飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

フライングエルボーで飛ばす | 禁じられたスイング

更新:

右脇をあけて、高いトップで、オーバースイングな打ち方は良くないと言われていますが、実際にやってみるとけっこう飛ばせます。フライングエルボーでオーバースイングで飛ばすコツとフライングエルボーを治す方法を紹介してます。

 

どうしてフライングエルボーなのか?

脇を締めてコンパクトに打とうと思っていたからなのか、どうもスイングアークが小さくなっている感じがしました。ゴルフラウンド中もスイングが小さくなっているような気がして仕方がありませんでした。ゴルフクラブが加速する感じがしない、インパクトが弱いと思ってきたときに、練習場で手首のコックを深く入れて振ってみようと思ったところから始まりました。

フライングエルボーにしてみたら

フライングエルボーで、オーバースイング気味にしたところ、大きなスイングアークにすることができました。フライングエルボーでオーバースイングにすることで、ゴルフスイングの完成モーメントを高めることができるので、強いインパクトが実現できます。アイアンもフェアウェイウッドもドライバーも大きなアークを描いて振れるようになってきました。

振るというか、振られるというか、自然と大きな円を描いてくれて、強いエネルギーを蓄えて、ボールにヒットできます。トップスイングをしたときに、オーバースイング気味になっているので、ドライバーヘッドが一周して、左側の視界に入ってくることがあります。それくらいに、オーバースイングにしてみました。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

フライングエルボーで飛ばすときのグリップ

フライングエルボーで飛ばすときのグリップ(握り方)は、私の場合はウィークグリップで握っています。その方が、手首に自由度を持たせることができるし、大きくコックを使うことができます。

左足の踵を上げて完全に体重移動する

オーバースイングで飛ばすコツとしては、左足の踵を上げて、完全に右側に体重移動をします。そうすることで、いつもよりも深い捻転と高いトップスイングを作りやすくなります。重いモノを持ち上げて、振りますような動作に近いイメージとなります。

 

フライングエルボーの治し方

右脇があいてしまって、オーバースイングになってしまうのを治すコツの紹介です。従来のスイングとフライングエルボーでオーバースイングを比較すると、その違いは一目瞭然です。右脇があいてしまって、右肘が高くあがり、シャフトがクロスになってしまいます。

右脇が大きく空いてしまって、フライングエルボーになってしまうのを治したいという場合は、脇を締めるコツを掴むと良いです。脇を締めて、身体と腕(ゴルフクラブ)を同調させてスイングをすると、右脇が大きくあいてしまうのを防ぐことができます。

 

フライングエルボーで飛ばす注意点

フライングエルボーでオーバースイングの場合、ゴルフクラブが戻ってくるまでに、時間が掛かります。時間が掛かるといっても、コンマ何秒の世界なのですが、今までのスイングに比べて、ゴルフクラブが戻ってくるのを待つ時間が増えます。この感覚は、自分でやってみて、掴むしかないと思います。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

フライングエルボーの危険なところ

もちろん、このままだとトップスイングでシャフトがクロスしてしまったりするので、右脇の開きは抑えつつ、オーバースイングなところも抑えつつ、適度な感じにすることが大切ですね。やり過ぎると、ゴルフクラブが戻ってこなくなってしまいます。

また、オーバースイングになるということは、回転軸からゴルフクラブヘッドが離れていき、大きな円弧を描くことになるので、ヘッドスピードを速くし難くなります。フライングエルボーでオーバースイングにしながらも、手元を引き付けることができれば、ヘッドスピードを加速させることができます。

 

フライングエルボーで飛ばすプロゴルファー

フライングエルボーでオーバースイングな打ち方をするぷゴルファーの紹介です。個性的なゴルフスイングですが、オーバースイングで打つゴルファーは、ハードヒッターで飛ばし屋が多いです。

フレッド・カプルス

フレッド・カプルスが参考になりますね。シニアゴルファーになった今でも、かなり飛ばすゴルファーです。日本人の男子プロゴルファーよりも飛ばしてきます。しかも、グローブつけずに。最近は、昔ほどオーバースイングじゃないような感じで、コンパクトなスイングになってきている感じです。

 

ジョン・デイリー

やっぱり、この人はスゴイですね。巨漢なんですが、柔軟性のある身体から繰り出されるオーバースイングは、迫力があります。ダウンスイングからは、右肘が身体に巻き込まれていくのがよく判ります。

 

バッバ・ワトソン

レフティーなのですが、オーバースイングの典型的なパターンです。

 

横峯さくら

女子ゴルファーで、オーバースイングといえば、横峯さくらさんですね。ドライバーが完全に回転しきってしまいます。そこから、戻してくるのがスゴイですね。ヘッドスピードもそれほど速くありませんから、私のようなアマチュアゴルファーにとっては、とても参考になります。

右脇を締めずに、フライングエルボーでオーバースイングな打ち方は良くないと言われています。
ダメだと言われていることをやってみるのもアリですね。

日々、精進
がんばります

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン