飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

アイアンのダフリを治す

更新:

 

ダフリの原因は、手打ちです

ラウンド中にアイアンのダフリが止まらないときというのは、スコアがまとまりません。アイアンは、使用頻度が高いので、うまく打てないと、スコアがまとまりません。ティーショットがしっかりと打てても、フェアウェイからのアイアンショットが打てないと意味がありません。

腕(手)のチカラだけで打つとダフル

腕(手)のチカラだけで、ゴルフクラブを持ちあげて、そのまま打とうとしてしまうので、手首のコックが早く解けてしまいます。ボールの手前で、ダフリやすくなります。といっても、ラウンド中に手打ちを修正したりすることは、なかなか難しいものです。

私の場合は、左足下がり、爪先下がりなどの傾斜のライが続くようなコースでは、手打ちになりやすい。きっと、不安があるので、自分に合わせて、打ちにいっているのだと思います。

また、ラウンド中にスイング修正をするということは、至難です。ラウンド中にアイアンのダフリが止まらないときには、以下の3つをチェックします。それでも修正できなかったら諦めます(笑)ラウンド中に考え出すと、余計に崩れてしまうことが多いからです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

右肩が下がるとダフリやすい

腕のチカラだけで、アイアンクラブを持ちあげて、腕のチカラだけで振ろうとすると、身体が開きやすくなり、右肩が突っ込みやすくなります。右肩が突っ込む、右肩が下がることもダフリの原因となります。

アイアンのダフリのメカニズム

手打ちになっていることから、手首のコックが早く解けてしまって、ボールの手前でアイアンクラブが芝生(地面)に当たってしまいます。ボールを打とうとすれば、するほど、ダフリやすくなります。アイアンショットは、基本的には、アイアンクラブがボールにコンタクトした後に、アイアンクラブが芝生に接するというスイング軌道となります。

アイアンのダフリの原因

原因は手打ちです。クラブが下りてくるときに、右手(右腕)がクラブを押すような感覚があります。クラブを押すというか、右手(右腕)で操作をしようとしている感じです。もう少し原因を追究していくと、左手よりも右手の方が強いというのが色々と悪さをしています。

ゴルフスイングは右打ちの場合は、左手主導となるのですが、右手(右腕)が強いので、左手を追い越さんばかりの勢いでゴルフクラブを押してしまいます。ゴルフクラブを押すというのは、ダウン時に右手でゴルフクラブを下ろしてこようとする動作です。

 

アイアンのダフリが治らない場合

ハーフスイングで、極力右腕のチカラを抜いて、左腕だけでアイアンクラブを振るイメージで練習をしてみてください。ボールを飛ばすのではなく、アイアンクラブのフェース面でボールを弾き飛ばすイメージを持つと良いです。

アイアンのダフリを治す3つのコツ
(1) ハーフスイングで打つ
(2) 身体の捻転と腕・クラブを同調させる
(3) フォロースルーを意識する
スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

(1) ハーフスイングで打つ

ハーフスイングをすることで、スイング軸のズレを抑えて、確実にボールにコンタクトできることを意識します。深い捻転、高いトップをつくるというよりは、左肩が顎下に入ったくらいにします。トップの高さも、9時~10時くらいにします。大きく振りかぶって、飛ばそうと思って、フルスイングをしようとすると、スイング軸がズレやすくなります。スイング軸をズレさせない、スウェーしない、打ち急がないことを意識します。

ハーフスイング
ハーフスイングといっても、チカラを抜くとか、捻転を浅くする必要はありません。いつもより、大きく振りかぶらないというイメージを持つ方が良いです。無駄にチカラを抜くとか、捻転を浅くするというイメージを持つと、ミスショットしやすくなります。

 

(2) 身体の捻転と腕・クラブを同調させる

アドレスをしたときに腕がつくりだす三角形を保って、身体の捻転(回転)と腕・クラブを同調させてテイクバック、スイングをすることを心がけます。身体の前に腕・ゴルフクラブが置かれていることをイメージして、身体の捻転と同調させることで、先走って打ちにいってしまう動作を抑制することができます。

腕が作り出す三角形を保つ
腕が作り出す三角形を保つことで、ゴルフクラブ・腕を胸の前から外さずにスイングできます。身体の捻転と同調させてスイングすることができます。

 

(3) フォロースルーを意識する

ハーフスイングで打つといっても、弱々しい打ち方をするというわけではありません。むしろフォロースルーは、強く、大きく出そうとします。そうすることで、コンパクトなスイングでも、フルスイングのときと同じような飛距離で飛ばすことができます。

フォロースルー
ボールを飛ばしたい方向にクラブヘッド、シャフトを走らせます。それだけで、けっこう思った以上にボールを飛ばすことができますし、方向性が良くなります。

 

練習しても急に打てなくなる

ゴルフというのは、不思議なスポーツです。ラウンド前にレンジで練習していたときは、打てていたのに、数十分後のラウンドでは打てなくなっているということもあります。これは、技術的な問題ではなく、気持ちの問題です。ミスをして焦っていることもあります。落ち着いて、いつも通りのショットをすることを心掛けるものの、またミスをするかもしれないという不安に襲われてしまうこともあります。ゴルフは、体力だけじゃない、技術だけじゃない、気持ちも大きく作用してくるスポーツです。もうすこしアイアンの精度を高めたいなと思います。

日々、精進
がんばります

 

アイアンに関連する記事

併せて読むと知識アップになる記事

トラックマンでスイングチェックしたら... トラックマンでスイングチェックしたら トラックマン、モーションセンサーを使ったゴルフレッス...
キャロウェイゴルフ | オンラインストア... キャロウェイのオンラインストア開設一周年記念ということで、特別セールが開催されています。 ...
ゴルフメンズのスキンケア | 肌ケア ゴルフメンズのスキンケア | 肌ケア 紫外線対策 エイジングケアとは エイジングケアの...
テニスとゴルフの共通点 テニスとゴルフの共通点 大阪なおみ 全米オープン( US.OPEN )優勝 テニスとゴルフの...
綺麗なゴルフスイングで打てると良いの?... 綺麗なゴルフスイングで打てると良いの? 綺麗なゴルフスイングで打てると良いの? 正しい身...
ドライバー・ドローボールの打ち方 ドライバー・ドローボールの打ち方 ドローボールで飛距離アップ ドローボールとは? スラ...
男性ゴルファーのハーフパンツにレギンスはアリか?... 男性ゴルファーのハーフパンツにレギンスはアリか? 男性ゴルファーのレギンスは、アリか?...
重心角が大きいドライバーは、アーリーリリースで打つ... 更新:2018年09月04日 最近、捉まり重視のドライバーが増えてきています。ルール適合範囲内...
左手の親指付け根が痛くなった | 母子CM関節症... 左手の親指付け根が痛くなった | 母子CM関節症 左手の親指付け根が痛い 母子CM関節症...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ