのが当たり前。しかも、最近はショートアインですらボールを止められないという状況でした。ボールが上がらない、勢いが無い、止まらない理由は、右膝がおもいっきり動いていたからでした。

 
テイクバックすると、右足の踏ん張りが弱いからなのか、右膝がズレてしまっていました。右膝が動くと、股関節にのれません。そして、せっかく捻転でつくりだした、エネルギーが逃げてしまい、スイングパワーに変換することができません。身体を捻転すると、とても苦しくて早く元に戻りたいという感じになりますが、右膝が動いてしまっていたので、捻転のパワーを逃がしてしまっていました。

すると、とても身体が楽なのです。ゴルフスイングとして、楽なのは、全くスイングエネルギーを蓄えられない、捻転の仕方をしているということになります。右膝を動かさないように踏ん張ると、股関節から太ももの内側にチカラが掛かって、踏ん張っている感があるのですが、右膝が動くとまったく踏ん張っている感じがしません。これは、いけませんね。

右膝が動くと

  • スイングエネルギーが逃げる
  • 全く踏ん張れない
  • 右脚を踏み込んでクラブを加速できない

右膝が動いて、踏ん張れてないからクラブも加速しない

右膝が動いているということは、全く踏ん張れてないということになります。ダウンスイングを開始して、すぐに右足の踵が上がってしまうというような状態となっていました。右足で蹴るという動作ができていませんでした。スイングパワーが、ゴルフクラブに伝達できないので、本能的にヘッドスピードが遅いと感じてしまいます。すると、腕(手)で振ろうとしてしまい、自分から当てにいこうとしてしまい、余計おかしなスイングとなってしまいます。完全に負の連鎖です。

ゴルフクラブを加速させるタイミング
ゴルフスイングでクラブを加速させるタイミング

 

右膝を動かさない

できるかぎり右膝を動かさないというのは、ゴルフスイングのなかでも基本的なことです。だけど、基本的なことができなくなっていたりもします。ラウンドが続くと、スイングが崩れていきます。右膝を動かさないようにすると股関節に乗れますし、捻転でつくったスイングパワーを蓄えておき、ゴルフクラブに伝達することができます。

右膝を動かさない、お手本 リッキー・ファウラー

コブラのINSTAGRAMにファウラーのスイング動画が投稿されていました。撮影されたアングルが、ちょうど右膝が動かない、粘りのある踏ん張りが確認できるスイングとなっているので、参考になります。

COBRA Golfさん(@cobragolf)がシェアした投稿


 

右膝が動いていた理由

右膝が動いていた理由を考えてみたところ、股関節が痛かったから・・・これが最大の理由です。痛いところがあると、無意識に庇うような動作をしていたのだろうと思います。今現在は、右の股関節と左腕の肘が痛いというダブルトラブルとなってしまいました。無理のあるゴルフスイングをすると、身体を壊してしまうというのを再認識しました。

 

右膝を動かさないコツは、内股スイングがおすすめ

ゴルフレッスンでドライバーで全然ボールが上がりませんでした。ボールが上がらないと闇雲に打ってしまうんですよね。しかも、無理に上げようとして、おかしなすくい打ちになってしまいます。

右足だけを内股にします。内股といっても、爪先を少し内側に向けるだけです。そして、テークバックをすると自然と右足に体重が乗ります。体重が乗るというか、負荷が掛かるというか、チカラが入ります。右足のチカラが抜けないように、ダウンスイングをすると、自然とボールが上がるようになりました。ただ、これは私の骨格が影響しているようですから、万人向けでは無いかもしれませんね。

右足内股スイング

ゴルフレッスンの先生に教えてもらったのが、内股スタンスです。私のスイングを見て、先生が、股関節が柔らかくなってるので体重が流れてるんじゃないですかとのこと。

 
どうやら、テークバックでスウェーしてしまって、体重が逃げてしまっていたようです。ということは、右足の膝は動きまくっていて、捻転により発生する負荷を抑えられていなかったということになります。

私は男のくせに、くせにっていうのは語弊があるかもしれませんが、とんび座り(正座して両足を外側に出す座り方)ができますので、どうやら関節が柔らかいのか、体重を逃がしてしまう傾向があるようです。ある意味、踏ん張りが利かなくなっているとも言えますね。今までは、こんなことは無かったのですが・・・。

右足だけを内股っぽく爪先を内側に入れると、スタンスは自然とクローズ・スタンスっぽくなります。ですから、ボールを捉まえようとする人には向いているかもしれません。右足だけを少しだけ、爪先を内側を向くようにして、内股っぽいアドレスにすることで、右足にチカラが入りますので、自然とクラブが走ってくれますので、遠心力によりクラブと引っ張り合う感覚が判ります。

両足をガニ股のように開いてアドレスをするというのは知ってますが、内股というのは初めてでした。まずまず、良い感じなので、しばらく内股スタンスで練習をしてみようと思います。何かひとつできると、何かひとつ出来なくなっているという、この不思議な連鎖を止めなければいけませんね。

ゴルフは、とりあえずやってみないと判りません。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック)
views 903
ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思い...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ
views 222
中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シ...
飛距離は天性のモノなのだろうか
views 521
ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとス...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ?
views 211
飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつ...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される
views 333
ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。 ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ
views 224
先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありま...
飛ばない、曲がる、方向が悪い時はフォロースルーをチェック...
views 6
飛ばないし、曲がるし、方向が悪い時はフォロースルーをチェック フォロースルーとは ボールを直接打とうとするとフォロースルーが小さくなる フォロースルーを意識すると飛距離アップする フォロースルーで左腕を伸ばす、肘を伸ばす ウェッジもフォロースルーを意識する パターもフォロースルーを意...
長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか...
views 311
ソニーオープンinハワイでジャスティン・トーマスが優勝しました。その時の映像を録画しておいて、後から見ていました。解説の方が、とても興味深い表現をしていました。ジャスティン・トーマスのグリーンを狙ったアイアンショットの精度の高さを、長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか、よ...
重いウェッジはザックリのもと
views 1182
昔はダイナミックゴールドのシャフトが刺さったウェッジとか使っていました。理由は単純で、ウェッジは重たい方が良いだろうと言われたからです。そして、雑誌などを読んでもウェッジはクラブの重さを使うから、重い方が良いというようなことが紹介されていたりして、それを鵜呑みにしていた時期でした。 ウェッ...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ