飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイング 前倒しでドライバーの飛距離アップ!

 

ゴルフスイングの前倒しとは

前倒しというのは、桑田泉プロのゴルフレッスン、クォーター理論のなかで登場してくる言葉なのですが、手打ちにならない打ち方であると汲み取ることもできます故に、前倒し=手打ちにならない、手打ちといわれることもあります。

手打ちを知っておくこと

一般的に手打ちというのは、腕のチカラでゴルフクラブを引っ張ってきますから、身体の捻転との同調を完全に無視した動きとなります。ですから、インパクトを迎える、かなり前から手首のコックが解けてしまい、フェースは開いた状態でボールにコンタクトします。これがスライスの原因となります。

当たり前のことながら、スライスボールになります。前倒しは、身体の捻転とゴルフクラブを持ちあげた縦の動きが同調しなくても、フェースを閉じつつ、スクエアにしながら打つことができます。故に、手打ちにならない、手打ちと呼ばれることもあります。

 

前倒しの打ち方のコツ

私の場合、一般的に紹介されている前倒しのように、左腕と右腕を交差させて、大きくアームローテーションをするような感じではありません。トップスイングから、左の肘から左手の甲の部分(前腕)を返すというか、立てるという感じにします。そうすることで、クラブフェースが閉じようという動きになります。文字通り前倒しとなります。前倒しというのは、手打ちしてもスライスしないアームローテーションのことです。インパクト直前に開いたフェースを返そうとしても、無理です。

スポンサーリンク

トップスイングからアームローテーションする

トップスイングから既にアームローテーションをし始めて、スクエアにインパクトする打ち方です。なので、大袈裟に左腕と右腕を交差させる動きは必要あります。少しの動きでも十分にボールを捉えることができます。

前倒しは、ダウンスイングでゴルフクラブを縦に下す動作、ゴルフクラブを立ててくる動作とも言えます。フェースの開きを抑えながらも、ヘッドスピードを加速させることができますので、この打ち方を取り入れることができれば、飛距離アップできる可能性が高いです。前倒しというのは、一般的に紹介されているように、大袈裟に左腕と右腕が交差するようにアームローテーションをすることが必須ではありません。ほんの少しだけでも大丈夫です。

手打ちにならない打ち方

私の場合、左肘から左手の甲を飛球線に向けるようなイメージです。グリップエンドを後方に向けるイメージです。繰り返しとなりますが、前倒しは手打ちだけど、手打ちにならない打ち方です。手で打とうとすると、身体の捻転と腕の振られ方がシンクロしません。なので、フェースが開いてスライスしやすくなります。これを、調整してあげるのが、前倒しです。トップスイングからボールを捕まえにいくイメージとなります。

 

前倒しの打ち方 動画

私の場合は、ややクローズスタンスに構えて、少し右方向を向いて構えます。トップスイングから倒してきますので、ゴルフクラブは少しアウトサイドから入ってきて、イン側に抜けていきます。完全にカット打ちとなります。だけど、ストレートボールが打てます。慣れてくると再現性の高いスイングとなり、強い武器となります。

スポンサーリンク

左腕と右腕を交差させるようなアームローテーションをすることが、前倒しではありません。たしかに、左腕と右腕を交差させるような動作にはなりますが、大袈裟にアームローテーションを入れなくても、前倒しで打てます。左腕と右腕を交差させるほどにローテーションを入れると、フック系のミスが増えるので、自分で調整しながら練習すると良いです。

私の場合、前倒し理論、レッドベターのAスイングを融合させて自分の体格、骨格、筋力に合うような打ち方になりました。故にクローズスタンスでカット打ちのアウトサイドイン軌道、トップスイングからダウンスイングにかけては、自分でアームローテーションを入れて、フェース面をスクエアで打てるようにしています。

ツイッターでも、クローズスタンスでカット打ち・・・珍しいとのコメントを頂いております。

フェアウェイウッドでもダフらずに振り抜けるようになります。

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン