飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ダウンスイングで腕が体に巻き付くメカニズム

更新:

ベン・ホーガンのモダンゴルフにも書かれている、ダウンスイングの基本的なお話です。基本的ですが、とても重要であり、ショットの良し悪しを左右します。実践するのは、なかなか難しいですが、メカニズムが理解できれば反復運動できるようになります。つまり、再現性を高くすることができます。

 

ベン・ホーガンのダウンスイング・メカニズム

両腰がダウンスイングを起動するとベン・ホーガンは、モダンゴルフで書いています。下半身からダウンスイングを始動すると、腕が体に巻き付きます。ゴルフスイングの始動のトリガーとなるのは、腰です。腰からダウンスイングを始めます。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

右肘は、右腰あたりまで引き付けられる

ダウンスイングは、左の腰が引っ張られるイメージ。右肘は、右腰あたりまで引き付けられるというイメージになります。右の脇を締めておく必要があります。自然と腕が体に巻き付かれ、手元が体の近くを通ります。これが、ダウンスイングで腕が体に巻き付くメカニズムです。

腕が体に巻き付くようにダウンスイングをするには、腕のチカラを抜く必要があります。チカラが入っていると、体から腕は離れていき、ヘッドスピードも速くなりませんし、弱々しいインパクトになってしまいます。

アーリーリリースを予防

腰(下半身)からダウンスイングを始動すると、手首のコックがはやく解けてしまうことを防ぐことにもつながります。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

ダウンスイングで両腕は何をしているのか?

腰(下半身)から始動したダウンスイングは、両腕は何をしているのか? 両腕が腰の高さに下されてくるまでは、何も動作をしないとしています。ダウンスイングでは、腕を忘れろとか、腕のチカラを抜けという意味に通じます。

腰の回転を止めると

腰の回転を止めてしまうと、上半身が正しい動きをしなくなってしまい、ゴルフクラブはアウトサイドインから入ることになります。すると、スライスボールを打つことになります。

ゴルフスイングの基本は、腰(下半身)から

ゴルフスイングの基本は、腰(下半身)からダウンスイングを始動するということです。日常生活でよく使うのは、手や腕なので、手や腕などを動かしやすいです。これが、腰(下半身)から動き出すことを難しくしています。常に腰(下半身)からダウンスイングをすることを意識づけておくことで、自然と腕が巻き付いて、引き付けられて、ゴルフクラブのヘッドと手元の回転差を作って、ヘッドスピードを速くすることができます。

スライスばっかりする、ボールが左方向へ飛び出す、テンプラする、ドライバーでダフるなどのミスショットが多い場合は、腰(下半身)からダウンスイングすることを意識して、腕を脱力させて振ってみて下さい。ナイスショットするヒントが見つかるはずです。

 

ベン・ホーガンのスイング YouTube

ベンホーガンのスイングは、とてもシンプルです。ゴルフスイングという難しい動作を言語化した第一人者のスイングです。とても珍しい映像です。

腰(下半身)からダウンスイングができるようになると、思った以上にゴルフクラブを素早く振ることができたりします。それが、ヘッドスピードです。そして、素早く振れたときこそ、ナイスショットして飛ばせます。何度も練習して、当たり前のようにできるようにしておくことが大切です。これが、ゴルフの難しいところです。

日々、精進
がんばります

関連記事

打ち方、飛ばし方の関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン