飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイング 打ち急ぎを治す

更新:

ドライバーが飛ばせなくなったり、ドライバーでダフってしまったり、アイアンでダフってしまたりと、ミスショット連発をしているときは、もしかしたら捻転不足となっており、打ち急ぎとなっているかもしれません。

 

打ち急ぎはゴルファーの敵

打ち急ぎ という ゴルフスイングを追求していくと色々なことが判ってきます。打ち急ぎをスイングと呼べるのかは判りませんが・・・。打ち急ぎを治すには、打ち急ぎを知るということが大切だと思いました。打ち急ぎがどのような動作を意味しているのか知っていなければ治すことが出来ません。

打ち急ぎとは、よく使われる言葉ですが、どのようなことをすると打ち急ぎになるのかが、自分の頭の中で明確になっていなかったりすることもあります。打ち急ぎは、リズムが速い、テンポが速いという言葉だけでは説明できない複雑さがあります。スイングが早いことが打ち急ぎ? でも、プロゴルファーは凄く早いスイングです。

打ち急ぎによるミスショット

打ち急ぎというのは、身体の捻転によりスイングパワーをつくれてないうちに、打とうとしてしまいます。つまり、手打ちになっているということです。すると、スイング軌道はアウトサイドイン軌道になりやすくなり、スライスすることが増えます。アウトサイドイン軌道が強くなると、強いフック、チーピンになることもあります。アイアンの場合は、ダフりやすくなります。

打ち急ぎによるミスショット

  • アイアンでは、ダフリやすくなる
  • スライスがでやすい
  • フック系、チーピンが出ることもある

ゴルフスイングで捻転不足の場合、スライスが出やすい

捻転不足の場合は、スライスが出やすくなります。しっかりとした、捻転ができてないので、スイングエネルギーが弱く、ゴルフクラブが加速しません。ですから、自分でゴルフクラブを振ろうとしてしまい、フェースが開いたまま、インパクトしてスライスするというパターンが多いです。また、捻転が少ないので、身体が開きやすく、右肩が入りやすくなっているので、余計にスライスしやすくなります。

 

 

打ち急ぎを説明するには2通りある?

打ち急ぎは、テイクバックを始めて、バックスイングでトップが作られて、スイングが出来る状態になる前にスイングをしてしまうこと。 つまり、しっかりと捻転が出来ていない(タメが作られていない)のに、手(腕)だけでクラブを下ろそうとする動作のこと。手打ちになってしまうということですね。下半身(足)を使って小さなスイング、ハーフスイングを練習することが大切とのこと。

ですが、ゴルフレッスンの先生は打ち急ぎには、もうひとつあると言っていました。

それは、バックスイングをし、トップを作り(タメを作り)、スイングを開始すると同時に、ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうことも、打ち急ぎであると説明をしていました。私の場合は、ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうとコックが解けるのも早くなる傾向にあるようです。コックが早く解けてしまいボールの手前でダフってしまうということです。

複雑な説明で頭の中がゴチャゴチャになってきますので、まとめてみます。

【 パターン1 】
しっかりと捻転できていないのに手(腕)だけでクラブを下ろしてくること
もともと手(腕)でクラブを持ち上げているだけ
【 パターン2 】
ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうこと
捻転が出来ていても下半身よりも手(腕)が先に動作する

どちらも、結局は手打ちになるということですが、原因となる動作が少し異なるようです。何度、説明を聞いてもしっかりと把握が出来なかったというか、完全に理解しきっていない自分が未熟だなと思いました。

【 パターン1 】のしっかりと捻転できていないのに手(腕)だけでクラブを下ろしてくるというのは、そもそも手(腕)だけでクラブを持ち上げていることが多いとのこと。もともと下半身も使っていないし、身体の捻転もあまりしていないので、手(腕)だけでスイングをしてしまっている状態であるとのこと。

【 パターン2 】のゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうというのは、まずまず捻転が出来ているのだけど、ゴルフクラブを下ろしてくる動作のきっかけを手(腕)から始めている可能性があるとのこと。ゴルフクラブの重みで自然とゴルフクラブが下りてくる訳ではなく、手(腕)で操作をしている。だから、ボールの手前でダフってしまうとのこと。良い捻転が出来ても、手(腕)でクラブを下ろそうとしているので、せっかく捻転で生まれたパワーを台無しにしまっているようです。

ショートアイアンなどは多少のチカラが入っても大きなミスにはなりにくいようです。クラブの重みが手(腕)のチカラを打ち消してくれるようです。ですが、シャフトの長いクラブなどはそういうわけにはいかないようです。

 

 

ゴルフ 打ち急がない方法、打ち急ぎを防ぐスイング

ゆっくりとバックスイングをすることと、ゴルフクラブを下ろしてくる動作、ダウンスイングもゆっくりにするということに気をつけること。アドレスをしてゴルフクラブを持った腕と胸は常に一緒に捻転するというか、回転させるようにする。手(腕)だけが先にバックスイングをしたり、手(腕)だけが先に下りてくることは無い。常に胸の前に手元があるような感覚を見に付けること。胸が真正面を向いているのに、手元だけが右側上方に来るというのは、既に手(腕)だけでクラブを持ち上げていることになる。

身体を捻転(回転)させて、肩が入ることで自然と腕が持ち上がり、コックしながらクラブが持ち上げるようにすることを再認識すること。

このあたりを注意をするようにと言われました。

ですが、言葉で説明をするのは難しいですね。ゴルフスイングは本当に複雑ですし、説明する言葉が少し違うだけで、全く別の意味になってしまうこともあります。

その他の原因

実際のラウンドで自分のボールがある場所まで、走っていったり、早歩きしたり、息切れをしていたりすると、スイングは早くなってしまうようです。急ごうという気持ちが、自然と身体全体が急いでしまい、打ち急ぎになってしまうとのこと。

結局は、自分の気持ちが根本的な問題のようです。

ナイスショットは出来るのだけど、飛ばしたい、グリーンに乗せたい、アイアンで飛距離を稼ぎたいという気持ちが、素直に身体が受け止めて、チカラが入ってしまっているようです。とくに飛ばしたいと思うときには、潜在的にスイングを早くしたほうが良いと思ってしまうからか、手(腕)だけでスイングをしてしまうようです。

自分がミスショットをするときのスイングを細かく分析して、追求をしていくと、どの箇所がいけないのかが明確になってきます。単純に打ち急ぎ、ダフる・・・という言葉を頭の中で考えても、その原因を掴むことは出来ません。ミスショットするときのスイングを知ることも上達への近道かもしれないですね。

最大の欠点

打ち急ぎの最大の欠点は・・・捻転不足です。

私の場合は捻転不足です。

捻転させて、トップスイングを作ろうとはするのですが、どうしても捻転差を我慢することが出来ずに、元の位置(アドレス)に戻りたくなってしまい、急いで打とうとしてしまっているのです。捻転を我慢するには、やはり強い体幹、腹筋、下半身(脚力)が必要となります。スイング理論ばかりじゃなく、トレーニングもしっかりと継続をしていこうと思います。

※上述したことは、あくまでも私のゴルフスイングをレッスンの先生に診てもらって直してもらうということが大前提ですので、万人に向く内容ではないかもしれませんので、ご注意ください。

 

 

ドライバーの打ち急ぎ

 

打ち急ぎで最も大きなミスをしてしまいがちなのが、ドライバーです。ドライバーの打ち急ぎの原因の殆どは、捻転不足です。しっかりと捻転していないのに、直ぐに振ろうとしてしまうと打ち急ぎとなってしまいます。

打ち急ぎを防ぐには、深い捻転をして、しっかりとトップスイングをつくることが大切です。トップスイングが作られる前にダウンスイングを始めてしまうと、捻転のエネルギーを活かすことができませんし、ドライバーヘッドが加速しません。ドライバーヘッドが加速しないと、腕で振ろうとしてしまいますから、アッパーブローで打てずにレベルでボールにコンタクトしてしまいます。

また、アウトサイドイン軌道になってしまうことも多く、カット打ちのスライスとなってしまいます。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

捻転不足を解消するには

捻転不足を解消するには、大きく2つポイントがあります。

(1) 右肩を深く捻転させること
左の肩がアゴの下に入っているかどうかをチェックする人は多いのですが、右肩をチェックする人は少ないです。左肩がアゴの下に入るくらいであれば、右肩は後頭部の真後ろくらいまで入ってなければいけません。右肩の入りが少ないと、捻転が浅くなってしまいますし、ダウンスイングで右肩が前に出やすくなります。
(2) 捻転の負荷に耐えること
深い捻転をすると身体は苦しくなってきます。捻転に耐えるというのは、実は身体が苦しくなる状態なのです。その苦しさから耐えられなくなってしまい、はやくアドレスの状態に戻りたい、楽になりたいと思ってしまって、直ぐに打ってしまいます。ですから、とても簡単で難しいことなのですが、捻転の負荷に耐えるということがとても大切です。

柔軟性の無い人・身体の硬い人

柔軟性が無くて、身体の硬い人の場合は、深い捻転ができないかもしれません。自分で、精一杯捻転している状態で、上半身と下半身の捻転差をつくることができれば、その捻転差をスイング・エネルギーとして、ボールを飛ばすことができます。ゴルフスイングは、捻転をするのですが、基礎的なことを言うと、上半身と下半身の捻転差をつくることが大切であり、身体が捻じれ戻るエネルギーが、スイングパワーになります。

 

 

ゴルフスイングの捻転の作り方

ゴルフスイングに必要となるのは、捻転です。とくには、上半身と下半身の捻転差を大きくつくり、その捻じれ戻りのテンション・エネルギーがスイングエネルギーとなります。飛ばし屋と呼ばれているプロゴルファーも、上半身と下半身の捻転差がとても大きくなっており、強烈なスイングパワーを作り出していることが伺えます。

 

 

速く振ると打ち急ぎの違い

急いで打たないと思っていても、打ち急ぎが良くないと判っていても、ゴルフ場では急いで打ってしまいます。打ち急ぎというか、しっかりと捻転してトップが作られていないのにダウンスイングを始めてしまうという感じでしょうか。これは、手打ちですね。捻転が浅くて直ぐに元のアドレスに戻ろうとしてしまっているんでしょうね。左の肩が全然顎の下に入っていないのにダウンスイングを始めてしまっていたりもします。

腕(手)でゴルフクラブを持ち上げて、打とうとしていますから、インパクトを迎える前にチカラが入ってしまいます。チカラが入ってしまうと、アウトサイドからクラブが入ったり、インパクトを迎える前にコックが解けてしまったりというミスショットを誘発します。

先日、練習をしながら気付いたのですが 打ち急ぎ と 速く振る というのは似てますね。打ち急ぎ と 速く振る というのは、どちらにしろ腕(手)で打とうとしているように感じます。

打ち急ぎ

捻転が浅いというのが原因とゴルフクラブを手(腕)で持ち上げてしまっているのでダウンスイングも手(腕)で始めようとしまっています。下半身、身体を使わなければいけませんね。捻転が浅いから、スイングのパワーが弱くなってしまい、ゴルフクラブが加速しません。ですから、余計に手(腕)で振ろうとしてしまいます。

特には緊張しているとき、焦っているときに打ち急いでしまう傾向にあるように感じます。例えばバンカーショットなんかは、打ち急いでしまう場合が多いように感じます。

速く振る

捻転が深くても、身体の向き、胸の向きを越えてしまって腕だけで振ってしまうようなスイングになってしまいます。下半身は固定されているかのように動かず、腕だけでクラブを振っている状態です。また、速く振ろうとして肩が開いてしまって大きなスライスとなってしまうこともあります。

速く振る ではなくて、結果的に速く振れた というのが適切なのかもしれませんね。速く振る というのは自分の意思で振ろうとしているわけですから、腕(手)だけで振ってしまっている可能性が高いです。

どっちにしろ手打ち

打ち急ぎ、速く振る どちらも手打ちですね。手打ちをしていないと思っていても、実際は手で合わせてにいっているのだろうと思います。また、飛ばそうという気持ちが強いほど、手で振ろうとしてしまいます。足腰、下半身よりも手(腕)の方が器用に動かせるからなのだろうと思います。ということは、足腰が弱ってきているのかもしれませんね。

急いで打つ
速く打つ
緊張しているから
または、飛ばしたいから

ドライバー、アイアン、ウェッジも共通するのが急いで打とうとしないこと。飛ばそうと思って、速く振ろうとしないこと。ただ、速く振れば飛ぶのだけど、意識的に速く振ろうとしないという意味なのだろうと思います。

ロフト角の数字が大きいウェッジでショットをしてみると判ることなのですが、速く振るとフェースがボールの下を潜ってしまって飛びません。ゆっくり振ると、ウェッジのフェース面にボールが乗って、それなりに高く上がって飛んでくれます。ドライバーやアイアンも同じことが言えると思います。

ドライバーでナイスショットが打てても、芝生の上からのアイアンがダフリばかりだったら、スコアになりませんし、グリーンを狙っていくことも出来ません。適切な打ち方を覚えることが大切です。

 

 

ライザップゴルフ | 自分オリジナルのゴルフ・アルゴリズム

ライザップゴルフは、ゴルフスイングを科学します。センシング技術により、ヘッドスピード、スイングテンポ、打ち出し角度などをデータ化します。そうすることで、自分のゴルフスイングで悪いところを見つけ出して、修正することができます。無造作に当てずっぽうでスイングを修正しようとそるのではなく、ゴルフスイングを科学して、修正点を導き出すので、スイング修正がしやすいですし、上達が早くなります。

ライザップゴルフの特長

  • マンツーマンレッスン
  • 個室レッスン
  • スイングを可視化

 

打ち方、飛ばし方の関連記事

併せて読むと知識アップになる記事

ヘッドスピードを上げるコツ ドライバーの飛距離アップに必要なのが、ヘッドスピードです。ヘッドスピードを速くすることが、飛距離アッ...
ドライバーのスライス 改善策 ドライバーのスライスの改善策 目次 ドライバーのスライスを治す アイアンは打てるのにドラ...
アスリート向けドライバーとアベレージ向けドライバーの違い... 更新:2018年08月14日 新しいスリクソン ZERO SRIXONが登場するということから気付...
ゴルフ ドライバー インパクトのイメージとインパクトの形... 更新:2018年08月07日 こちらでは、ドライバーショットでのインパクトを紹介します。 ゴ...
8番アイアンのロフト角と飛距離と活用方法... ストロングロフトのアイアンが浸透してきましたし、5番アイアンを抜いたセッティングも増えてきました。ア...
テーラーメイド M グローレ | 2018年10月26日発売... 更新:2018年08月09日 Mシリーズと融合した新しいグローレが登場します。白黒ツートンのグロー...
打てなくなったらスイングプレーンをチェック... ベン・ホーガンのスイングプレーンは、とても有名です。それなりにゴルフをしてきた人ならば、知っているは...
フランチェスコ・モリナリ | 全英オープン優勝時のセッティング... フランチェスコ・モリナリ | 全英オープン優勝時のセッティング 全英オープン優勝 フランチェ...
ベン・ホーガンのグリップ 更新:2018年08月13日 ベン・ホーガンのグリップ グリップが緩むとミスショットしや...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ