飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

捻転差を感じて打つゴルフ | 飛ばすスイング

ゴルフスイングには捻転が必須。そして、上半身(肩)と下半身(腰)の捻転差を作ることで強烈なエネルギーを蓄積したスイングをすることができます。ただ、それが出来るようになるには強い体幹も必要になります。

 

捻転差をつくるには、股関節に乗る

股関節に乗るということが出来るようになって来ると、強烈な捻転が出来ていると自分でも判るようになってきます。頭の位置も右足の上辺りに置かれるようになります。ボールを飛ばそうと思う方向(飛球方向)には背中が向けられている状態となります。テイクバックをした方向には胸が向いたままとなります。ですから、背中で打つとか難しい表現をされることもあります。

ボールを飛ばそうと思っている方向に背中を向けたまま、左足を踏みつけて、そして踏ん張って股関節を戻してくるようにすると、自然と腰だけが元の位置に戻ろうとします。その時にこそ、上半身(肩)と下半身(腰)に大きな捻転差がうまれます。この捻転差が感じられるようになると、明らかに今まで以上に強いスイングが出来るようになります。単純にヘッドスピードが上がったと感じる人も居るようですし、クラブフェイスがボールをヒットした感覚が無いというくらいスムーズに、そして素早く打てるようになったという人も居ます。つまり、ヘッドスピード上がっているということですね。

私の場合は、なかなか簡単にはいかなくてですね、少しだけスイングのスピードが上がったように感じますが、ヘッドスピードが上がったとは感じていません。ただ、弾道が高くなっていますので、ミート率が上がっているのだろうと思いますから、少しだけ・・・ほんとうに少しだけ飛距離が伸びたと言えます。

股関節にのる方法
股関節に乗る方法も紹介していますので、参考にしてみてください。あまり、やり過ぎると股関節が痛くなってしまいますので、注意してくださいね。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

捻転差をつくるコツ! 胸は後ろ・背中を正面

 
強烈な捻転が出来れば、テイクバックをした方向に胸が向きます。(右利きであれば左側に胸を向ける)そして、ボールを飛ばそうと思っている方向には背中が向けられます。まるで、背中が捲れてしまったような状態となり、ここから下半身だけを左に動かすと上半身と下半身の捻転差が強くなります。下半身を左に動かすというよりは左足を踏ん張りながら、股関節を回転させるというか廻旋させるような動作になります。

深い捻転のトップスイング
胸が飛球線とは逆を向きます。背中が飛球線方向へ向きます。だから、ゴルフスイングは背中で打つと言われることもあります。深い捻転をすることで、上半身と下半身の捻転差をつくりだすことができ、それがスイングパワーとなります。

 

 

上半身と下半身の捻転差

 
ベン・ホーガンの書籍にも登場する図柄です。上半身と下半身の捻転差を現した図です。身体を真上から見たことを想定して、下半身(腰)と上半身(肩)との捻転差を描いています。

上の図の上体から、下半身(腰)だけを戻してくることで、上半身(肩)と下半身(腰)の捻転差が大きくなり、強いスイングをすることが出来ます。飛ばし屋として有名なダスティン・ジョンソンは上半身と下半身の捻転差がとても大きいです。飛ばすためにはパワーが必要となりますが。そのパワーは腕や手のパワーではなくて、捻転から生まれるパワーです。

左肩をアゴの下に入れる、右肩をもっと意識して捻転する

左肩をアゴの下に入れようとして捻転すると、深い捻転ができます。ただ、左の肩ばかり意識するのではなく、右肩もしっかりと深く捻転できているかを意識知るると良いです。左肩だけをアゴの下に入れることは簡単です。左の肩と右の肩が一直線になっており、同じくらいの深さの捻転(回旋)をするという意識を持つと良いです。すると、右肩が深く入れば、自然と胸が飛球線方向とは逆方向へ向きますから、深い捻転をつくりやすくなります。

左肩をアゴの下に入れる

ゴルフスイングの捻転の深さの目安となるのは、左肩がアゴの下に入っているのかどうかという点であると思います。私も左肩がアゴの下に入るように捻転をするようにしています。左肩がアゴの下に入っているときと入ってないときではスイングパワーが全く違うというのも体感しています。左肩があごの下に入っている方がスイングパワーが強いです。アゴを少し上げておけば、肩が入る空間がつくられるので、左肩が入りやすくなります。左肩が自分のアゴに当たったり、頬っぺたに当たることがありません。

また、左肩というのは捻転をしているときには、視界に入ってきますから、アゴの下に入っているのかどうかというのも判りやいです。ただ、左肩ばかり意識してしまうと、おかしなスイングになってしまうこともあります。

右肩を背面にまわす

ゴルフスイングは、左肩と右肩が一直線となっているイメージで、捻転をします。左肩がアゴの下に入ってくるということは、右肩は背面にまわります・・・後頭部の辺りまで回ってくるはずです。左肩だけをアゴの下に入れるような捻転となっており、右肩が殆どまわっていませんから、胸が飛球線方向と逆を向く度合いも少なくなっていました。これが、クセになってしまうと自分では捻転していると思っていても、実は捻転が浅いですし、ダウンスイングでは右肩が突っ込んでしまい、身体が開きやすくなりスライスが連発してしまいます。

ゴルフスイングは捻転するだけではなく、上と下の捻転差をつくる
ゴルフスイングは捻転しますが、捻転するだけではなく、上半身と下半身の捻転差をつくります。身体が捻じれているから、捻じれ戻ろうとするときに、スイングパワーが最大となります。
捻転差をつくるポイント
左の肩をアゴに入れることは誰もが意識していますが、右肩を深く捻転する意識を持つと良いです。右肩を後頭部あたり、右肩を飛球線方向へ回旋させると、背中が飛球線方向へ向いて、深い捻転が作られます。

ゴルフスイングで捻転が少ないとスライスする?

ゴルフスイングで捻転が少ない、捻転が浅いとスライスと言われています。それは、ゴルフクラブが加速しないので、本能的に飛ばせないと感じて、腕(手)で振ろうとしてしまい、結果的にフェースが開いたままで、インパクトしてしまうから、スライスになります。

深い捻転をして、上半身と下半身の捻転差が作られれば、腕(手)のチカラを使わずに、ゴルフクラブを振ることができます。

ゴルフクラブを加速させるコツ、タイミング
ゴルフクラブを加速させるコツ、タイミングを説明していますので、併せて読んでみてください。ナイスショットのヒントが見つかるかもしれません。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

身体が硬くて捻転できない人

身体が硬い人は、ストレッチをすると良いと言われております。それは、一理あります。私もストレッチをしています。ですが、身体が硬い人は、硬いなりに捻転ができるはずです。ゴルフスイングで必要となる捻転は、上半身と下半身の捻転差をつくることです。ですから、深い捻転がつくれなくても、上半身と下半身の捻転差が作られれば、スイングパワーを強くして、飛ばすことができます。

時折、お年を召したゴルファーで、あまり捻転してないように見えるけど、いつもナイスショットする人とか見たことありませんか?捻転が浅いだけで、本人は捻転できている状態となっているのです。それは、上半身と下半身の捻転差が作られているということです。身体が硬くても諦めずに、自分の今の身体的パフォーマンスで、効率の良い捻転ができるように練習することが得策です。

 

 

ゴルフレッスンに惑わされないゴルフレッスン

 

ゴルフテックは、GDOが運営しているゴルフスクールです。ゴルフスクールで、グリップを治したり、腕の振り方、腕の回旋のことなどを教えてもらったけど、余計にスイングがおかしくなったという人には、ゴルフテックが向いています。スイングを撮影して、データ化して、見える化しますので、スイングのどこを修正するのか一目瞭然です。ゴルフレッスンに惑わされないレッスンを受ければ、短期間で上達できます。

ゴルフテックは、レッスンだけじゃない! フィッティングもできる!

ゴルフテックは、スイングを撮影・分析をして適切なスイングに修正するだけではなく、クラブフィッティングも行っています。適切なスイングができないのは、もしかしたらゴルフクラブが自分に合ってないだけかもしれません。ゴルフテックでは、自分に合ったクラブフィッティングに合わせて、スイング分析により、今よりも確実に打てるスイングを身に付けることができるようになります。

ゴルフテックは、適切なスイングを覚えるだけではなく、クラブフィッティングも可能です。また、カスタムクラブを販売していますので、自分にピッタリなゴルフクラブを見つけるにはピッタリです! 完全マンツーマンのゴルフレッスンとクラブフィッティングで上達間違いなしです!

ゴルフテックのクラブフィッティング内容

  • ウッドフルフィッティング:60分間(要予約)
  • アイアンフルフィッティング:60分間(要予約)
ゴルフテックのココが良い!
従来のゴルフスクールと大きく違うのは、ゴルフレッスン・インストラクターの主観によって、左右されないという点です。先週はグリップの話、今回は捻転の話となったり、自分のスイングを微調整されてしまって、余計に打てなくなってしまうというような事がありません。ゴルフテックは、ゴルフスイングを科学しています。

 

 

ストレッチハーツで柔軟性を高める

ストレッチハーツは、テレビでも紹介されたことがある、ストレッチ器具です。有名タレントが手掛けているということもあり、とても人気のあるストレッチ器具です。肩甲骨と股関節周りの柔軟性を高めてくれます。これは、ゴルフスイングにとっても良い影響を与えてくれます。

肩甲骨周りの柔軟性

ゴルフスイングで捻転を開始して、トップスイングを作ろうとすると、背中にチカラが入ります。背筋を使っているからです。肩甲骨周りが柔軟になれば、深くて高いトップスイングをつくることができます。

股関節周りの柔軟性

ゴルフスイングで要となるのが腰の回転です。誰もが判っているように腰が回転するのではなくて、股関節の回旋によって、腰と呼ばれている部位にあたる骨盤を動かすことができます。つまり、スムーズな腰の動きは股関節の柔軟性に左右されるということです。ストレッチハーツで、股関節を柔らかくしましょう。

背中のハリ、肩甲骨の動き難さ、腰の回転の悪さを感じたらストレッチハーツを試してみて下さい。ストレッチハーツ詳細紹介

 

日々、精進
がんばります

 

打ち方、飛ばし方の関連記事

関連投稿記事
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと
views 175
ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますの...
ドライバーの苦手意識を克服する
views 248
ドライバーの苦手意識を克服する 目次 自信喪失が原因 練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない 苦手意識を克服する 技術向...
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離
views 95
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離 飛距離アップするために柔軟性が必要 ゴルフのストレッチと股関節の柔軟性 ゴルフのストレッチと肩甲骨...
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング
views 63
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング 下半身より手が使いやすいからゴルフで飛ばせない 下半身を鍛えておくことで、下半身から動かせ...
ゴルフスイングで力を入れる場所
views 154
色々な打ち方、ゴルフ技術書を読んでみたけど、なかなか飛距離アップができない、手打ちになってしまう、ヘッドが加速する感じがしないという場合は、...
ベン・ホーガンの提唱するインパクトの形
views 118
フェースローテーション、アームローテーションは必要なのかどうかという話題は、昔ほど議論になることは、少なくなってきた感じがします。私は、ロー...
ゴルフスイングでクラブを加速させるタイミング
views 1161
ゴルフスイングでクラブを加速させることが出来れば、もうすこし飛距離が伸びるような気がしますので、クラブを加速させるタイミングや方法を追求中で...
ドライバーの飛距離が180ヤードしか飛ばない理由と原因
views 115
ドライバーの飛距離が180ヤードしか飛ばない理由と原因 ドライバーが飛ばない原因 ドライバーの飛距離が飛ばないのは、スライスボー...
現代人特有のスライスの原因 | 猫背・スマホ首・ストレートネック...
views 66
現代人特有のスライスの原因 | 猫背・スマホ首 長時間の座姿勢による猫背 猫背アドレス 肩が前に出る スマホ首 | ストレートネ...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ