飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ミート率を上げてドライバーの飛距離アップを目指す練習

スポンサーリンク

最近、雨が続いており、なかなかゴルフに行けなくて、モヤモヤした気持ちになってきますね。とりあえず、練習は続けております。練習を続けていると、不思議と成果が出てきますね。練習は嘘つかないと言いますけど、本当ですね。雨が続いて、ゴルフに行くのは、お休みしていたので、毎日のように練習をしているのですが、少しずつ成果があらわれてきます。ヘッドスピードは速くないし、飛ぶタイプじゃないので、ミート率を上げるための練習をしています。

飛ばそうと思って、振るとヘッドスピードは遅くなる

当たり前このことですが、飛ばそうと思って速く振ると、逆にヘッドスピードが遅くなります。私のようなアマチュアゴルファーの最大の勘違いとしては、速く振れば、ヘッドスピードが速くなると思っている点ですね。

速く振るというのは、腕を振るということになり、ヘッドスピードは腕を振る速さになってしまいます。すると、スイング軌道がズレてしまって、アウトサイドからクラブが入ったり、コックが早めに解けてしまったりなど、ヘッドスピードを速くすることとは、真逆の動作になってしまいます。

振るというよりは、クラブを落としてくるイメージ

トップスイングを作ったときに、グリップエンドを飛球線とは逆の方向へ押し出す感じにするとか、グリップエンドを立てて、引き下ろしてくると良いと言われることもありますが、どちらも同じようなイメージです。上手な人は、そんな細かなことを考えなくても、下半身からダウンスイングを始動すれば、自然と腕が巻き込まれていくという人も居ます。

 

グリップエンドを立てて下してくることができると、自然と手元が身体の近くに引き寄せられて、脇も締まりますし、手首の角度を保ちながら、我慢していると、自然とシャフトが撓ります。手元を引き寄せてくることも大切ですが、シャフトの撓り具合で、インパクト時にボールに伝えるエネルギーが変わると思います。撓り戻りが大きくて、速ければ、シャフトの撓り具合でボールを弾き飛ばすことができます。ですから、私の場合は、トルク多めのシャフトが好きです。

 
捻転をすると、胸が飛球線とは真逆に向きます。胸が飛球線と真逆を向いているまま、グリップエンドを垂直に下してくるイメージとなります。ボールを直接打とうするのではなく、身体と腕とクラブを同調させるイメージです。

ミート率を高めるオススメ書籍
ゴルフスイングの縦の動き、横の動きを覚えるには、コンバインドプレーンがオススメです。ゴルフスイングは縦の動作と横の動作をシンクロさせて成り立ってます。

 

次のページは、打ててないとき
1 2 3 4 5 6 7 8 9
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン