ゴルフは哲学 YouTubeチャンネル
飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
PUMA(プーマ)2020年新作
CONTENTS MENU
 

リョーマゴルフ MAXIMA Ⅱ TYPE-D ドライバー 試打

 

リョーマゴルフ MAXIMA Ⅱ TYPE-D

リョーマゴルフの最新モデル マキシマⅡ ですが、ルール適合モデルです。だけど、高反発ドライバー並に飛ばせます。というよりも、リョーマゴルフの方も高反発並に飛ばせるルール適合モデルにシフトしていくのかもしれませんね。

かなりドローバイアスが入っており、ボールが捕まりやすくなってます。構えると、ややフックフェースとなってます。装着シャフトによっては、ボールが捕まりすぎる傾向があります。が、スライスが多い人は、スライスを減らせるので、かなり強い味方になってくれるドライバーです。

スポンサーリンク

とにかく、リョーマゴルフのドライバーは、低スピンで棒球が打てます。無駄なスピンを減らして、ボール初速がはやくて、飛ばせます。あまりにも低スピンなので、ボールが上がり難く感じることがあるかもしれません。そのような場合、ロフト角の選択を間違わないようにしなければいけません。

最近のドライバーにしては、珍しくディープフェースっぽいフェースです。フェース高さがあります。フェースの真ん中より少し上でインパクトできると、高弾道+低スピンなボールが打てます。

リョーマゴルフの最新モデルのドライバーです。ドローバイアスが入っており、インパクトではヘッドが返りやすく、ボールを捕まえてくれます。リョーマゴルフらしい、低スピンで、強いボールが打てます。

また、専用シャフトが用意されており、ヘッドの性能を最大限に活かせる設計となってます。ヘッド自体が低スピンが打てるところに、低スピンで飛ばせるシャフトを装着させて、ヘッドとシャフト共に低スピンで棒球が打てるようになってます。

気に入らな点としては、グリップが細いという点です。私が手が大きいというのもあるのですが、ちょっと握り難いというか、スッポ抜けてしまいそうな感じでした。

 

Tour AD RM-2 装着モデルを試打した感想

Tour AD RM-2 を装着したモデルは、振りやすく、ある程度のパワーとヘッドスピードで打てる人向けであると感じました。中調子のシャフトとのことですが、一般的な中調子のシャフトよりもヘッドが走ってくれる感じがありました。意外と撓りやすい印象です。もしかしたら、撓りが大きくてスライスが増えてしまう可能性もあります。

Tour AD RM-2 スペック

  • 長さ:45.25インチ
  • キックポイント:中調子
フレックス シャフト重さ トルク 総重量 バランス
6S 63 4.1 315 D2
5S 55 4.5 307 D2
SR 48 4.7 296 D1.5
R 46 4.8 295 D1
R2 42 5.0 290 D1

 

Tour AD RM-2 装着モデル 購入

Tour AD RM-2 シャフトが装着された中古です。

 

BEYOND POWER Ⅱ 装着モデルを試打した感想

ぶっちゃけ、飛びます!
忖度抜きで飛びます!

BEYOND POWER Ⅱ を装着したモデルは、46インチとのことで、クラブ全長が長いので、それだけでヘッドスピードが速くなります。また、クラブ総重量が軽いのでとても振りやすいです。本当に低スピンなので、ロフト角は10.5度、11.5度がオススメです。

中調子とのことですが、手元側がしなりやすく、手元側から先端にかけて全体が撓るイメージがあります。これにより、無駄な力が入っても、打ち急いでも、キャストし難くなっており、トップでシャフトがタメを作ってれます。

スポンサーリンク

また、シャフトの撓り戻りにより、かなりボールが捕まりやすく、ドローボールが打ちやすいです。

BEYOND POWER Ⅱ PLUSは、もうすこしシャフトが重くて、しっかりしたスペックとなってます。
ページ下部にてスペックを紹介してます。

もうひとつ、BEYOND POWER Ⅱ LIGT という軽量シャフト装着モデルもあります。

カタログ表記では、中調子と紹介されてますが、実際は手元側が撓りやすくなっており、手元側からシャフト先端にかけて、全体が撓ってくれる感触がありました。粘って、分厚いインパクトで打てます。

BEYOND POWER Ⅱ スペック

  • 長さ:46インチ
  • キックポイント:中調子
フレックス シャフト重さ トルク 総重量 バランス
46 5.1 289 D1

BEYOND POWER Ⅱ PLUS スペック

シャフト重さが51グラム、総重量約300グラムとなります。ヘッドスピード40m/sくらい出せる人は、こちらのシャフトの方が、ある程度の重さを感じて振りやすいかもしれません。

フレックス シャフト重さ トルク 総重量 バランス
51 4.8 300 D2

 

BEYOND POWER Ⅱ 装着モデル 購入

BEYOND POWER Ⅱシャフト装着モデルの中古です。

BEYOND POWER Ⅱ PLUS シャフト装着モデルの中古です。

リョーマゴルフ MAXIMA Ⅱ TYPE-D 試打評価

個人的には、BEYOND POWER Ⅱ(46インチ)装着、ロフト角9.5度がもっとも飛ばせてました。かなり低スピンなボールが打てるのでロフト角は10.5度でも良いかもしれません。

一応、リョーマゴルフの概念としては、高弾道が打てた方が低スピンな棒球でボールが前にいくということから、ロフト角11.5度でも良い結果が得られる可能性があります。色々なスペックのドライバーを試打させてもらうと良いです。

トラックマンなどで計測をしてませんが、ヘッドスピードも平均43m/sくらいは出せてました、中段道で低スピンで棒球が打ててました。コースで打てば、かなりランが出せる感じでした。

キャリーでも飛距離アップできますが、どちらかというとキャリーとラン、トータル飛距離アップが狙えるドライバーであると感じました。

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン