飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ゴルフスイングでヒールアップするタイミングと効果

更新:

 

ヒールアップとは?

ゴルフスイングでいうところのヒールアップというのは、打つときに踵を上げる打ち方のことです。踵を上げることで、スイングのタイミングを掴んでいたり、捻転を深くすることができます。

ゴルフスイングでヒールアップする? ゴルフスイングで単純な疑問のひとつ。左足の踵は上げるのかどうか? つまりヒールアップをしたほうが良いのかどうかということですね。私は、今現在の自分のドライバーがスライスしてしまう原因が捻転不足だということを感じていますので、もうすこし深く捻転できるような方法を考えているなかで、左足の踵を上げる ( ヒールアップ )をしてみようということを思い付きました。左足の踵を上げる つまり ヒールアップについて少し追求をしていこうと思います。

 

 

ゴルフスイングでヒールアップした方が良い?

ゴルフをやり始めた頃は、左足の踵を少し上げたほうが良いと言われたことがあります。そして、ゴルフクラブを振り下ろしてくるときには、腰を回転させるための先行動作として、左足の踵を下ろすことで、左の壁を作りながら腰を回転させてくるということが、しやすくなると感じています。

左足の踵を上げることは良くないという話も聞きますし、左足の踵は上げた方が良いという意見も聞きます。どちらが良いとか悪いとかではなくて、しっかりとした捻転で蓄積したパワーでスイングができるようになることが大切だと感じています。ゴルフの帝王だと呼ばれていた、ジャック・ニクラスもヒールアップでしたね。ジャック・ニクラスが現役だったころとゴルフクラブの性能などが全く異なりますので、なんとも言えませんが。

 

 

ヒールアップした場合

捻転が不足していると、ゴルフクラブが降りてくるスピードが遅く感じたり、もっと早くゴルフクラブを振りたいという気持ちから、ついつい腕で戻そうとしてしまいます。腕のチカラでゴルフクラブを下ろそうとする・・・その時点で、捻転で蓄積されたエネルギーが解けてしまいます。

両足が地面に接着したままであれば、上半身だけが捻転をしようとしてしまいますが、左足の踵を少しだけ持ち上げるだけで、下半身(腰)が回転しやすくなります。また、これからテイクバックを始めるという動作のキッカケをつくることにも役立ちます。

左足の踵を上げるということは、インパクト時には踵を元の位置に戻すという動作が必要になりますので、自然と脚を使う、下半身を使うということにつながるように感じます。そして、左足の踵を下ろすことがキッカケとなり腰が回転するということになります。

ヒールアップのデメリット

ヒールアップした場合のデメリットとしては、左足の踵を下ろすという動作がひとつ入ります。故に身体が上下したり、アドレスの位置とは違う場所に左足が置かれてしまうことがあります。

ヒールアップするタイミング

テイクバックを開始して、体重を右側にシフトさせていくときに、少しずつ踵をあげていくと良いです。いっきに踵を上げる必要はありません。ほんのすこし踵が浮く状態でも大丈夫です。ヒールアップの仕方としては、爪先はしっかりと踏みつけたままで、踵だけを少し浮かせる感じです。

ヒールアップの効果

ヒールアップしたスイングは、身体の硬い人、捻転が浅くなってしまう人、股関節の回旋が浅い人に向いています。踵を上げることで、右側に体重を乗せきって、スイングパワーに変換することができます。左脚の踵を上げることで、右側に体重をシフトさせることができるので、腰の回旋、肩の回旋がしやすくなります。

非力なゴルファー、女性ゴルファーに向いている打ち方です。

ダウンスイングでタイミングがとりやすい

ヒールアップすることで、ダウンスイングのタイミングがとりやすくなります。トップスイングを作って、ダウンスイングを開始する時に、左脚の踵を下して、踏み込むことで、ダウンスイングのタイミングを掴むことができます。また、左脚を踏み込むことで、左の壁が自然と作られて、軸がズレにくいスイングで打つことができます。

ヒールアップしたアイアンショット

ヒールアップは、アイアンショットにも効果的です。パワフルに打ちたいときなどは、ヒールアップをして、力強くアイアンクラブを振ることができます。とくには、ラフのときなどは、アイアンクラブのヘッドがラフに絡まってしまって抜け難くなることがあります。そのようなときなは、ヒールアップしたスイングで力強くアイアンクラブを振ると良いです。

ヒールアップするメリット

  • 自然と下半身を使える
  • 左の踏み込みでスイングのタイミングがとりやすい
  • 腰の回転を深くすることができる

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

ヒールアップしない場合

左足の踵を上げないゴルフスイングは私の理想形です。左足の踵を上げないスイングで見習うべきゴルファーとしては、アダム・スコットのスイングが良い例だと思います。アドレスの時点から既に左足に重心が置いているのか、左足に軸があるように見えます。本当は身体の中心、頭を中心に軸があるのだと思いますが。

そして左足の踵を上げないから肩の位置が水平に回転しています。身体が上下しないという言い方でも良いかもしれないですね。そして、両足が地面を押さえつけるチカラがスイングスピードに変えているのだと思います。

ヒールアップしないメリット

  • コンパクトなスイングで打てる
  • 動作がひとつ少なくなるので精度の高いショットとなる
  • 肩の水平を保ち、身体の傾きを防ぐ

 

 

ヒールアップするプロゴルファー

有名プロゴルファーのスイングを見てみると、踵を上げる選手も居ますし、微動だにしないスイングをする選手も居ます。それぞれ、個性があり、自分の体格、打ちたいボールによって、スイングが異なってくるのでしょう。

日本人選手では、池田勇太がヒールアップをする打ち方をします。

バッバ・ワトソンのスイング

ヒールアップするスイングといえば、バッバ・ワトソンが有名です。ヒールアップするだけではなく、スイング全体が個性的な選手です。ヒールアップして、踏み込むときに、いっきにインパクトのエネルギーとして、解放しているような打ち方です。飛ばし屋ならではの、パワフルなスイングです。

 

日々、精進
がんばります

併せて読むと知識アップになる記事

ウィークグリップとストロングリップの勘違い... ゴルフクラブの握り方・グリップで、ウィークグリップとストロンググリップがあります。この2つの握り方・...
スライスする原因を突き詰めると、原因は1つ... スライスする原因を突き詰めると、原因は1つ スライスする原因は1つ フェースが開いて...
ヘッドスピードを上げるコツ ドライバーの飛距離アップに必要なのが、ヘッドスピードです。ヘッドスピードを速くすることが、飛距離アッ...
ドライバーのスライス 改善策 ドライバーのスライスの改善策 目次 ドライバーのスライスを治す アイアンは打てるのにドラ...
アスリート向けドライバーとアベレージ向けドライバーの違い... 更新:2018年08月18日 新しいスリクソン ZERO SRIXONが登場するということから気付...
ゴルフ ドライバー インパクトのイメージとインパクトの形... 更新:2018年08月18日 こちらでは、ドライバーショットでのインパクトを紹介します。 ゴ...
8番アイアンのロフト角と飛距離と活用方法... 更新:2018年08月18日 ストロングロフトのアイアンが浸透してきましたし、5番アイアンを抜いた...
テーラーメイド M グローレ | 2018年10月26日発売... 更新:2018年08月09日 Mシリーズと融合した新しいグローレが登場します。白黒ツートンのグロー...
打てなくなったらスイングプレーンをチェック... 更新:2018年08月18日 打てなくなったらスイングプレーンをチェック ベン・ホーガン...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ