飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ランニングアプローチのコツ | アプローチは無難に転がす方がよい

更新:

 

転がすアプローチ、ランニングアプローチ

転がして寄せるアプローチは、ランニングアプローチと言います。
キャリーが少な目で、ラン(転がす)が多いアプローチです。
主には、グリーンエッジからカップまで距離がある場合に有効的な寄せ方です。

 

アプローチで転がす距離感

ランニングアプローチの距離感は、何度か練習をして転がる距離を把握することが大切です。また、ランニングアプローチで使用するゴルフクラブを決めてしまうというのも良い方法です。ウェッジを使ってみたり、別のサンドウェッジを使ってみたりと、ゴルフクラブを使い分けることも大切ですが、ゴルフクラブ毎の距離感が把握しきれなくなります。

 

アプローチで転がす打ち方

転がす打ち方は、スタンスを狭くして、ボールを真ん中に置いて、肩で腕を振るような感じで、優しくボールにコンタクトさせるイメージです。どちらかというとパターのストロークに近い感じです。飛ばすというよりは、転がすというイメージです。ですが、ウェッジなどはロフト角が付いているので、自然とキャリーします。

転がすには8番アイアン、9番アイアン、PWを使うと良いです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

必ずウェッジを使う必要はありません

アプローチは、必ずしもウェッジを使う必要はありません。ウェッジの方が、スピンが掛かってしまって、ボールが止まってしまい、寄せきれないこともあります。そのようなことを考えて、使用するクラブを選択することが重要です。

チッパーを使うのもアリ!

アプローチは難しいので、チッパーを使うのもアリです。パターのようにストロークをすることで、ボールを寄せられるクラブです。ロフト角も各種ありますし、ウェッジでザックリやってしまいそうで不安な人には、チッパーが向いてます。

 

ボギーオンになるゴルファーは、アプローチが大切

レギュレーション通りボールをグリーンに乗せられることが出来なければ、要となってくるのがボールをグリーンに乗せる、または寄せるためのアプローチです。グリーンに乗せるというよりは、カップに寄せるためのアプローチが必要になるということです。私はもともと飛距離が出ないほうなので、PAR4ミドルで380ヤード越えるようなホールであれば、けっこう距離があるホールだなと思ってしまいます。

PAR4ミドルで380ヤード越えるようなホールということは、ティーショットはミスをすることなく、しっかりと飛ばしておかないといけません。そして、私の飛距離ではセカンドショットではグリーンまで150ヤード程度は残るだろうと思います。

グリーンまでの150ヤードをしっかりと打てるのかどうか・・・グリーンを外すこともありますし、グリーンに乗せられるときもあります。その確率が高くなければいけませんし、確率を上げるための練習をしなければいけません。諦めとかではなくて、PAR4ミドルで380ヤード越えるようなホールは本当に距離があるミドルホールだなと思いますし、ボギー覚悟をして挑みます。

ということは、既にレギュレーション通りのゴルフが出来ないということになります。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

セカンドショットでウッドなどで飛距離を縮めるか、グリーンを果敢に攻めるのも良いかもしれませんが、無謀な挑戦はトラブルの元ですので、3打目勝負を覚悟します。3打目勝負ということは、アプローチで寄せることが求められます。そして2パットとなればボギーとなってしまいますので、出来る限り1パットでおさめられるような努力をします。

スコアをまとめる要となるのは、アプローチとパター

スコアをまとめる要となるのは、飛距離だけではありません。アプローチとパターです。つまるところ、ショートゲームです。最終的にゴルフボールをカップインさせることで、スコアを作りますから、アプローチで寄せて、パターでカップインさせるというショートゲームが重要となります。ショートゲームの重要性に気付いて、巧みなアプローチと抜群の感性でパッティングできれば、ショットが悪くてもスコアは作れます。

100切りゴルファーは、ショートゲームを磨け

とくにスコア100切り目指すゴルファーは、ショートゲームを磨けば、5打~8打くらいは簡単にスコアを縮めることができます。

 

1パットでおさめられるようなアプローチをする

1パットでおさめられるようなアプローチをするためには、アプローチのしやすい場所にセカンドショットを打っておかなければいけません。 そのためには、アプローチのしやすい場所にボールを運ぶためのセカンドショットが打てるところへティーショットを打たなければいけないということです。次のショットのことを考えて、逆から考えるとゴルフは判りやすいですね。

ゴルフはショットの連続ですから、ティーショットから考えるのではなく、カップから、グリーンから考えるということもなかなか気付きが得られますね。アプローチは転がすのが最善・・・という意味はよく判ります。

どうしてもグリーン周りでの処理は、ボールを上げたアプローチの方が、見栄えが良いといかカッコイイというか、上級者っぽい雰囲気がします。だから、ボールを上げようとしてしまうんです。それが、いけないのでしょうね。

 

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン