飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイング 前倒しでドライバーの飛距離アップ!

 

ゴルフスイングの前倒しとは

前倒しというのは、桑田泉プロのゴルフレッスン、クォーター理論のなかで登場してくる言葉なのですが、手打ちにならない打ち方であると汲み取ることもできます故に、前倒し=手打ちにならない、手打ちといわれることもあります。

手打ちを知っておくこと

一般的に手打ちというのは、腕のチカラでゴルフクラブを引っ張ってきますから、身体の捻転との同調を完全に無視した動きとなります。ですから、インパクトを迎える、かなり前から手首のコックが解けてしまい、フェースは開いた状態でボールにコンタクトします。これがスライスの原因となります。

当たり前のことながら、スライスボールになります。前倒しは、身体の捻転とゴルフクラブを持ちあげた縦の動きが同調しなくても、フェースを閉じつつ、スクエアにしながら打つことができます。故に、手打ちにならない、手打ちと呼ばれることもあります。

 

前倒しの打ち方のコツ

私の場合、一般的に紹介されている前倒しのように、左腕と右腕を交差させて、大きくアームローテーションをするような感じではありません。トップスイングから、左の肘から左手の甲の部分(前腕)を返すというか、立てるという感じにします。そうすることで、クラブフェースが閉じようという動きになります。文字通り前倒しとなります。前倒しというのは、手打ちしてもスライスしないアームローテーションのことです。インパクト直前に開いたフェースを返そうとしても、無理です。

スポンサーリンク  

トップスイングからアームローテーションする

トップスイングから既にアームローテーションをし始めて、スクエアにインパクトする打ち方です。なので、大袈裟に左腕と右腕を交差させる動きは必要あります。少しの動きでも十分にボールを捉えることができます。

前倒しは、ダウンスイングでゴルフクラブを縦に下す動作、ゴルフクラブを立ててくる動作とも言えます。フェースの開きを抑えながらも、ヘッドスピードを加速させることができますので、この打ち方を取り入れることができれば、飛距離アップできる可能性が高いです。前倒しというのは、一般的に紹介されているように、大袈裟に左腕と右腕が交差するようにアームローテーションをすることが必須ではありません。ほんの少しだけでも大丈夫です。

手打ちにならない打ち方

私の場合、左肘から左手の甲を飛球線に向けるようなイメージです。グリップエンドを後方に向けるイメージです。繰り返しとなりますが、前倒しは手打ちだけど、手打ちにならない打ち方です。手で打とうとすると、身体の捻転と腕の振られ方がシンクロしません。なので、フェースが開いてスライスしやすくなります。これを、調整してあげるのが、前倒しです。トップスイングからボールを捕まえにいくイメージとなります。

 

前倒しの打ち方 動画

私の場合は、ややクローズスタンスに構えて、少し右方向を向いて構えます。トップスイングから倒してきますので、ゴルフクラブは少しアウトサイドから入ってきて、イン側に抜けていきます。完全にカット打ちとなります。だけど、ストレートボールが打てます。慣れてくると再現性の高いスイングとなり、強い武器となります。

スポンサーリンク
 

左腕と右腕を交差させるようなアームローテーションをすることが、前倒しではありません。たしかに、左腕と右腕を交差させるような動作にはなりますが、大袈裟にアームローテーションを入れなくても、前倒しで打てます。左腕と右腕を交差させるほどにローテーションを入れると、フック系のミスが増えるので、自分で調整しながら練習すると良いです。

私の場合、前倒し理論、レッドベターのAスイングを融合させて自分の体格、骨格、筋力に合うような打ち方になりました。故にクローズスタンスでカット打ちのアウトサイドイン軌道、トップスイングからダウンスイングにかけては、自分でアームローテーションを入れて、フェース面をスクエアで打てるようにしています。

ツイッターでも、クローズスタンスでカット打ち・・・珍しいとのコメントを頂いております。

フェアウェイウッドでもダフらずに振り抜けるようになります。

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン