飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイング 打ち急ぎを治す

スポンサーリンク

ドライバーが飛ばせなくなったり、ドライバーでダフってしまったり、アイアンでダフってしまたりと、ミスショット連発をしているときは、もしかしたら捻転不足となっており、打ち急ぎとなっているかもしれません。

 

打ち急ぎはゴルファーの敵

打ち急ぎ という ゴルフスイングを追求していくと色々なことが判ってきます。打ち急ぎをスイングと呼べるのかは判りませんが・・・。打ち急ぎを治すには、打ち急ぎを知るということが大切だと思いました。打ち急ぎがどのような動作を意味しているのか知っていなければ治すことが出来ません。

打ち急ぎとは、よく使われる言葉ですが、どのようなことをすると打ち急ぎになるのかが、自分の頭の中で明確になっていなかったりすることもあります。打ち急ぎは、リズムが速い、テンポが速いという言葉だけでは説明できない複雑さがあります。スイングが早いことが打ち急ぎ? でも、プロゴルファーは凄く早いスイングです。

打ち急ぎを説明するには2通りある?

打ち急ぎは、テイクバックを始めて、バックスイングでトップが作られて、スイングが出来る状態になる前にスイングをしてしまうこと。 つまり、しっかりと捻転が出来ていない(タメが作られていない)のに、手(腕)だけでクラブを下ろそうとする動作のこと。手打ちになってしまうということですね。下半身(足)を使って小さなスイング、ハーフスイングを練習することが大切とのこと。

ですが、ゴルフレッスンの先生は打ち急ぎには、もうひとつあると言っていました。

それは、バックスイングをし、トップを作り(タメを作り)、スイングを開始すると同時に、ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうことも、打ち急ぎであると説明をしていました。私の場合は、ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうとコックが解けるのも早くなる傾向にあるようです。コックが早く解けてしまいボールの手前でダフってしまうということです。

複雑な説明で頭の中がゴチャゴチャになってきますので、まとめてみます。

【 パターン1 】
しっかりと捻転できていないのに手(腕)だけでクラブを下ろしてくること
もともと手(腕)でクラブを持ち上げているだけ
【 パターン2 】
ゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうこと
捻転が出来ていても下半身よりも手(腕)が先に動作する

どちらも、結局は手打ちになるということですが、原因となる動作が少し異なるようです。何度、説明を聞いてもしっかりと把握が出来なかったというか、完全に理解しきっていない自分が未熟だなと思いました。

【 パターン1 】のしっかりと捻転できていないのに手(腕)だけでクラブを下ろしてくるというのは、そもそも手(腕)だけでクラブを持ち上げていることが多いとのこと。もともと下半身も使っていないし、身体の捻転もあまりしていないので、手(腕)だけでスイングをしてしまっている状態であるとのこと。

【 パターン2 】のゴルフクラブがボールに当たる前にチカラが入ってしまうというのは、まずまず捻転が出来ているのだけど、ゴルフクラブを下ろしてくる動作のきっかけを手(腕)から始めている可能性があるとのこと。ゴルフクラブの重みで自然とゴルフクラブが下りてくる訳ではなく、手(腕)で操作をしている。だから、ボールの手前でダフってしまうとのこと。良い捻転が出来ても、手(腕)でクラブを下ろそうとしているので、せっかく捻転で生まれたパワーを台無しにしまっているようです。

ショートアイアンなどは多少のチカラが入っても大きなミスにはなりにくいようです。クラブの重みが手(腕)のチカラを打ち消してくれるようです。ですが、シャフトの長いクラブなどはそういうわけにはいかないようです。

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
次のページは、ゴルフ 打ち急がない方法、打ち急ぎを防ぐスイング
1 2 3 4
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン