飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングでクラブを加速させるタイミング

ゴルフスイングでクラブを加速させることが出来れば、もうすこし飛距離が伸びるような気がしますので、クラブを加速させるタイミングや方法を追求中です。素振りをして、ゴルフクラブがどの位置で空気を切る音を出しているのか確認してみました。

 

スポンサーリンク
 
 

 

ゴルフクラブが右側で空気を切る音がする

素振りをしたときに、ゴルフクラブが空気を切る音がします。勢いよくゴルフクラブを振り回して、ビュンビュンと音をたてるかのように素振りをする人も居ます。早く振るということも大切なのですが、ゴルフクラブがどの位置で空気を切る音を出しているかがポイントになってきます。

右側でゴルフクラブが空気を切る音がする場合は既にスイングが終っていると言っても良いかもしれません。どれだけ強くて早いスイングをしても、ゴルフクラブがボールにヒットするまえにスイングが終ってしまっていたら、効率よくエネルギーをボールに伝えることができません。そして、スイングが終ってしまったあとにゴルフクラブがボールにヒットをするという状態となりますので、当たり負けすることにもつながります。

 

 

ゴルフクラブが左側で空気を切る音がする

 
左側でゴルフクラブが空気を切る音がする場合には、しっかりとゴルフクラブを振って、ボールにミートさせていることが出来ています。そして適切なフォロースルーになっている。故にゴルフクラブが加速しながらインパクトする形となるので、飛距離も出るということになります。

 

 

適切なインパクトとフォロースルー

ゴルフスイングで右側で空気を切る音がする場合には、ダウンスイングの時に早い段階でコックが解けている場合があります。同じスイングでアイアンショットをすると、ボールの手前でダフってしまうことになります。これは、ドライバーだけではなくてアイアンなど全てのクラブでのスイングで発生してしまうので、どこかで修正をしなければいけないですね。

ゴルフクラブを持ち上げて下ろしてくるときに、ゴルフスイングのエネルギーを放出し、スイングのスピードも加速するどころか、弱まってしまいます。

スポンサーリンク
 

また、コックが早く解けてしまうだけではなく、フォローするが作れていないということもあります。フォロースルーが出来ていないということは、ゴルフスイング自体が未完成ということになります。自分では上手に振っているように思えても、実は振り切れていないということになります。ゴルフクラブが上から下りてきて、加速しながらボールにヒットすれば、自然と左側で空気を切る音がしますし、ゴルフクラブが自然とボールを飛ばす方向に放り投げられるような状態となり、効率よくボールをヒットさせて飛ばすことが出来ます。

練習場でボールばかりを打つ練習をしていても、右側でゴルフクラブ

余分なチカラを抜いて、自然とゴルフクラブを振ることができれば、適切なインパクトを迎えることができるようになり、ヘッドスピードが遅くても、ボールのミート率は高まりますので、飛距離アップが望めます。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン