飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

右足を動かさずに強い状態にしておく | ベタ足で打つ!

もっと深く、もっと楽しくの巻末に書かれている内容なのですが、青木功さんが中部銀次郎さんのことを語るかのように書かれた文節があります。中部銀次郎さんは自分の先生だと思っている。でも同じ昭和17年生まれだから銀ちゃんと呼んでいる。

青木功さんは大詰めでフックボールに泣かされた。それが原因で、なかなかタイトルに手が届かなかった。青木功さんはボールが曲がるのは体重移動がうまくできていないからだと思い、自分の考えを中部銀次郎さんに話したところ、次のような返答がありました。

体重移動なんて、意識することないよ。 結果として、体重は移動するだけでね。 軸は不動。 それでボールを打ちぬくまで、右足は動かさずに強い状態にしておけば、ボールなんて曲がらないんだよ。

青木功さんは、当初は右足は動かさずに強い状態にしておく・・・という意味が判らなかったそうです。

ボールが曲がらないなら、やるしかなということで、右足を動かさずに強い状態にしておく・・・という練習をしたそうです。具体的にはどのような練習をしたのかは書かれていません。右足だけに意識を置いてボールを打っていたのか、それとも多くのボールを打ってみて、突然に気付きが得られたのかもしれません。右足は動かさずに強い状態にしておく・・・それこそそが、青木功さんの「ベタ足で打つ」という個性的なスタイルになったようですね。

ベタ足打法は右足を強くしておく

右足を動かさずに強い状態にしておくという言葉にはボールを曲げずに飛ばすための大きなヒントがあるように感じます。

たしかに体重移動ばかり意識していると、体重移動をするという動作が間違った動作になってしまい身体が開いてしまうこともありますし、スイングの軸がズレてしまうこともあります。そして、余計にボールが曲がってしまうこともあります。

右足を動かさずに強い状態にしておくというのは、簡単に言えば踏ん張る、粘るということなのかもしれません。踏ん張って、粘ることで軸をズレないようにしておくという意味なのかもしれません。時々、ゴルフのレッスン書などに書かれている事としては、右足の膝を真っ直ぐに保つという言葉で表現されているのを読んだことがありますが、似たような意味があるのでしょう。右足を強くしておくことでクラブが加速するのを感じることが出来るはずですが、これは実際にトライして体感をしないと判り難い事です。右足を強くしておくというのは、右足に体重を残すという言葉と同じ様な意味があることにも気付きます。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

そして、振り抜くまで右足を強くしておくことで、ゴルフスイングの運動性質上としては慣性が働きますから、クラブヘッドは左右にブレることなく、真っ直ぐボールに向かっていき、ボールを打ち抜いて、通り過ぎていくということになります。

ゴルフスイングでは右足のチカラが弱々しくて、直ぐに右足が捲れ上がって、足の裏が見えるようなスイングの場合は、捻転で蓄積されたエネルギーが逃げてしまって、クラブが加速しませんし、ボールも上がり難くなります。また、右足で蹴るという言葉を使うこともありますね。実際に蹴る訳ではないのですが、捻転で蓄積されたエネルギーをクラブを振りぬくためのエネルギーに替えるために右足を蹴るような動作というか踏ん張りをすることでクラブが加速させるということです。

体重移動という言葉と実際の動作が合致しないと色々と悩んでしまいます。

中部銀次郎さんの書籍では「 体重は移動するだけ。 軸は不動。 ボールを打ちぬくまで、右足は動かさずに強い状態にしておけば、ボールなんて曲がらない 」 この文節でモヤモヤしたものが取れたような気がしました。

日々、精進
がんばります

関連投稿記事
髪の毛1本を引っ張ってもらっているようなイメージでアドレス...
views 124
中部銀次郎さんはアドレスをとても大切にしていました。それは、中部銀次郎さんの書籍 「 中部銀次郎の第一打 (ゴルフダイジェスト文庫) 」 の中からも読み取ることができます。ゴルフはアドレスに始まり、アドレスで終わるのだから、ショットをする前のアドレス、つまり姿勢がとても大事だということを伝えようとし...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ
views 222
中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シ...
頭を動かさない軸を意識したショット | ヘッドアップしない...
views 1269
更新:2018年07月05日 ヘッドアップすると、ミスショットが増えてしまいます。スライスしたり、トップしたり、スイング軸がブレてしまったりすることもあります。ヘッドアップすると何がいけないのか、ヘッドアップを修正する方法をまとめました。 頭を動かさない軸を意識したショット | ヘッドアップ...
青木功と中弁銀次郎の出会い
views 137
青木功さんと中部銀次郎さんが初めて出会ったときのことが書籍に記載されていました。書籍とういよりは漫画なんですけどね。短編で読みやすいです。青木功さんが研修生としてアルバイトをしているゴルフ場に中部家 家族がラウンドに来たということが、初めての出会いだったようですね。 研修生だった青木功さん...
適切なインパクトを身に付けて飛距離アップ
views 141
簡単なトレーニングを発見しました。自宅で布団、枕など重さがあって柔らかさがあるものにゴルフクラブのヘッドを押し当ててインパクトを再現するというトレーニングです。自分のスイングでのインパクトを再現するには、タイヤなどにクラブフェースを押し当てたりしていたと、中部銀次郎さんの書籍には書かれていました。 ...
見た目には変なスイングだけど・・・
views 182
中部銀次郎さんの書籍「わかったと思うな」183ページ辺りに書かれていることが、とても心に刺さりました。それは、最近のゴルフ界で強い選手にも通じるような文節だったからです。 その文節はこのように書かれています。 第三者から見て汚いスイングに映ろうとも、その人が大きなミスをしない方法を知...
自室の壁に頭をつけて素振り スイングチェック 【 中部銀次郎 】...
views 255
中部銀次郎さんが取り入れていた練習方法というか、スイングチェック方法というか、自室での練習方法のひとつで、自分の頭(おでこ)を壁につけて素振りをするという練習方法があります。 実際に試してみると、なかなか効果的です。 自分の頭(おでこ)を壁につけて素振りをすると頭が動いているのかどう...
自分のゴルフを客観的に見る
views 37
中部銀次郎さんは若かりし頃にはビリヤードに凝っていた時期があったようです。書籍にもそのような事が書かれています。書籍の中ではビリヤードという言葉ではなく、玉突き という言葉が使われていました。 玉突きをすることでゴルフのヒントらしきものが得られたというようなことも書かれています。ボールを打つと...
自分に必要なゴルフクラブの本数確認
views 477
2018/07/04 更新 最近、スコアは悪くないのだけど納得できないショットが続いたりすることがあります。ナイスショットだと自分では思っていないのに、スコアが良いと言うことがあります。 逆に、ナイスショットだと自分では思っているのに、そのナイスショットがスコアに反映されないようなラウン...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ