飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイング 前倒しでドライバーの飛距離アップ!

 

ゴルフスイングの前倒しとは

前倒しというのは、桑田泉プロのゴルフレッスン、クォーター理論のなかで登場してくる言葉なのですが、手打ちにならない打ち方であると汲み取ることもできます故に、前倒し=手打ちにならない、手打ちといわれることもあります。

一般的に手打ちというのは、腕のチカラでゴルフクラブを引っ張ってきますから、身体の捻転との同調を完全に無視した動きとなります。ですから、インパクトを迎える、かなり前から手首のコックが解けてしまい、フェースは開いた状態でボールにコンタクトします。

当たり前のことながら、スライスボールになります。前倒しは、身体の捻転とゴルフクラブを持ちあげた縦の動きが同調しなくても、フェースを閉じつつ、スクエアにしながら打つことができます。故に、手打ちにならない、手打ちと呼ばれることもあります。
 

ゴルフスイング前倒しを理解する動画

前倒しという打ち方の動作を理解するには、ゴルフの「前倒しスイング」と「ポインティング」ヘッドを走らせる共通点という動画がオススメです。ゴルフスイング物理学・小澤康祐さんの動画となります。とても判りやすいですし、どうしてシャンクが出るのか、スライスが出るのか、その理由も判ります。

前倒しというよりは、ダウンスイングでゴルフクラブを縦に下す動作、ゴルフクラブを立ててくる動作とも言えます。フェースの開きを抑えながらも、ヘッドスピードを加速させることができますので、この打ち方を取り入れることができれば、飛距離アップできる可能性が高いです。

ゴルフスイング前倒しのドリル

上で紹介した動画と同じですが、前倒し(クラブを立ててくる動作)のドリルが紹介されているシーンから再生できるようにしてあります。要チェックです。

前倒しの練習

室内練習用の短い練習用クラブなどがあれば、動画を見ながら、実践することができます。室内で素振りするだけでも、感覚を養うことができます。

 

 

ヘッドスピードを速くするコツ

ゴルフ・究極の飛距離アップ法!リッキーファウラーに学ぶ!ヘッドスピードを上げる加速原理という動画もあります。ヘッドスピードが速いけど飛ばない人、ヘッドスピードが遅いけど飛ばしたい人に向けた内容となっており、見応えがあります。

 

 

ゴルフスイング物理学

上で紹介した動画の全ては、ゴルフスイング物理の小澤康祐さんの動画であり、小澤康祐さんの理論が詰まっています。スイングパワーがあっても、無くても、しっかりと飛ばすための理論が詰まっています。無料で見られる動画だけでも、とても価値のある内容となっています。ゴルフ技術書を購入するよりも、内容が濃いです。

物理学、慣性、円運動を理解して、適切に取り入れることで、飛ばせる打ち方が身に付きます。

 

ゴルフスイング物理で目指せること

  • 飛距離アップ
  • 正確性の向上
  • 再現性の向上
WEB講座・ゴルフスイング物理学
価格:30,000 円

 

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン