飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーショットで高弾道を打ちたい

スポンサーリンク

ドライバーショットでボールが上がらない、低いボールしか打てないという場合は、幾つかの原因があります。大きくは、打ち方の問題 と ドライバーの問題があります。それぞれ、ボールが上がらない原因を探っていきましょう。そろそろ、暖かくなってきますから、スイングを固めておきたいと考えており、様々な練習、トレーニングを取り入れて練習をしています。

ドライバーショットでボールが上がらない 打ち方の原因

身体の軸がズレている

身体が飛球線方向へ移動してしまっていたり、スウェーしてしまうと、捻転でつくられたエネルギーをインパクトする前から開放してしまうことになるので、弱々しいインパクトとなってしまいますので、ボールが上がりません。スイング軸をズレないように、しっかりと下半身で身体を支えておくことが大切です。

 

ゴルフというスポーツの格言のひとつに、STAY BEHIND THE BALL(ステイ ビハインド ザ ボール)というのがあります。頭をボールの後ろ側に置けという意味で、日本ではビハインドボール、ビハインドザボールと呼ばれています。この意味は、頭を残すとか、頭を動かさないという意味があります。頭を動かさないというのは、スイングの軸をズレさせないという意味です。ただ、頭を動かさないといっても、厳密に言うと頭を動きますし、動いて当たり前です。頭を動かさない=スイング軸をズレさせないという意味ですが、あまり考え過ぎると、ずっとボールを見続ける変なスイングとなってしまうので、注意してください。何事も適度が良いです。

そして、インパクトのときには、ボールよりも少し後ろ側に頭が位置することを意識して打つと、ドライバーを加速させて、ドライバーショットで必要となるアッパーブローで打ちやすくなります。

ドライバーショットの場合は、ボールの置く位置を左足側(飛球線方向)に置きます。身体の中心から少しズレたところにボールを置きます。そして、ダウンスイングを開始して、実際にボールを打とうとすると、ボールの置いてある位置に身体をズレてしまうことが多いです。人間が両目でモノを見ますし、見たモノを身体の正面で捉えようとしますから、ボールを身体の正面で見ようとして、身体が飛球線側にズレてしまうことがあります。この減少もボールが上がり難くなりますし、スイング軸がズレているということになります。

アドレスをしたら、アドレスの位置からスイング軸を動かさない意識を持って打ってみてください。自然と、アッパーブローの軌道でドライバーヘッドがボールにコンタクトして、弾き飛ばしてくれます。

右足の踵が直ぐに浮いてしまう

 

右足の粘りが弱くて、インパクト前に踵が浮いてしまうと、右足でゴルフクラブを加速させることができなくなります。また、捻転でつくられたエネルギーをインパクト前に開放してしまうことになります。できるかぎり右足の踵が浮かないように、粘ることが大切です。ダウンスイングでゴルフクラブを加速させるのに必要なのは、地面を力強く踏みつける脚力です。踵が浮いてしまうということは、脚が使えていませんから、ゴルフクラブを加速させることができてないということになります。

ダウンスイング開始から右足の踵が浮いているようでは、捻転でつくられたエネルギーをゴルフクラブに伝えることができません。踵が浮いたとしても、爪先だけで地面を踏みつけるようにして、チカラを入れておくことで、ゴルフクラブを加速させることができます。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
次のページは、ドライバーの問題
1 2
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン