飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ミート率を上げて飛距離アップする練習

最近、雨が続いており、なかなかゴルフに行けなくて、モヤモヤした気持ちになってきますね。とりあえず、練習は続けております。練習を続けていると、不思議と成果が出てきますね。練習は嘘つかないと言いますけど、本当ですね。雨が続いて、ゴルフに行くのは、お休みしていたので、毎日のように練習をしているのですが、少しずつ成果があらわれてきます。

 

スポンサーリンク

 
 

飛ばそうと思って、振るとヘッドスピードは遅くなる

当たり前このことですが、飛ばそうと思って速く振ると、逆にヘッドスピードが遅くなります。私のようなアマチュアゴルファーの最大の勘違いとしては、速く振れば、ヘッドスピードが速くなると思っている点ですね。速く振るというのは、腕を振るということになり、ヘッドスピードは腕を振る速さになってしまいます。すると、スイング軌道がズレてしまって、アウトサイドからクラブが入ったり、コックが早めに解けてしまったりなど、ヘッドスピードを速くすることとは、真逆の動作になってしまいます。

 
 

振るというよりは、クラブを落としてくるイメージ

トップスイングを作ったときに、グリップエンドを飛球線とは逆の方向へ押し出す感じにするとか、グリップエンドを立てて、引き下ろしてくると良いと言われることもありますが、どちらも同じようなイメージです。上手な人は、そんな細かなことを考えなくても、下半身からダウンスイングを始動すれば、自然と腕が巻き込まれていくという人も居ます。

 

スポンサーリンク
 

 
グリップエンドを立てて下してくることができると、自然と手元が身体の近くに引き寄せられて、脇も締まりますし、手首の角度を保ちながら、我慢していると、自然とシャフトが撓ります。手元を引き寄せてくることも大切ですが、シャフトの撓り具合で、インパクト時にボールに伝えるエネルギーが変わると思います。撓り戻りが大きくて、速ければ、シャフトの撓り具合でボールを弾き飛ばすことができます。ですから、私の場合は、トルク多めのシャフトが好きです。

 
捻転をすると、胸が飛球線とは真逆に向きます。胸が飛球線と真逆を向いているまま、グリップエンドを垂直に下してくるイメージとなります。ボールを直接打とうするのではなく、身体と腕とクラブを同調させるイメージです。

ミート率を高めるオススメ書籍
ゴルフスイングの縦の動き、横の動きを覚えるには、コンバインドプレーンがオススメです。ゴルフスイングは縦の動作と横の動作をシンクロさせて成り立ってます。

 
 

打ててないとき

打ててないときというのは、手元が身体から離れていることが多いように感じます。手元が身体から離れると、身体の捻転とクラブを持った腕の縦の動きがシンクロしないので、腕だけで振ったり、当てに行ったり、捻転でつくったパワーが全然ボールに伝わってないことが多いです。捻転は深い方が良いと思いますが、無理して捻転すると体勢を崩すしてしまうことがあります。体勢を崩すということは、下半身での踏ん張りができなくなってしまうということで、無理のあるスイングをしているということになります。自然とフィニッシュがとれるくらいの捻転が良いですね。

スポンサーリンク
 

腕を振ろうとするということは、身体の前から腕が外れてしまっており、身体と腕がシンクロしていません。腕だけが先走っている状態となっています。これは、とても危険な状態です。そういった場合は、併せて脇が締まっていないことも多いです。

脇を締める! 腕の前からクラブを外さない!

 
 

腕は振らない、腕は振られる

 
腕を振ると、身体と腕のシンクロがとれなくなってしまって、腕だけで打ってしまいます。腕を振って打とうとすると、捻転のエネルギーをボールに伝えられないので、ボールは上がらないし、弱々しいインパクトになってしまいます。

捻転して、おへそを飛球線に向けるように身体を回旋すると、自然と腕が振られていきます。シャフトの撓り戻りを感じることができますし、シャフトが撓るからこそ、強いインパクトで打てるということを感じることができます。また、自然と低くて長いフォロースルーが作られます。

 
 

スイートエリアでボールを打つ

 
スイートエリアでボールを打つイメージを持つことが大切です。速く振ろうとすると、打点がズレてしまうことが多いです。トゥ側で打ったり、ヒール側で打ったりすることもあります。最近のドライバーは、スイートエリアが拡大されており、打点がズレても強い反発が得られるようになっているので、自分の今の打ち方で打点がズレていることを感じ難いことがあります。

ドライバーのフェース面で最も強い反発が得られるのは、フェースの真ん中です。できる限りフェースの真ん中でボールを打てるように、丁寧なインパクトを意識しておくと、自然とスイートエリアで打てるようになります。相当な練習が必要となりますが、必ずスイートエリアで打てるようになります。

特に最近のドライバーは、ルール適合範囲内でフェース面の反発が高くなっています。キャロウェイの GBB EPIC は、CT値(反発係数)を高めておりルールギリギリであると公表しています。このようなフェースの反発力の高いドライバーを使うこともミート率アップに貢献してくれます。私は、KAMUITP TP-09S ドライバーを使っていますが、フェースの弾きは最高です。高反発に間違われる程です。

 
 

やればできる! ミート率高い方が飛ぶ!

今回は、練習の成果があらわれてきました。ミート率1.5をマークしました。測定器が信用できるかどうかは判りませんが、打ってる自分が飛んでるな、弾いているなと感じることが多かったので、今までよりは良い打ち方ができていると思います。

ヘッドスピード 43.0m/s
ボールスピード 62.2m/s
ミート率 1.45
飛距離 253ヤード

 

ヘッドスピード 41.0m/s
ボールスピード 61.4m/s
ミート率 1.50
飛距離 247ヤード

 
練習を続けていれば、飛ばせるようになりますね。絶対に飛ばせるようになります。私は、ヘッドスピードを速くすることだけを考えていましたが、もっとチカラを抜いて、身体を腕をシンクロさせて、ゆったり振るようにしたら、逆にヘッドスピードが加速するようになりました。シャフトの撓りを感じますし、捻転でつくったエネルギーがドライバーヘッドに集約されているのを感じる事ができます。

ミート率を高めるオススメ書籍
ゴルフスイングの縦の動き、横の動きを覚えるには、コンバインドプレーンがオススメです。ゴルフスイングは縦の動作と横の動作をシンクロさせて成り立ってます。

 
 

ミート率が高いと効率よく飛ばせる

一般的にヘッドスピードに係数5、係数5.5を乗算すると、概ねの飛距離が算出できるとされています。ですが、ミート率が高くなると係数5、係数5.5では計算が合わなくなってきます。

例えば、ヘッドスピード 41m/s だった場合。

係数5を使用すると
HS41m/s × 5 = 205ヤード
係数5.5を使用すると
HS41m/s × 5.5 = 225.5ヤード
上の計測器の写真では
HS41m/s で 飛距離 247ヤード ですから、係数6くらいとなります。

とても効率よく飛ばせていることになります。ただ、いつもミート率1.5前後で打てることはありません。打点がズレたりすることがあります。私の経験からすると、フルスイングせずに、無理しない程度の捻転でスイングをした方が、打点がズレ難くなるように感じます。振れば、ヘッドスピードは速くなるものの、ミート率は下がります。打点がズレているのか、シャフトが撓ってしまって、トゥダウン現象が大きくなっているのか・・・様々な原因があるかと思います。

私の場合ですが、ミート率が 0.01上がると概ね5ヤード~8ヤードくらいの飛距離アップができます。ですから、ヘッドスピードが変わらずにミート率1.36 から ミート率1.44 に高めることができれば、それだけで、約40ヤードから50ヤードくらいの飛距離アップができます。

ミート率を高くして飛ばすには、フルスイングではなくて、丁寧に打てるスイングスピード、的確なインパクトができるスイングが必要ということですね。ですが、ヘッドスピードが速い方が、ミート率は下がるものの、ボールスピードが速くなりますので、飛ばせますね。

ミート率アップするとどれくらい飛ぶ?

 
 

ミート率 1.45前後で打てると HS45m/sの人よりも飛ばせる

 
ミート率が高いと、ヘッドスピードが速い人よりも飛ばせることがあります。ヘッドスピード 45m/sくらいというと、傍から見ていてもヘッドスピードが速いということが伝わってきます。ですが、打点がズレてしまっていると、実際の飛距離は230ヤードくらいだったりもしますし、大きなスライスボールとなってしまうこともあります。

ヘッドスピードが42m/s前後で、ミート率が1.45以上出せると、飛距離は240ヤード以上飛ばすことができます。

スポンサーリンク  

ヘッドスピードが速ければ、飛ばせますが、言葉を変えて表現すると、勢いよくドライバーヘッドをボールに衝突させているだけということになります。ドライバーヘッドを勢いよくボールに衝突させることだけでも、ボール初速が速くなるので飛ぶのですが、スイートエリアでしっかりと打てた方がボールを飛ばせるということです。

速く振るという考えではなく、ゴルフクラブが自然と速く戻るようになるというイメージを持った方が、効率よいスイングができますし、ミート率も高くなります。

 
 

ミート率とヘッドスピードと飛距離

ミート率 ~1.38くらいの飛距離は以下の通りになります。ミート率1.36、1.38くらいというのは、当たりが悪いということですから、打点がズレておりミートしていません。または、ドライバーの弾きが弱いモデルの可能性があります。

ヘッドスピード 飛距離
ヘッドスピード38m/s 185ヤード前後
ヘッドスピード 40m/s 190ヤード前後
ヘッドスピード 42m/s 200ヤード前後
ヘッドスピード 45m/s 215ヤード前後

 

ミート率 ~1.45くらい、またはミート率1.45以上になると、ヘッドスピードが遅くても飛ばせます。私が実際に測定した飛距離は以下の通りになります。

ヘッドスピード 飛距離
ヘッドスピード38m/s 220ヤード前後
ヘッドスピード 40m/s 232ヤード前後
ヘッドスピード 42m/s 240ヤード前後
ヘッドスピード 45m/s 254ヤード前後

ミート率が0.01高くなると、約5ヤード~8ヤードくらいの飛距離アップができます。これは、私実際に測定をしたデータを基に算出しました。ですから、使用しているドライバー、ヘッドスピード、気温、湿度によって異なるかもしれませんが、参考にはなるはずです。

ミート率 0.01 = 飛距離5ヤード~8ヤード

ヘッドスピード 41.93m/s ミート率1.44 というパフォーマンスで、飛距離は245.19ヤードをマークすることができましたので、ヘッドスピードが40前後でも220ヤード以上、230ヤード以上の飛距離を飛ばすことができます。

 
 

ミート率を高めて飛ばすコツ

高いミート率で飛ばすには、腕を振らないことが大切です。ヘッドスピードが速い方が飛ばせるからといって、腕を振ろうとすると、アウトサイドイン軌道になりやすいですし、ヒール側でボールを打ちやすくなります。また、腕を速く振ることがヘッドスピードの速さではありません。

たまに、練習場で打点を確認するためのシールを貼って練習をしている人が居ますが、とても大切なことだと思います。自分の打点を確認することも大切です。

ミート率を高めて飛ばすコツ

  • 腕は振らない
  • 腕を振るとアウトサイドイン軌道になりやすい
  • 腕を振る速さがヘッドスピードじゃない
  • 身体の前から腕を外さない
  • コックを保って、クラブを下してくる
  • ボールを飛ばしたい方向にシャフトを振る
  • フェースの真ん中で打つ

以前、書いたのですが、レディス用のドライバーで練習をして、上述したことを覚えました。レディス用のドライバーはシャフトが短いので、とても振り易いです。3番ウッドと同じくらいの長さなので、練習にはピッタリなのです。脇を締めて、手元を引き付けて、クラブ最下点を確認することもできますし、最下点を感じながらドライバーでダウンブローで打っていくイメージを掴みやすいです。

練習って嘘つきませんね。
地道な練習を続けることが、実は近道なんですよね。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン