飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

飛ばすために鍛える3部位 体幹・上腕・脚力 | ゴルフトレーニング

更新:

 

飛ばすために鍛える3部位 上腕・体幹・脚力

飛ばせるゴルフスイングに必要不可欠なのは、体幹です。体幹が弱い場合は、身体が浮き上がってしまい、ヘッドアップとなってしまいます。ヘッドアップというのは、頭(顔)が早く飛球線を向いてしまうという動作です。これが、発生する間は、ボールを真っ直ぐ飛ばすのは難しいし、スライスボールが多くなってしまいます。そして、ドライバーを振り切れない証拠ともいえます。

ヘッドアップ

飛ばせないゴルファーの殆どは、ヘッドアップをしている打ち方になっています。ヘッドアップしてしまうと、スライスボールになる可能性が多いし、他のミスショットを誘発してしまいます。身体の浮き上がりを防ぐには、体幹を強くしておく必要がある。ドライバーでボールを打ち抜くまで、しっかりと粘って、耐えられる、強い体幹が必要なのです。

体幹だけではなく、強い脚力も必要となります。

右足の蹴り

飛ばせるゴルファーの殆どは、脚力がとても強いです。地面を蹴るかのように脚を使って、ドライバーヘッドを加速できますし、強いインパクトを迎えることができます。

外国人ゴルファーの、スイング・シークエンスやスローモーションを見たことがあるかと思いますが、インパクト直前から、インパクトし終えたフォロースルーに掛けては、地面を蹴るかのような脚の使い方をしています。ときには、ジャンピング・スイングと呼ばれたりもしており、しっかりと脚を使って、ドライバーヘッドを加速させている証拠でもあると言えます。

脚力が強ければ、ドライバーを加速できます。テークバックを開始して、スウェーを防ぐためには、強い脚力が必要なのです。そして、インパクト時には、左足を踏ん張って、左の壁を作り、スイング軸をズレさせずに、捻転のエネルギーをボールに伝える必要があります。

 

 

ドライバー飛距離アップするためのトレーニング

ドライバーの飛距離アップをするには、体幹を鍛えると良いですが、筋骨隆々になる必要はありません。むしろ、筋骨隆々になってしまうと、筋肉が邪魔して、スムーズなスイングができなくなってしまいます。そうなった場合は、さらに全く別のスイングを習得しなければならなくなったりして、逆に遠回りになってしまいます。

ゴルフスイングには、強い体幹、粘る脚力、力強い上腕・二の腕が必要となります。

 

強い体幹

強い体幹

  • スイング軸がズレない
  • 力強いインパクトで打てる
  • 身体を使って打てる
  • 傾斜のライからでもバランスが保てる
  • 綺麗にフィニッシュを作れる

 

 

強い上腕・二の腕

力強い上腕・二の腕

  • ゴルフクラブをしっかりと持ち上げる
  • 手元を引き付けてダウンスイングできる
  • 肘から下は脱力して素早く振れる

 

 

粘る強い脚力

粘る強い脚力

  • スウェーしない強い下半身
  • ゴルフクラブを加速させる

 

飛距離アップするためには、足らないのは体力とパワーだと思います。ドライバーを買い替えて飛距離アップするのは、もう限界だろうと思っていますので、トレーニングに励んでいます。

日々、精進
がんばります

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン