ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン
ゴルフテック | ゴルフトレーニング
Ameba公式トップブロガーやってます!
CONTENTS MENU
 

筋トレした後のブライソン・デシャンボーのスイング

トレーニングで筋肉の増強をした、ブライソン・デシャンボーのスイング分析です。基本的な動作は大きく変更ありませんが、かなりパワフルなスイングとなってます。ブライソン・デシャンボー 過去のスイングもあります。

 

 

アドレス

アングル的に判り難いですが、両腕を伸ばした独特のアドレスです。手元の浮き上がりを抑える役割を持ってると言われてます。
その昔、モー・ノーマンというゴルファーもこのようなアドレスをしてました。

小平智選手が同じように、手元を浮かしてアドレスをしてます。

 

テイクバック

スポンサーリンク

ゴルフクラブと両腕をシンクロさせ、両腕が作る三角形を維持した状態でテイクバックに入ります。

スウェーしないように右脚で踏ん張って、左膝を入れるように股関節を回旋させてます。
筋力があるからこそ、腕力だけで上げようとしてないところが、参考になります。

また、大袈裟に右側に体重移動をしてません。身体の真ん中に軸があることを意識してるような感じです。スタック&チルト程に左軸とはなってませんが、あまり右側に体重移動をしてません。

 

ハーフウェイバック

ゴルフクラブを飛球線方向に放り投げるように、両腕を伸ばして、スイングアークを大きくしてます。このスタイルは、飛ばせるゴルファーに見られる動作のひとつです。池田勇太も同じように両腕を伸ばしたハーフウェイバックをします。

バックスイングするにあたって、股関節を回旋させるのがとても上手いというか、股関節が柔らかいです。テイクバックからも左右の股関節の柔らかを活かして捻転させてます。股関節を柔らかく深く使うには、踵側に体重を乗せて身体全体で捻転させていることが伺えます。

 

トップ

デシャボーの飛ばせる秘訣のひとつとして、大きな捻転差があります。背中が飛球線を向くほどに捻転します。上半身は捻じれてますが、下半身は大きく捻じれてませんので、上半身と下半身の捻転差が作られており、大きなスイングパワーを生み出すことができます。

スポンサーリンク

筋トレの効果が見える

上半身の大きな捻転は、大胸筋、背筋などの強い筋肉が必要となります。右肘を強く曲げて、力コブを作り、大胸筋と背筋を使って、強いトップを作ってます。

デシャンボーの筋トレ効果は、きっと上半身の強さにあらわれています。これだけ、大きく捻転させるには、強い大胸筋が必要となりますし、耐えるには強い背筋が必要となります。

さらには、側屈(サイドベンド)も強くなっており、折り曲がらない強い体幹を活かした捻転となってます。また、側屈(サイドベンド)が強ければ、上半身を深く捻転させることができますので、上半身と下半身の捻転差を作りやすくなり、強いスイングパワーで打つことができます。

 

ダウンスイング

ダウンスイングに移行するタイミングとして、左脚を踏み込んで、バンプさせます。
やや全体が沈み込んで切り返しを行ってます。

 

ハーフウェイダウン

ハーフウェイダウンでは、早めに腕を伸ばそうとしてます。右肘が引き付けられたまま、インパクトを迎えると強烈なインサイドとなりチーピンに
なりやすいからだと思われます。早めに腕を伸ばして、スクエアに戻そうとしてます。自分の右脚前あたりで腕を伸ばして、アッパーで打とうとしてます。

早目に腕を伸ばして、スクエアに戻して、シャローに入ってくるので、アッパーブローで打てます。だからこそ、デシャンボーのドライバーのロフト角は、5.5度で
丁度良い打ち出し角度になるだろうと推測できます。

 

インパクト

ゴルフボールを叩くと表現しても良い、強いインパクトです。
右手のヒンジ(掌と甲に曲げる)をうまく使って、効率よくゴルフボールを叩いてます。

 

フォロースルー

強い右手が左手を追い越して、右腕と左腕が入れ替わってます。

 

フィニッシュ

強烈なパワーを逃がすように左踵に乗って、爪先を飛球線に向けるように回転させて、エネルギーを逃がしてるのが特徴的です。
左膝に負担が掛からないようにしてます。

 

デシャンボーのスイングの特徴

特徴は大きく3つあります。

  • 捻転差が大きい
  • インパクトまで腕が作る三角形が崩れない
  • 左膝の負担を考慮して回転させる

 

ブライソン・デシャンボーは、どこを鍛えたか

デシャンボーは、筋トレにより身体が大きくなり、明らかに筋肉増強をしています。

さて、どこを鍛えたのかは明らかになってませんが、実際に鍛えあげられた身体をみると、上半身がかなり大きくなってます。

デシャンボーのスイングの特徴のひとつとして強烈な捻転があります。その強い捻転を作るためには、強い大胸筋、背筋、サイドベンド(腹直筋、腹斜筋)などが必要となります。そして、身体の側面(脇腹)のパワーも必要となります。

つまり、デシャンボーは、かなり上半身を鍛えてるということになります。ゴルフでベンチプレスは意味が無いと言われたりもしますが、実際はとても意味がありますし、飛距離アップするには必要なトレーニングとなります。

ゴルフクラブを持って、振る訳ですから、腕の筋肉も鍛えらえてますし、脚の筋肉も鍛えてます。
全身を鍛えてますが、上半身は更に鍛えられてると考えてます。

また、かなり腕が太くなっており、強靭な拮抗筋を活かしてゴルフスイングを素早く振れるようになってます。

筋トレすると飛ばせるか?

ゴルフというスポーツには、無駄な筋トレは不要と言われてました。が、デシャンボーのようなケースを見る限り、筋トレはゴルフには有効的であり、飛距離アップができるということが露呈となりました。

 

ブライソン・デシャンボー ヘッドスピード、飛距離、ミート率など

  • DRIVING DISTANCE : 337.8
  • CLUB HEAD SPEED : 133.42
  • SMASH FACTOR : 1.518

メートル毎秒に変換して、ボールスピードを計算すると以下の通りとなります。ボールスピード 90m/sとか、凄すぎます!

  • 平均ドライビングディスタンス : 337.8ヤード
  • 平均ヘッドスピード : 59.64m/s
  • ミート率 : 1.518
  • ボールスピード : 90.53m/s

 

ゴルフトレーニングにお勧めのプロテイン

人気の MYPROTEINが、激安で販売中です。ミニシェイカー付き・送料無料、初回限りですが、とりあえずプロテインを試してみたいという人にお勧めです!

 

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン