飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

タイガー・ウッズのスイング分析

 

タイガー・ウッズのスイング

スポンサーリンク

2019年 マスターズで優勝をして、完全復活をしたタイガー・ウッズのゴルフスイングに興味を持つのは当たり前かもしれません。理由は簡単で、勝てるスイングだからです。タイガー・ウッズのスイングは、スタック&チルトがベースとなっていますが、怪我の影響、フィジカル面の強化により、独特で個性的なスイングとなっています。

 

アドレス

スイング軸が真ん中、両足均等に体重を置いています。完全にスクエアというイメージが伝わってくるアドレスです。普通にゴルフスイングをすれば、股関節に体重がのります。それをタイガー・ウッズは太腿で受け止めるタイプのスイングです。なので、太腿の筋肉がとても発達しています。

 

テイクバック

下半身がほとんど動きません。左肩を下の方に回し込んでいくようなテイクバックとなっています。あまり紹介されていませんが、タイガー・ウッズは肩周りの筋肉、背中の筋肉が発達しており、強い体幹だけでテイクバックを始動させています。

体重を右側に移動させない、1軸スイングとなっています。
スタック&チルトの動きが部分的に取り入れられているスイングです。

下半身リードでテイクバックをしているのですが、腰が回転しているのが殆ど判りません。

 

トップスイング

腰は回転してないように見えても、けっこう回転しています。右側の股関節はしっかりと回旋しており、お尻が飛球線を向いています。

トップスイングでは股関節に体重がのりますが、タイガー・ウッズの場合、筋力が発達した太腿で体重負荷を吸収しています。腰を回転し過ぎず、上半身と下半身の捻転差を大きくしようとしています。また、背中の筋肉が発達しているので、背筋のパワーを活かしたスイングとなっています。

右脚を固定させて、腰に深い回転ができるようにしています。左側に体重を乗せてスイングをする、右脚を伸ばして、股関節を深く回旋させるという、1軸スイング、スタック&チルトの要素が見られます。

コンパクトで無駄が無いトップスイングとなっており、小さな動作で大きな捻転差が作られるスイングとなっています。これは、かなりの筋力が無ければ実現が難しいスイングです。

 

ダウンスイング

タイガー・ウッズ独特の少し沈み込むダウンスイングとなります。左脚の踏み込みと粘りと右脚の蹴りにより腰を回転させて、腕とゴルフクラブを引き下ろしてきます。手首のコックしっかりと保っています。腰の回転は少ないものの上半身が大きく回転しています。逆に言えば、下半身の少ない動きで、大きな捻転差を作っているということになります。

 

インパクト

ビハインドザボールの姿勢がつくられており、左腕、左手、ゴルフクラブ、左脚が一直線となる美しいインパクトです。アドレスのときよりも若干ですが頭が左側(飛球線とは逆方向)に置かれており、美しいインパクトとなっています。

 

フォロースルー

捻転のエネルギーを活かして、振り抜いたときの慣性のまま腕を高く上げていきます。イラストでは判り難いですが、以前のように両腕を振るという感じではなく、コンパクトに畳み上げるというフォローとなっています。そうすることで、スイングをコンパクトにできますし、ヘッドスピードを加速させることができます。スタック&チルトの変形バージョンです。

 

フィニッシュ

全身が伸び上がって左足1本で自然で立てています。以前は体を反らすようなフィニッシュでしたが、最近は反り返らない、真っ直ぐ立ち上がったフィニッシュとなっています。また、以前は左足がもっと捲れてしまう状態でしたが、最近は左足の捲れが少なくなっており、足腰、膝に負担がかからないコンパクトなスイングになっているのが判ります。

 

タイガー・ウッズのヘッドスピード、飛距離、ミート率など

最近の若手の選手には飛距離で負けますが、フェアウェイキープ率がとても高くなっています。飛ばすよりも、安定したティーショットを信条としているように感じます。

  • 平均ドライビングディスタンス:299.6ヤード
  • ヘッドスピード:52.92m/s
  • 平均ミート率:1.442
スポンサーリンク

タイガー・ウッズのスイングは、十分な筋力やパワーがあるからこそ実現できるスイングです。そのままコピーすることは、とても難しいと思います。ただ、ゴルフスイング全体の軸の保ち方、小さな回転で大きな捻転差を作ることやコンパクトなスイングというのは取り入れていくと良いかなと思いました。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン