飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット

スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライしてみた打ち方を紹介します。今回は、アイアンショット、フェアウェイウッドのダフリ防止のためにスタック&チルトの概念を取りれる方法を紹介します。

 

アイアン、フェアウェイウッドのダフリの原理

スタック&チルトの概念を取り入れてダフリを予防するまえに、ダフってしまう原理を紹介します。もっとも多いのがテイクバックで体重移動をしたときに、体重を右側に残したまま打とうとして、ボールの手前でダフってしまうというケースが多いです。体重移動をしたことで、スウェーしてしまっていることも考えられます。

つまり、体重移動をすることで、身体の重心がズレてしまい、その影響でスイング軸がズレてしまいます。そして、結果的にはスイングの最下点がズレてしまって、ダフリ、トップなどのミスショットに繋がります。

スポンサーリンク  

ドライバーは打てるけどアイアンは打てない

ドライバーだけは打てるというのは、ボールをティーアップして浮かせているからです。なので、スイングの最下点が少しズレてもダフルことなく打てるということです。なので、ドライバーは打てるけど、アイアンが打てないという人は意外と多いです。芝生の上(地面の上)からゴルフボールを打つというのは、地味に難しいものです。

 

スタック&チルトの概念を取り入れてダフリを予防する

スタック&チルトは、左1軸スイングです。はじめから、左側に体重を乗せておき、左足側に軸を置いていますので、スイングの最下点をボールが置かれて位置と同じくらいか、ボールよりも少し先の方にすることができます。つまり、スイング軸を左足側に置くことで、スイング全体の軸を左足側にすることができるので、ボールの手前でダフるのを予防することができます。

 

傾斜からのショットにスタック&チルトを活かす

左足下がり、左足上がりなどの傾斜からのショットというのは、とても難しいです。左足上がり、左足下がりのショットの時にもスタック&チルトの概念を取り入れることで、ナイスショットの確率を高めることができます。

その方法を紹介します。

スポンサーリンク
 

左足下がりのショット+スタック&チルト

とくに左足下がりのショットに有効的です。
左足下がりの場合は、飛球線方向、傾斜している方向に体重をのせなければいけないのですが、これが難しいのです。考え方としては、左足下がりのショットこそ、スタック&チルトの左1軸スイングを取りれることで、打ちやすくなります。

左上がりのショット+スタック&チルト

左足上がりの場合、はじめから右足側に体重をのせることができるので、打ちやすいですし、傾斜にボールが置かれているので、自然と打ち込んスイングとなります。

左1軸にすることで不整地からのミスショットが減らせる

スタック&チルトを試したという人の中で、既に気付いている人も多いかもしれません。左1軸で打つことで、不整地からのミスショットを減らすことができます。傾斜のライからいつもミスするという場合は、1度トライしてみると、ミスショットの原因を見つけて修正できるかもしれません。

日々、精進
がんばります

関連記事

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン