飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングで脇が締まる方法、腕の三角形を保つ

更新:

ゴルフスイングで脇を締める方法と腕の三角形を保つ方法を紹介します。

 

脇が締まってないと、身体と腕がバラバラになる

レッスンの先生に見てもらったら、身体と腕がバラバラになっているとのこと。私の場合は、この現象がよく起きます。飛ばそうと思っていたり、強く打とうとすると、腕だけで振っているというか、身体の捻転など関係なく、腕が先行して走っていきます。腕だけで振ると、速く振れるのですが、捻転のパワーが伝達できてないので、弱々しいボールしか打てません。

脇を締めて、身体と腕(ゴルフクラブ)を同調させる

ゴルフクラブが加速しない、インパクトが弱い、速く振ってるのに飛ばないというようなときは、脇が締まってないことが多いです。脇を締めて、身体と腕(ゴルフクラブ)を同調させると、振りやすくなりますし、スイングエネルギーをボールに伝えやすくなります。腕の振りと身体の回転(回旋)が同調してないと、体重が乗ってない弱々しいスイングとなり、飛ばすことができません。
ゴルフスイングの手打ちを修正して予防する

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 
脇が締まってないと
身体と腕がバラバラになってしまい、腕が先走ってしまったり、腕だけで振ろうとしてしまいます。

 

ゴルフスイングで脇の締め方

ということで、脇を締めて、身体と腕をシンクロさせる方法を教えてもらいました。といっても、とても初歩的なのですが。バンザイをします。手の平を外側に向けるように下してきて、肘から下を内側に回旋させて、クラブを持って構えるという方法です。

簡単!アドレスで脇の締め方

脇を締めるというと、一生懸命に腕を身体に密着させようとしたりしますが、そのようなことをしなくても脇を締めることはできます。下のイラストのように両腕を上げて、手の平が外側を向くように下してきて、肘から下だけを内側に回旋することで、両脇がしまります。とても簡単な脇を締めるドリルとしても有効的です。練習場でも簡単に取り入れることができます。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

この状態で、身体を捻転させると、腕が身体にシンクロしてきます。これが、身体と腕を同調させるという感覚です。身体の捻転と腕の動きがバラバラになりませんので、ショットの精度も高くなりますし、腕だけで振ろうという動作を抑制することができます。また、身体と腕をシンクロさせて打つことで、クラブヘッドに体重を乗せることができるので、強いインパクトで打てます。

 

バンザイをして、手の平が外側を向くように腕を下してきます。肘から下だけを内側に回旋すれば、脇が締まります。自室でもできますし、どこでもできますから、簡単です。脇を締めるクセをつけておけば、ナイスショットの確率が高くなります。

脇が締まっていれば、自然と両脇にチカラが入る感じがします。締まっている証拠です。両脇が締まれば、腕だけで振ることができなくなります。テークバックしてトップスイングを作るときにも、脇が締まっているので、肩と二の腕でクラブを持ちあげる感覚がします。あとは、もっと手元を身体の近くに置いてスイングができるようになると良いようです。

バンザイして両脇を締めて、短い距離のアプローチをしてみると、なかなか良い感じです。こういった初歩的なことすら忘れてしまいますから、いけませんね。両脇が締まれば、身体と腕がシンクロしてスイングをすることができますし、とてもコンパクトなスイングができるようになります。

脇が締まると
二の腕(上腕)に自然とチカラが入るので、引き締まった感じになります。腕がバタつかないので、肘から下だけを柔らかくして、鞭のように振ることができます。

脇にタオルを挟んで練習する

脇を締める練習方法のひとつとして、右脇にタオルを挟んで打つというのがあります。右脇を締めておかないとタオルが落ちてしまいますので、無意識のうちに右脇を締めようとします。これが、なかなか良い効果をもたらしてくれますし、練習場でも簡単にできますので、オススメです。

とても効果的な練習ですが、慣れるまでに時間を要します。最初は、タオルを挟むことばかりに意識が向いてしまって、うまく打てないかもしれません。タオルを挟むことが目的ではなくて、脇を締めることが目的なので、目的違いにならないように注意して下さい。色々と試してみて、自分で感覚を掴めたときこそが、上達できるきっかけとなります。

タオルが無い場合は、ヘッドカバーを挟む

ラウンド前にドライビングレンジで打っていて、スイングがおかしいと思ったら、ヘッドカバーを脇に挟むという方法もあります。タオルが無い時に有効的です。

脇を締めすぎる

ゴルフスイングをするうえで、脇を締めすぎるということは、殆どありません。締めすぎるというのは、力強く脇を締めて、腕を身体に引き付けるような動作を意味しているのだろうと思います。力強く脇を締める必要はありません。腕と身体がシンクロして動かせるくらいの状態で大丈夫です。

脇を締めて腕の三角を保つ簡単な方法 | ゴルフは哲学

ゴルフは哲学 | YouTubeチャンネル登録お願いします

 

脇が締まると、腕がつくる三角形を保てる

両脇が締まると、自然と肘から下が脱力されます。それで、アプローチすると精度が高くなります。また、腕がつくりだす三角形が保たれますので、腕が先走ってしまうことを防ぐ事ができます。つまり、脇を締めることで、身体と腕の動きをシンクロさせることができます。常に、自分の身体の前に腕を置くことができます。

 

ゴルフというスポーツは、何故か自分ができないこと、難しいことにトライしようとする傾向があります。反面、基礎を忘れてしまいがちです。ゴルフの上達というのは、実は基礎ができているか、できてないのかの違いだけで、難しいことをする必要性は無いのかもしれません。

しばらくは、バンザイして両脇を締めて練習をしてみようと思います

日々、精進
がんばります

 

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン