飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングで右手を使うコツ

ゴルフスイングでは左主導、左リードとか言われて、右手を使わないように言われてきましたが、それは本当なのか追及していきます。

 

ゴルフスイングでは左主導、左リード

ゴルフスイングでは左主導、左リードと言われます。これは一理ありますが、勘違いやすい言葉でもあります。左主導、左リードという言葉からは右手(右腕)を使わないイメージが強くあります。そうなんです、利き手である右手(右腕)を使わないようにしようという考えを伝えるための言葉です。実際のところスイング軌道がズレてしまったり、ボールの手前でダフってしまうことの原因の多くは、右手(右腕)に力が入ってしまっていることが多いです。

 

左手はハンドル、右手はアクセル

右手を使うコツを知る前に、「左手はハンドル、右手はアクセル」と言われている理由を紹介します。

昭和の時代に出版されたゴルフ書籍に書かれていることが「左手はハンドル、右手はアクセル」です。何だか聞いたことのある言葉ですよね。ネットで、「左手はハンドル、右手はアクセル」で検索すると沢山の情報がヒットしてきますが、昭和の時代から存在する概念であり、申し訳ないのですが新しいゴルフスイング理論でもなかったりします。ずっと、昔から言われていることです。

スポンサーリンク

昭和の時代に出版された書籍

こちらの昭和の時代に出版された書籍に書かれている、「左手はハンドル、右手はアクセル」の内容としては、色々と枕詞がありますが、それらを省くと、「左脇を締めて左手でスイング軌道を決めつつ、右手で押し込む」という打ち方になります。

左手ストロンググリップ、右手ウィークグリップで握れて、自然とそのような打ち方になりますから、左手はハンドル、右手はアクセルというのは、あまり気にしなくても良い時代になってきように感じます。

左手(左腕)手動と言いながらも、ゴルフに慣れてくると右手で押し込んでいる感覚というのは、昭和の時代も、平成の時代も、令和の時代に入っても変化の無いものであり、時代が移り変わっても、大きく打ち方が変わることではないということです。

 

右手で打った方が飛ばせる

右利きの人がゴルフボールの前でアドレスすると、飛球線とゴルフボールに対して、右手(右腕)の方が後方にあります。左手(左腕)の方が前にあります。

この関係がゴルフスイングに大きな影響を与えているということを知ると、ゴルフスイングの概念や考え方が変わってきます。

片手打ちスイングを練習してみると判るかと思いますが、左手(左腕)で打ったときよりも右手(右腕)で打った時の方が飛ばせます。これは、右手(右腕)が利き手で器用なことができるという理由もあるかと思いますが、最大の理由としてはゴルフスイングの軸とゴルフボールに対して、右手(右腕)の方が後ろにあるからです。後方から振った方が、慣性の法則が活かされます。なので、左利きの人でも右打ちの場合、右手(右腕)で打った方が飛ばせます。

似たような症状としては、左足体重だとボールが上がり難くなります。
が、右足体重だとボールが上がりやすくなります。

スポンサーリンク

ゴルフクラブも慣性モーメント重視

ドライバーヘッド、アイアンヘッドも同じような構造となっており、ヘッド後方にウェイトを配置することで、後方からゴルフボールを打ち押せるようになっており、これもまた慣性です。

両手・両腕の役割

左手はハンドル、右手はアクセル というのは、左手(左腕)の役割としては軌道を決定する、右手(右腕)は力強くゴルフクラブを振るという役割があるということであり、左手(左腕)と右手(右腕)が一対となって成り立っているということになります。

 

ゴルフスイングで右手(右腕)を使うコツ

右手(右腕)を使うコツはグリップ(握り方)にあります。

左手ストロング(フックグリップ)で右手ウィークグリップにすることで、右手を使いやすくなります。右手のウィークグリップの親指の添え方で右肩が入りやすくなり、インパクトからフォロースルーにかけては右手を強く使えるようになるからです。

冒頭で書いた「左手はハンドル、右手はアクセル」というのは、一理あります。ですが、タイガー・ウッズが英語で自身のスイングを紹介している文節には、このような単語が登場します。「 Left Arm Guide 」 つまり左手(左腕)はガイドの役割があるとしています。

左手(左腕)はガイド(案内)となるので、スイング軌道を決定づけるための動作をしているということになります。冒頭で書いた「左手はハンドル、右手はアクセル」に近いですし、私たちがよく耳にする左主導、左腕リードという言葉に似てます。ですが、右手(右腕)を使わない意味ではなくて、むしろ積極的に右手(右腕)を使うための言葉です。

話が逸れましたが、ゴルフスイングで右手(右腕)を使うコツは、左手ストロング(フックグリップ)で右手ウィークグリップで握ります。左腕は伸ばしたままとなります。右肘は、テイクバックでは右肘を積極的に曲げて、畳んで、トップスイングをつくります。ダウンスイングは逆に右肘を伸ばしていきます。右肘の屈曲と伸展こそがスイングパワーとなりますし、この動きこそが右手アクセルの意味となります。

左腕は伸ばしたままでガイドの役割をして、右肘は屈曲と伸展を行って上げ下ろしを行うということです。

肘の曲げ伸ばしをするためには運動の源となる主動作筋を使いますから、強い力を発揮することができます。ですから、右肘の屈曲と伸展はゴルフスイングには必要不可欠な動作であり、これがあるからこそボールを飛ばすことができます。この辺りは、またヘッドスピードを速くする筋力という記事を書く予定なので、そこで詳しく説明をする予定です。

右手(右腕)を使おうとすると、右肩が入りやすくなり身体が開いてスライスが増えたりすることがあるので、はじめは飛ばそうとせずに、丁寧にボールを打つように試してみると、感覚が掴めるようになります。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | 飛ぶアイアン