飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングは肩の回転で腕が上がる

ゴルフスイングでは、どうしても腕とゴルフクラブを上げようとしてしまいます。上げようとしなくても、前傾姿勢を保ったまま、肩を回転させてくれば、自然と腕とゴルフクラブが上がってきます。これは、前傾姿勢と肩の回転と腕の動作が連動して成り立っており、これを理解することでシンプルでコンパクトなスイングで打てるようになります。

 

前傾姿勢を保つ

肩の回転で腕・ゴルフクラブを上げるコツとしては、前傾姿勢を保つことです。前傾姿勢を保つことで、自然と肩が縦方向に回転をしやすくなります。肩に腕が連動しているので、肩が縦回転をすれば、自然と腕が上がるという考え方です。前傾姿勢というのは、ライ角とも言い替えることができます。そして、肩が縦回転して、腕が上がるというのは、ゴルフスイングでいうところの肩の回転というのは水平回転ではないということです。

ゴルフスイングでの肩の回転は、水平回転ではない、縦回転であるということがポイントとなります。

 

肩を回転することで腕とゴルフクラブが上がる

スタック&チルトでも推奨されていることなのですが、肩を回転させることで腕とゴルフクラブが上がります。

肩を回転させて、腕とゴルフクラブを上げるコツとしては、テイクバックでは左肩が下に向かって回転をしていきます。顎の下に左肩が入るというイメージです。右肩は逆にアドレスの位置よりも上に向かって回転していきます。

バックスイングからトップスイングにかけて、左肩が下に回転するので、左肩が顎下に入ります。
ダウンスイングからフォロースルーにかけて、右肩が下に回転するので、右肩が顎下に入ります。

スポンサーリンク

前傾姿勢を保って、肩を縦回転するというイメージだけではなく、打とうとしているゴルフクラブによって前傾姿勢が変わってきますし、ゴルフボールに対して入射角にも影響を及ぼしてきます。特には、ゴルフクラブの長さによって前傾姿勢が変化してきます。無理して肩を縦回転させる必要はありません。肩が縦回転する理由としては、前傾姿勢があるからです。ですから、前傾姿勢が深くなると、肩の縦回転も深くなっていきます。

ドライバーなどの長いクラブと前傾姿勢と肩の縦回転

ドライバーの場合、前傾姿勢が浅くなりますから、肩の回転は水平に近くなってきます。といっても、水平回転するのではなくて、水平に近いということです。なので、横から払い打つイメージが強くなり、緩やかな円弧によるアッパーブローで打つことになります。

ドライバー、フェアウェイウッドなど長いゴルフクラブの場合、肩は自然とフラットで水平に近い回転となります。

アイアン、ウェッジなどと前傾姿勢と肩の縦回転

アイアン、ウェッジなどは前傾姿勢が深くなりますから、肩の回転はドライバーよりも縦回転になります。また、アップライトなイメージで打つことができるので、ゴルフボールに対して、上から打つ、ダウンブローで打ち込むイメージを持つことができます。

アイアン、ウェッジなど短いゴルフクラブの場合、肩は自然とアップライトで縦に回転します。

 

使用するゴルフクラブと前傾姿勢と肩の縦回転の関係

使用するゴルフクラブ 前傾姿勢 肩の回転
ドライバーなど
長いクラブ
前傾姿勢が浅い 肩はフラットな回転
アイアン、ウェッジなど
短いクラブ
前傾姿勢が深い 肩はアップライトな回転

 

肩を縦回転しようとするとミスショットする場合

肩を縦回転しようとしてミスショットする場合、ゴルフクラブの長さと前傾姿勢が合ってないことが多いです。例えば、ドライバーショットをする場合、不安があるからなのか、ドライバーを自分の身体に引き付けて、無理やりアップライトで打とうとしている場合、テンプラしたり、ボールが左方向に飛んでしまうことがあります。

これは、ドライバーという長いクラブにも関わらず、アイアンのようにアップライトな打ち方をしようとしているからです。アイアンの場合、前傾姿勢を保てば自然とアップライトで肩は縦回転するのにも関らず、わざとフラットにして払い打ちにしようとするとミスショットしやすくなります。この場合、アイアンにも関わらず、ドライバーのようにフラットな打ち方をしようとしているからです。

 

腕のチカラも必要

ゴルフスイングでは、腕のチカラは不要だとか、腕を使わないと言われますが、実際のところ腕のチカラに頼らなければゴルフクラブを上げることは難しいです。左腕のみでゴルフクラブを上げるのは難しいです。右腕を添えるようにしながらも、右腕のチカラに頼ってゴルフクラブを上げています。

腕のチカラに頼り切ってしまうと、スイング軌道がズレてしまい、ミスショットの原因になりますから、右腕は使わない、腕にチカラを入れないと言われていますが、右腕のパワーがなければ、ゴルフクラブを上げることはできません。

スポンサーリンク

前傾姿勢を深くすることで、肩は自然と縦回転をして、腕とゴルフクラブが上がるという説明をしましたが、実際のところは右腕のチカラを頼っていたりもします。右腕を使うのは良いのですが、今度は右肘を畳むか伸ばすかだけで、左腕の補佐をして、腕とゴルフクラブを上げるという動作となります。この辺りは、右腕と右肘の使い方となりますので、また次回解説していきます。

ひとまずは、使用するゴルフクラブによって前傾姿勢が決まります。前傾姿勢を保ったまま、肩を回転していくことで、前傾姿勢の深さに合わせて肩が縦回転をしするということを覚えておくことが重要です。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン