飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

アイアンのダフリを治す

更新:

 

ダフリの天敵は、手打ちです

ラウンド中にアイアンのダフリが止まらないときというのは、スコアがまとまりません。アイアンは、使用頻度が高いので、うまく打てないと、スコアがまとまりません。ティーショットがしっかりと打てても、フェアウェイからのアイアンショットが打てないと意味がありません。

腕(手)のチカラだけで、ゴルフクラブを持ちあげて、そのまま打とうとしてしまうので、手首のコックが早く解けてしまいます。ボールの手前で、ダフリやすくなります。といっても、ラウンド中に手打ちを修正したりすることは、なかなか難しいものです。

私の場合は、左足下がり、爪先下がりなどの傾斜のライが続くようなコースでは、手打ちになりやすい。きっと、不安があるので、自分に合わせて、打ちにいっているのだと思います。

また、ラウンド中にスイング修正をするということは、至難です。ラウンド中にアイアンのダフリが止まらないときには、以下の3つをチェックします。それでも修正できなかったら諦めます(笑)ラウンド中に考え出すと、余計に崩れてしまうことが多いからです。

腕のチカラだけで、アイアンクラブを持ちあげて、腕のチカラだけで振ろうとすると、身体が開きやすくなり、右肩が突っ込みやすくなります。右肩が突っ込む、右肩が下がることもダフリの原因となります。

アイアンのダフリのメカニズム

手打ちになっていることから、手首のコックが早く解けてしまって、ボールの手前でアイアンクラブが芝生(地面)に当たってしまいます。ボールを打とうとすれば、するほど、ダフリやすくなります。アイアンショットは、基本的には、アイアンクラブがボールにコンタクトした後に、アイアンクラブが芝生に接するというスイング軌道となります。

 

アイアンのダフリが治らない場合

ハーフスイングで、極力右腕のチカラを抜いて、左腕だけでアイアンクラブを振るイメージで練習をしてみてください。ボールを飛ばすのではなく、アイアンクラブのフェース面でボールを弾き飛ばすイメージを持つと良いです。

アイアンのダフリを治す3つのコツ
(1) ハーフスイングで打つ
(2) 身体の捻転と腕・クラブを同調させる
(3) フォロースルーを意識する

(1) ハーフスイングで打つ

ハーフスイングをすることで、スイング軸のズレを抑えて、確実にボールにコンタクトできることを意識します。深い捻転、高いトップをつくるというよりは、左肩が顎下に入ったくらいにします。トップの高さも、9時~10時くらいにします。大きく振りかぶって、飛ばそうと思って、フルスイングをしようとすると、スイング軸がズレやすくなります。スイング軸をズレさせない、スウェーしない、打ち急がないことを意識します。

ハーフスイング
ハーフスイングといっても、チカラを抜くとか、捻転を浅くする必要はありません。いつもより、大きく振りかぶらないというイメージを持つ方が良いです。無駄にチカラを抜くとか、捻転を浅くするというイメージを持つと、ミスショットしやすくなります。

 

(2) 身体の捻転と腕・クラブを同調させる

アドレスをしたときに腕がつくりだす三角形を保って、身体の捻転(回転)と腕・クラブを同調させてテイクバック、スイングをすることを心がけます。身体の前に腕・ゴルフクラブが置かれていることをイメージして、身体の捻転と同調させることで、先走って打ちにいってしまう動作を抑制することができます。

腕が作り出す三角形を保つ
腕が作り出す三角形を保つことで、ゴルフクラブ・腕を胸の前から外さずにスイングできます。身体の捻転と同調させてスイングすることができます。

 

(3) フォロースルーを意識する

ハーフスイングで打つといっても、弱々しい打ち方をするというわけではありません。むしろフォロースルーは、強く、大きく出そうとします。そうすることで、コンパクトなスイングでも、フルスイングのときと同じような飛距離で飛ばすことができます。

フォロースルー
ボールを飛ばしたい方向にクラブヘッド、シャフトを走らせます。それだけで、けっこう思った以上にボールを飛ばすことができますし、方向性が良くなります。

 

練習しても急に打てなくなる

ゴルフというのは、不思議なスポーツです。ラウンド前にレンジで練習していたときは、打てていたのに、数十分後のラウンドでは打てなくなっているということもあります。これは、技術的な問題ではなく、気持ちの問題です。ミスをして焦っていることもあります。落ち着いて、いつも通りのショットをすることを心掛けるものの、またミスをするかもしれないという不安に襲われてしまうこともあります。ゴルフは、体力だけじゃない、技術だけじゃない、気持ちも大きく作用してくるスポーツです。もうすこしアイアンの精度を高めたいなと思います。

日々、精進
がんばります

 

アイアンに関連する記事

関連投稿記事
アイアン で ティーショット
views 1206
更新:2018年07月23日 ティーショットはドライバーで打たなければいけないとか、ドライバーでティーショットをしないのは邪道だとか言われ...
飛ぶアイアンより、止まるアイアンが良い
views 55
昨今、飛び系のアイアンが人気です。私も飛び系のアイアンを使っていますが、先日のラウンドでお試しで、タイトリストの716MBを使わせて貰いまし...
キャロウェイ EPIC アイアン 7番アインで190ヤード飛ぶ?
views 17
EPIC アイアン 予約販売開始! とうとう、キャロウェイ EPIC アイアンの予約販売が開始されました。既に、キャロウェイ所属のプロたちが...
傾斜からのアイアンショット
views 698
練習場で打てて、ゴルフ場で打てないのは、緊張や慎重さもありますが、大きな要因としてはゴルフ場には傾斜があるということでしょうね。傾斜からのア...
アイアンはブラック系、スモーク系が流行?
views 117
更新:2018年07月23日 今年のアイアンの流行は、クロムフィニッシュではなく、スモーク系が多いように感じますね。最近、話題となっている...
ディポットじゃない、小さな窪みからのアイアンショット
views 89
今年の冬は週末になると降雪、積雪があったりして、なかなか思い通りにゴルフ予定が組めなかったような気がします。それでも、なんかとゴルフに行くこ...
アイアンが打てないから・・・結局は練習あるのみ
views 532
更新:2018年07月23日 アイアンが打てないから・・・結局は練習あるのみ アイアンが打てない理由 ショートウッドを使おうか ...
アイアンのダフリや左の引っ掛け修正など
views 774
またアイアンがおかしくなってしまいました。ボールをきれいに拾い上げるようなショットが打てません。ティーショットが良くても、芝生の上から打つア...
アイアンのロフトを考えてみる
views 632
河川敷のゴルフ場ではアイアンを多用します。すると・・・ロングアイアンが欲しい、なんて考えてしまうわけです。数年前まではアイアンだけで河川敷の...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ