飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ウィークグリップとストロングリップの勘違い

更新:

ゴルフクラブの握り方・グリップで、ウィークグリップとストロンググリップがあります。この2つの握り方・グリップの違いと勘違いを紹介します。勘違いを知ることで、自分の打ち方と、自分に合った握り方・グリップを見極めることができます。

 

ウィークグリップの特長

手の甲が飛球線方向を向く握り方です。
フェードボールが打ちやすい、スライスしやすいと言われています。

ウィークグリップの特長

  • フェードボール、スライスが打ちやすい
  • フェースが開きやすい
  • 手首を動かしやすい
スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

フェードボールが打ちやすい、スライスしやすい意味

ウィークグリップは、フェース面が開きやすい握り方となります。なので、フェードボールが打てる、スライスしやすいと言われています。ですが、手首が動かしやすいので、自分でリストターンして、ヘッドローテーションできる人の場合は、ドローボールが打ちやすい握り方です。必ずしもウィークグリップは、スライスするとは言い切れません。

ウィークグリップは、自分でヘッドを返して打つ人に向いてる

ウィークグリップは、手首に自由度がありますので、自分でヘッドローテーションをするような打ち方をするゴルファーに向いています。というよりも、昔はヘッドが小さくて、ヘッドローテーションしやすいドライバーが多かったです。なので、昔のドライバーを使っていたという人は、ウィークグリップで打つ人が多いです。

なので、ジャンボ尾崎さんとかは、ウィークグリップですね。

 

ストロンググリップの特長

手の甲を上から被せたような握り方です。
ストロンググリップは、別名フックグリップとも呼ばれています。
ドローボールが打ちやすい、フックしやすいと言われています。

ストロンググリップの特長

  • ドローボール、hookが打ちやすい
  • フェースが閉じやすい
  • 手首を動かし難い
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

ドローボールが打ちやすい、フックしやすい意味

ストロンググリップは、フェース面が閉じやすい握り方となります。なので、ドローボールが打てる、フックしやすいと言われています。自分でリストターンしない、ヘッドローテーションをしなくても、それなりにボールを捉まったボールが打てる握り方です。手首を使わずに、ボディターンでフック系のボールが打てます。

ストロンググリップと現代的なドライバーとの相性

ストロンググリップは、ヘッドローテーションしやすいグリップ(握り方)です。ヘッド体積が460ccというデカヘッドで重心距離が長くて、捉まりが悪いといわれているドライバーを打つには、最適なグリップ(握り方)です。

 

ウィークグリップ、フックグリップとドライバーの相性

時代の流れと共に、ドライバーも変化しながら、進化してきました。ヘッドが小さかったのが、最近ではヘッド体積460ccが当たり前となりました。ヘッドが大きくなれば、重心距離が長くなり、捉まりが悪くなります。それに対応するグリップ(握り方)が必要となりました。

ウィークグリップに向いてるドライバー

  • ウィークグリップは、重心距離が短いドライバー向けの握り方
  • 重心距離が短くて、捉まりの良いドライバーを打つときに向いている握り方です

フックグリップに向いてるドライバー

  • フックグリップは、純真距離が長いドライバー向けの握り方
  • 重心距離が長くて、捉まりが悪いドライバーを打つときに向いている握り方です

重心角(重心アングル)が大きく入ったドライバーを打つとき

最近は、重心距離が長くても重心角(重心アングル)が大きくして、自然とヘッドローテーションしてくれる、捉まりの良いドライバーが増えています。このようなドライバーを使うときに、ストロンググリップで打つと、強烈なチーピンが発生することがありますので、注意して下さい。

ドライバーの構造が捉まる、グリップ(握り方)も捉まる、という打ち方の場合は、完全にフック系のミスが出やすくなります。

 

ウィークグリップとストロンググリップの勘違い

ウィークグリップとストロンググリップの勘違いを知ると、自分の持ち球を決めやすくもなります。色々と試してみて、参考にしてみて下さい。

ウィークグリップは、ドローボールが打てる

ウィークグリップは、フェードボールが打ちやすい、スライスしやすいというのは、一理あります。ただ、自分でヘッドローテーションができるゴルファーの場合、ウィークグリップの方がドローボールが打ちやすいです。ウィークグリップは、フェース面が開きやすいので、手首を使って、ヘッドローテーションを入れることで、ドローボールが打てます。

ストロンググリップは、フェードボールが打てる

ストロンググリップは、ドローボールが打ちやすい、フックしやすいというのは、これも一理あります。自分で、ヘッドローテーションしないというゴルフファーに向いている握り方です。ストロンググリップは、もともとフェース面が閉じやすい・被りやすいということがあり、自分でヘッドローテーションを入れると、フェースが閉じて、捉まるので、余計にフックしてしまって、チーピンになる可能性が高いです。ストロンググリップは、フェース面が閉じやすく、むしろ左へ飛ばないようにするので、ヘッドローテーションを入れずに、フェードボールが打てます。

 

プロゴルファーの握り方・グリップ

プロゴルファーで、ウィークグリップ、ストロンググリップで有名な選手を紹介します。

ベン・ホーガン

ベン・ホーガンは、もともとフック持ちで、チーピンを減らしたいということもありウィークグリップにしたと紹介しています。そして、ウィークグリップのまま打つとスライスしてしまうので、自らヘッドローテーションをすることを組み合わせています。

ローリー・マキロイ

マキロイは、ストロンググリップでヘッドローテーションをせず、手首の動きを抑えて打っています。大きなヘッドの慣性を活かして、打っているタイプのゴルファーです。また、グリップのプレッシャーが強い(握りチカラが強い)選手です。マキロイは、近代的なゴルフクラブを曲げずに打てる、現代的な選手の代表と言えますね。

 

握り方・グリップを決めることで、自分の持ち球を決定することができます。併せて、使っているドライバーの特長と合致することで、思い通りの弾道を打ちやすくなります。

日々、精進
がんばります

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン