飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングのテイクバック始動の順番

アドレスをしてテイクバックをするときには、身体のどこから動かすのか?どのような順番でテイクバックをしたら良いのか判らなくことがあります。スムーズなテイクバックをするコツを紹介します。覚えてしまえば、悩むことなく、スムーズなテイクバックができるようになります。

 

ゴルフスイングのテイクバック始動はどこから

テイクバックは下半身から始動します。下半身の脚からです。右脚に体重を移動させて、右脚を踏ん張りながら、お尻を回転させるようなイメージを持つと良いです。または、右側にスライドするイメージでも良いです。ジム・マクリンは右側にスライドするような動きとなると説明しています。

はじめは、飛球線とは逆の方向にお臍(へそ)を向けていくイメージを持つと良いです。

スポンサーリンク

つまり、右側に体重を移動させることで、右の股関節に負荷が掛かります。これがポイントとなります。ゴルフクラブ、腕、肩はシンクロしたまま動き出します。イメージとしては両肩が背骨を軸として回転する感じです。この時、正面から見ると左肩は下がりながら顎の下に入ります。右肩は上がりながら頭の後ろに回ります。

テイクバックから一気にゴルフクラブを持ちあげない

上の図もアドレスから、一気にゴルフスイングを持ち上げている図になっていますが、テイクバックの始動というのは、少し横にスライドさせる動作となります。言うなれば、パターのストロークのような感じで、腕とゴルフクラブを持ち上げるというよりは、横にスライドしていくイメージです。なので、テイクバックは真っ直ぐ引くと言われます。そして、左肩が入ってくると、自然と腕とゴルフクラブが持ち上げります。

肩の回転は縦ではない

左肩は下がり、右肩は上がると説明すると、肩の回転は上下があるので、縦回転というイメージを持ちますが。縦回転ではありません。背骨を軸とした場合、背骨に対して直角に回転するイメージです。

スポンサーリンク

ヘソを意識してテイクバックする

身体の捻転のイメージが掴めない場合は、ゴルフクラブを持ったまま、腕を動かさないように脇を締めておき、臍(ヘソ)を飛球線とは逆の方向に向けるとイメージが掴みやすいです。肩が回転するといっても、肩だけが回転するのではなく、ゴルフクラブと腕と肩が一体となって回転するということです。捻転できていると思っても捻転できてない場合は、肩だけを回転させていたり、腕だけでゴルフクラブを持ちあげているだけの場合が多いです。

 

腕のチカラでテイクバックしないこと

ゴルフクラブを持った腕のチカラだけでテイクバックすると、ダウンスイングも腕だけで始めなくてはいけません。下半身、身体を使ってないので、ダウンスイングでも下半身と身体を使えないからです。腕のチカラだけで振っていては、弱々しい打ち方しかできません。下半身と身体を使って、大きなエネルギーをつくりだせるゴルフスイングを目指すと良いです。

テイクバックがスムーズにできると身体の各部位にチカラを加えやすくなりますし、ナイスショットしやすくなりますので、自分の感覚を大切にしながらテイクバックの始動の順番やキッカケをつかめると良いです。

日々、精進
がんばります

 

ゴルフスイングの動作 | 関連記事

テイクバックからフォロースルー、捻転差とヘッドスピードを上げるコツを紹介した記事です。併せて読んでみてください。

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン