飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

手打ちとは何か説明できますか?

手打ちとは何か? どのような動作になっているのか説明できますか? と、レッスンの先生に質問をされました。手打ちって、手でクラブを持ちあげて、手で打つこと・・・これくらいしか説明ができませんでした。手打ちのことを言葉で説明ができないということは、自分が手を使って打っている動作を理解してないから。理解できないということは、無意識に手打ちをしてしまうことがあるということです。

 

 

手打ちというのは、もっと深い意味がありました。

手打ちはヘッドスピード=腕の振りの速さ

レッスンの先生曰く、手打ちをしているゴルファーの意識としては、手(腕)を振る速さが、ヘッドスピードだと勘違いしている傾向にあり、手(腕)を速く振ることばかり気にしている人が多いとのこと。そして、手(腕)の移動距離が遠くなるから、実は逆にスピードが遅くなるとのこと。たしかに、そうかもしれません。

私も、速く振ろうと思った時には、手(腕)を速く振った方が良いと思っていますし、実際に手(腕)を振り回しています。手打ちを治せれば、誰でもヘッドスピードを速くすることができるようです。

 

 

手打ちでヘッドスピードが遅くなる理由

手でクラブを持ちあげて、手で振り下ろしてくることも手打ちです。ですが、ダウンスイングで手(腕)を先行させてしまうから、ゴルフクラブが加速できないから、ヘッドスピードが遅くなる・・・これくらいしか説明ができませんでした。

ゴルフスイングでは、手元を身体の近くに置いておくとか、手元が身体の近くを通る様にと言われることがあります。手打ちの場合は、手元が身体から離れていきます。私の悪いクセなのですが、ラウンドしていくにつれて、だんだんと手元が身体から離れていくような打ち方になっていきます。そうなると、身体と腕とのシンクロができずに、バラバラなスイングとなってしまうことがあり、それはアプローチなどに顕著に現れます。

手打ちをしているスイングと手打ちじゃないスイングの大きな違いは、手元が描く円弧とクラブヘッドが描く円弧の差の大きさです。

 

 

手打ちをしているスイング

 
手元が描く円弧とクラブヘッドが描く円弧の差が小さくなる。だから、ヘッドスピードが遅くなる。手でクラブを振っているので、手元が身体から離れてしまって、大きな円弧を描くように、手元が遠回りをしているから、遅くなる。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
手打ちは、ヘッドスピードが遅くなる
手を使ってクラブを下してくると、ダウンスイング開始直ぐに、手首のコックが解けてしまい、ゴルフクラブが空気を切る音がします。この時点でスイングが終わっているということになります。クラブが加速しないので、余計に腕で振ろうとしてしまいます。

 

 

手打ちじゃないスイング

 

手元が描く円弧とクラブヘッドが描く円弧の差が大きい。だから、ヘッドスピードが速くなる。手元が身体の近くを通るので、手元が描く円弧が小さくなり、クラブヘッドが描く円弧との差をつくることができるので、クラブヘッドを加速させることができる。

この2つの違いを理解して、手元が描く円弧を小さくして、クラブヘッドが描く円弧との差を大きくすることで、クラブを加速させて、ヘッドスピードが速くなるとのこと。このスイングをするには、私の場合ですが、両脇を締めて二の腕の部分(上腕)と肩だけでクラブを持ちあげているイメージを持ち、ダウンスイングでは、グリップエンドが自分の腰の近くに落としてくるイメージを持つと良いと教わりました。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

もちろん、コックの使い方なども必要になってきますが、現段階ではコックのお話は後回しとなっています。一度にたくさんのことにトライすると頭の中かパンクしてしますので、その辺りをレッスンの先生が情報量の調整してくれているのだろうと思います。

理論的には、そうなんだろうとは思うのですが、やってみると難しいです。
難しいというか、けっこうパワーが必要です。

適切なスイング
手首のコックを保って、クラブを下してくる。下半身リードで打つことで、手元側が身体に引き付けられて、手元とクラブヘッドの回転差が作られます。これがヘッドスピードとなります。
クラブを加速させるタイミングとコツ
強いインパクトで打つために、クラブを加速させるコツ、そのタイミングを説明しています。参考にしてみてください。

 

日々、精進
がんばります

似た様なことを考えているサイトがありましたのでリンクを張っておきます。イラスト図解入りなので、判りやすいです。

打ち方、飛ばし方の関連記事

関連投稿記事
高いフェード(スライス)と低いドロー(フック)
views 903
ある程度、ボールが打てるようになってくるとドローボールを打ちたいとか、フェードを打ちたいとか、少しずつレベルアップを目指しながらボールをコントロールするようなことをも練習していくのですが、真っ直ぐボールを飛ばすというのが基本ですね。 というよりも真っ直ぐ飛ばせるようになることが重要だと思い...
飛距離を決定するのはシャフトの長さだけ
views 222
中部銀次郎さんのゴルフクラブ観というものが垣間見れる文節があります。その内容は・・・飛距離を決定する唯一の条件といえば、シャフトの長さではないのか。いろいろなクラブを試してみて、それぞれの素材の反発係数はスイートスポットで打っている限りは殆ど差が無いように思える・・・という文節があります。 シ...
飛距離は天性のモノなのだろうか
views 521
ドライバーで飛ばす人を見ていると必ずしも身長が高いわけではありません。また、筋骨隆々というわけでもありません。身長が低い人でも飛ばす人は居ます。身長が高くても飛ばないという人も居ます。 私は今までに何本もドライバーを買い替えて、色々とトレーニングをしたり、ゴルフレッスンの先生の指導のもとス...
飛距離でスコアを作るのが今の時代のゴルフ?
views 211
飛距離でスコアを作るというのが今の時代のゴルフなんだと思います。とにかく飛ばす。ティーショット、ドライバーでは飛距離を出して、出来る限り飛ばして目的のカップにボールを近づけておくというのが今の時代のゴルフ・・・そんな気がします。 ボールを最初から飛ばして、グリーンまでの距離を縮めておけば、いつ...
飛距離アップする方法はいくつかに分類される
views 333
ゴルフというスポーツの中で飛距離アップをさせる方法というのはいくつかの課題に分類されると思います。というのもホームコースの先輩達と飛距離アップに関して色々なディスカッションをていると様々な意見を聞くことが出来ますので、とても勉強になります。 ディスカッションと言っても、コーヒーを飲みながらの談...
飛ぶ人は年齢や老化に関わらず飛ぶ
views 224
先日のラウンドで、たまたま、組み合わせになった人が64歳というベテランの人でした。アプローチとパターが、とても上手な人でした。しかも、飛ぶ人です。64歳とは思えないほど、飛ばしてきます。 私と同じくらい飛びます。いえ、私よりも飛んでいました。年齢が64歳だから飛ばないと思っていたわけではありま...
飛ばない、曲がる、方向が悪い時はフォロースルーをチェック...
views 6
飛ばないし、曲がるし、方向が悪い時はフォロースルーをチェック フォロースルーとは ボールを直接打とうとするとフォロースルーが小さくなる フォロースルーを意識すると飛距離アップする フォロースルーで左腕を伸ばす、肘を伸ばす ウェッジもフォロースルーを意識する パターもフォロースルーを意...
長めのクラブでゆっくり振るのか 短めのクラブでおもいきり振るのか...
views 311
ソニーオープンinハワイでジャスティン・トーマスが優勝しました。その時の映像を録画しておいて、後から見ていました。解説の方が、とても興味深い表現をしていました。ジャスティン・トーマスのグリーンを狙ったアイアンショットの精度の高さを、長めのクラブでゆっくり振るのか、短めのクラブでおもいきり振るのか、よ...
重いウェッジはザックリのもと
views 1182
昔はダイナミックゴールドのシャフトが刺さったウェッジとか使っていました。理由は単純で、ウェッジは重たい方が良いだろうと言われたからです。そして、雑誌などを読んでもウェッジはクラブの重さを使うから、重い方が良いというようなことが紹介されていたりして、それを鵜呑みにしていた時期でした。 ウェッ...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ