飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

グリーンを狙うショートアイアンの左への引っ掛けをなんとかする

ドライバーでナイスショットが打てて、良いところにボールを運んできたけれど・・・グリーンを狙うショットがうまくいかなければ、なかなかパーが獲れません。中部銀次郎さんの書籍に登場する「汚いパー」でも良いと思います。

良いライからグリーンを狙っていけるアイアンショットに限って、左への引っ掛けが出たりすることがあります。どうして、ショートアイアンなどで左への引っ掛ければ連発するのかを考えてみました。

 

スポンサーリンク
 
 
 

レギュレーション通りの2打でボールをグリーンに乗せる

ですが、グリーンを狙ったショットが確実にオンすることができれば、次はバーディーパットになるわけです。そのバーディーパットが長いロングパットになるかもしれませんが・・・。

中部銀次郎さんの書籍に登場する「汚いパー」というのは、レギュレーション通りの2打でボールをグリーンに乗せることができなかったけど、パーが獲れたということを指しています。3打目のアプローチで寄せて、1パットのパー。3打目もグリーンに乗せられずに、グリーンカラーからのアプローチパターでカップインさせてもパー。2オン2パットだけがパーじゃないということを伝えようとしています。

アイアンでグリーンを狙っていくと、人それぞれ傾向というものが見えてきます。私の場合は、8番、9番アイアンなどのショートアイアンは左へ引っ掛けることが多いです。7番、6番アイアンなどは少しスライスをする傾向があります。これは、練習場などでも同じ様な弾道となります。

スポンサーリンク
 

7番、6番アイアンなどは少しスライスをするのですが、そのスライスは常に同じくらいの曲がり幅で発生しますから、自分の曲がり幅を知っていれば、グリーンを真っ直ぐ狙うのではなくて、少し左を狙うということで調整することが出来ます。

私は飛距離が出ないタイプなので、グリーンまで50ヤード、60ヤード、場合によっては100ヤード から 130ヤードなどが残る場合が多いです。そうなると、ショートアイアンかウェッジの出番となります。グリーンまでの残り距離が少ないので、ピッタリと乗せたいという気持ちが強くなる距離感でもあります。

 

ショートアイアンで引っ掛ける理由は?

ショートアイアンで引っ掛ける理由としては・・・私の場合はアウトサイドのスイング軌道になっているからです。完全に外側からクラブが入ってきていますから、自然とクラブが左方向に抜けていくので、ボールもフックしてしまうということです。つまり、手打ちですね。手で合わせて、手で打ちにいっているというのが大きな理由でしょうね。アウトサイドの軌道になっているから、もう少しロフトの数字が小さなアイアンであれば、スライスをするのだろうと思います。

フェースをスクエアにして、飛球方向に真っ直ぐクラブを振りぬいていくことができれば、ボールも高くあがって、真っ直ぐ飛んでくれるはずです。

ショートアイアンは重さがありますので、手を使って打ったとしても、その手打ちがクラブの重さで誤魔化されてしまう傾向がありますから、自分が手打ちになっていることに気付かない場合もあります。

ショートアイアンで左に引っ掛けるというのは、引っ掛けてしまったというよりも、適切な打ち方が出来ていないという言い方の方が適切かもしれませんね。

ショートアイアンで引っ掛ける理由

  • アウトサイドイン軌道になっている
  • 短いクラブは、ヘッドが返りやすいから

 

ショートアイアンなどはフェースが返りやすい

ショートアイアンで左に引っ掛ける理由はもうひとつあります。ショートアイアンというクラブはフェースが返りやすいクラブです。ロフトの数字が大きいですし、フェース(ヘッド)が大きくなっている場合もあります。そして、クラブが短い。ということから、フルスイングをするとヘッドが返りやすくなり、左へ引っ掛けてしまいます。

スポンサーリンク
 

クラブによってはグースネックとなっていることもあり、重心角が大きくなりますから、捉まるクラブとなります。その、捉まる というのが左へ引っ掛けてしまう要因となっている場合もあります。

お上手な人を見ていると、9番アイアン、8番アイアンなどは少しフェースを開いてショットをしている場合もあるようです。それは、左への引っ掛けを警戒しているのだろうと思います。

 

ショートアイアンで引っ掛ける原因 まとめ

  • アウトサイドインの軌道になっている
  • フェース(ヘッド)が返りやすい
  • グースネックで重心角が大きい

 

捉まるショートアイアンでアウトサイドイン

私のショートアイアンのショットは・・・捉まりやすいグースネックのショートアイアンで、アウトサイドイン軌道のスイングになっているのだろうと思います。

捉まりやすい・・・左へ行く
アウトサイドイン・・・左へ行く

結論としては左へボールを飛ばす要素しかないということですね。

スクエアに構えて、適切なスイングをして、フェースを返すことなく、フェースを真っ直ぐにして振りぬくということが大切なんだろうと思います。

 

ショートアイアンでの引っ掛けを治す

左に引っ掛けるからフェースを少し開いて打つというのは悪くはないと思いますが、フェースを開いていると、私の場合はスライスをしてしまうのではないだろうかという不安がありますので、余計に引っ掛けてしまいそうな感じがします。

ボールの置く位置やスタンス幅なども大切かとは思いますが、アウトサイド軌道にならないように、足をつかって、フットワークでスイングをすることが重要だなと思います。そして、フェースを返さずに、フォロースルーは飛球方向へ向けていけば、左への引っ掛けは治まるだろうと・・・ショートアイアンでの引っ掛けを治すには、スクエアで適切なスイングをすることだけでしょうね。

green-on-2

グリーン手前に池があっても、ショートアイアンでピッタリ乗せていきたいです。花道から転がすなんてことはできないようなグリーンでも攻めていかなければと思います。

green-on-1

グリーン手前の池、左右にバンカーがあっても、ピッタリと乗せたいです。このグリーンも狙っていくしかありません。右側に少しスペースがありますが・・・左側にバンカーがありますが、そのバンカーに入れてしまう人が多いです。つまり、左への引っ掛けによりバンカーに捉まるということでしょうね。

green-on-3

バンカーに囲まれたグリーンです。手前の花道からゴロゴロすることもできますが、ピッタリとグリーンを捉えていきたいですね。

グリーン狙いの、グリーン外して寄せワン・・・またはボギーでも良いのですが、ショートアイアンでピッタリとグリーンを捉えてくる確率が増えれば、1打、2打くらいはスコアを縮められるかもしれませんからね。何事も精進あるのみですね。

距離に関係なく、狙うショットというのは難しいです。

日々、精進
がんばります

アイアン 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン