飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ウィークグリップとストロンググリップの勘違い

更新:

ゴルフクラブの握り方・グリップで、ウィークグリップとストロンググリップがあります。この2つの握り方・グリップの違いと勘違いを紹介します。勘違いを知ることで、自分の打ち方と、自分に合った握り方・グリップを見極めることができます。

 

ウィークグリップの特長

手の甲が飛球線方向を向く握り方です。
フェードボールが打ちやすい、スライスしやすいと言われています。

ウィークグリップの特長

  • フェードボール、スライスが打ちやすい
  • フェースが開きやすい
  • 手首を動かしやすい
スポンサーリンク  

フェードボールが打ちやすい、スライスしやすい意味

ウィークグリップは、フェース面が開きやすい握り方となります。なので、フェードボールが打てる、スライスしやすいと言われています。ですが、手首が動かしやすいので、自分でリストターンして、ヘッドローテーションできる人の場合は、ドローボールが打ちやすい握り方です。必ずしもウィークグリップは、スライスするとは言い切れません。

ウィークグリップは、自分でヘッドを返して打つ人に向いてる

ウィークグリップは、手首に自由度がありますので、自分でヘッドローテーションをするような打ち方をするゴルファーに向いています。というよりも、昔はヘッドが小さくて、ヘッドローテーションしやすいドライバーが多かったです。なので、昔のドライバーを使っていたという人は、ウィークグリップで打つ人が多いです。

なので、ジャンボ尾崎さんとかは、ウィークグリップですね。

引っ掛けを防ぐ

ウィークグリップは、アイアンの引っ掛け、アプローチの引っ掛けを防ぐこともできます。
左への引っ掛けを予防するために、アイアンショット時、アプローチの時は、ウィークグリップで握ると良いです。

 

ストロンググリップの特長

手の甲を上から被せたような握り方です。
ストロンググリップは、別名フックグリップとも呼ばれています。
ドローボールが打ちやすい、フックしやすいと言われています。

ストロンググリップの特長

  • ドローボール、hookが打ちやすい
  • フェースが閉じやすい
  • 手首を動かし難い
スポンサーリンク
 

ドローボールが打ちやすい、フックしやすい意味

ストロンググリップは、フェース面が閉じやすい握り方となります。なので、ドローボールが打てる、フックしやすいと言われています。自分でリストターンしない、ヘッドローテーションをしなくても、それなりにボールを捉まったボールが打てる握り方です。手首を使わずに、ボディターンでフック系のボールが打てます。

ストロンググリップと現代的なドライバーとの相性

ストロンググリップは、ヘッドローテーションしやすいグリップ(握り方)です。ヘッド体積が460ccというデカヘッドで重心距離が長くて、捉まりが悪いといわれているドライバーを打つには、最適なグリップ(握り方)です。

 

ウィークグリップ、フックグリップとドライバーの相性

時代の流れと共に、ドライバーも変化しながら、進化してきました。ヘッドが小さかったのが、最近ではヘッド体積460ccが当たり前となりました。ヘッドが大きくなれば、重心距離が長くなり、捉まりが悪くなります。それに対応するグリップ(握り方)が必要となりました。

ウィークグリップに向いてるドライバー

  • ウィークグリップは、重心距離が短いドライバー向けの握り方
  • 重心距離が短くて、捉まりの良いドライバーを打つときに向いている握り方です

フックグリップに向いてるドライバー

  • フックグリップは、純真距離が長いドライバー向けの握り方
  • 重心距離が長くて、捉まりが悪いドライバーを打つときに向いている握り方です
スポンサーリンク  

重心角(重心アングル)が大きく入ったドライバーを打つとき

最近は、重心距離が長くても重心角(重心アングル)が大きくして、自然とヘッドローテーションしてくれる、捉まりの良いドライバーが増えています。このようなドライバーを使うときに、ストロンググリップで打つと、強烈なチーピンが発生することがありますので、注意して下さい。

ドライバーの構造が捉まる、グリップ(握り方)も捉まる、という打ち方の場合は、完全にフック系のミスが出やすくなります。

 

ウィークグリップとストロンググリップの勘違い

ウィークグリップとストロンググリップの勘違いを知ると、自分の持ち球を決めやすくもなります。色々と試してみて、参考にしてみて下さい。

ウィークグリップは、ドローボールが打てる

ウィークグリップは、フェードボールが打ちやすい、スライスしやすいというのは、一理あります。ただ、自分でヘッドローテーションができるゴルファーの場合、ウィークグリップの方がドローボールが打ちやすいです。ウィークグリップは、フェース面が開きやすいので、手首を使って、ヘッドローテーションを入れることで、ドローボールが打てます。

ストロンググリップは、フェードボールが打てる

ストロンググリップは、ドローボールが打ちやすい、フックしやすいというのは、これも一理あります。自分で、ヘッドローテーションしないというゴルフファーに向いている握り方です。ストロンググリップは、もともとフェース面が閉じやすい・被りやすいということがあり、自分でヘッドローテーションを入れると、フェースが閉じて、捉まるので、余計にフックしてしまって、チーピンになる可能性が高いです。ストロンググリップは、フェース面が閉じやすく、むしろ左へ飛ばないようにするので、ヘッドローテーションを入れずに、フェードボールが打てます。

アプローチは、ウィークグリップが良い

アプローチをする時は、ウィークグリップが良いです。使用するウェッジの特長とウィークグリップの特長を把握していれば、すぐにイメージが湧くはずです。アプローチでは、ウェッジを使うことが多いです。または、ショートアイアンなどを使うこともあります。

ウェッジやショートアイアンは、もともとヘッドが返りやすい構造となっていますので、ウィークグリップで握ることで左へのミスを減らすことができます。ウェッジでフェースを開いて打とうとしているのに、捉まりを向上させるストロング・グリップで握っていたら、意味が無いということに気付きます。

アプローチをウィークグリップで打とうとすると、始めのうちはクラブがしっかりと握れてない感じがしますが、慣れてくると適度な緩さと柔らかさで打てるようになります。

 

プロゴルファーの握り方・グリップ

プロゴルファーで、ウィークグリップ、ストロンググリップで有名な選手を紹介します。

ベン・ホーガン

ベン・ホーガンは、もともとフック持ちで、チーピンを減らしたいということもありウィークグリップにしたと紹介しています。そして、ウィークグリップのまま打つとスライスしてしまうので、自らヘッドローテーションをすることを組み合わせています。

ローリー・マキロイ

マキロイは、ストロンググリップでヘッドローテーションをせず、手首の動きを抑えて打っています。大きなヘッドの慣性を活かして、打っているタイプのゴルファーです。また、グリップのプレッシャーが強い(握りチカラが強い)選手です。マキロイは、近代的なゴルフクラブを曲げずに打てる、現代的な選手の代表と言えますね。

握り方・グリップを決めることで、自分の持ち球を決定することができます。併せて、使っているドライバーの特長と合致することで、思い通りの弾道を打ちやすくなります。

日々、精進
がんばります

関連記事

関連記事

タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 View this post on Instagram Tiger W...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンなスイングという点です。 ブライソン・デシャンボーのスイング分析 ブ...
グリップ(握り方)と肩の向きとの関係... 左手はストロンググリップ、右手はウィークグリップで握るというのが、これが正解だとは言い切れませんが、現代的なゴルフスイングとしては、良いグリップ(握り方)という...
ドライバーの進化に合わせたグリップ(握り方)とスイング... ゴルフクラブに合わせた打ち方というのは、つくづく大切だなと感じています。ゴルフスイング理論というのは、ゴルフクラブの進化と共に進化と変化を繰り返してきています。...
パターが上手い人は頭が良いって本当?... 本当だと思います。パターが上手い人は頭が良いと言われる理由を紹介します。 信じるか、信じないかはあなた次第です。 パターが上手い人は頭が良いって本当...
ゴルフスイング理論の種類と特徴を紹介... 自分にあったゴルフスイング理論を探していると、色々なゴルフスイングに出会います。自分が実際に書籍を買ってみたり、勉強してことのあるゴルフスイングを紹介します。 ...
昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較... 昭和時代のゴルフスイングと飛距離と現代理論を比較 初版昭和49年のゴルフスイング理論書籍 昭和49年のゴルフスイングに関して 現代のゴルフスイング...
アイアンのトップはボールの位置が原因... アイアンショットでトップする場合、ボールを前に運ぶという点では問題ありません。ただ、グリーンを狙った時にボールを止められないので、大変な思いをします。アイアンで...
ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由... ゴルフスイング理論が難しくて勘違いしやすい理由、私の勝手な見解としては答えが出ていますので、それを話していきます。 ゴルフスイング理論が難しくて勘違い...
2019年4月 マスターズ開催 とうとう、2019年もマスターズ開催が近づいてきました。 本当に1年ってはやいですね 2019年 マスターズ開催予定日 2019年4月11日(木)~ ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン