飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーのスライス 改善策

更新:

 

ドライバーのスライスを治す

ドライバーショットのスライスは、ゴルファーの宿命です。ドライバーというゴルフクラブは、ロフト角が小さいので、ほんの少しでも横回転のスピンが発生すると曲がりやすいのです。

アイアンは打てるのにドライバーは曲がる

アイアンクラブなどは、ロフト角が大きいので、バックスピン量が多いです。ですから、横回転のスピンが発生しても、曲がり難いという特性があります。アイアンは、真っ直ぐ打てているけど、ドライバーだけスライスするという人は、実はアイアンもドライバーも適切なスイングで打ててないということが多いです。

 

手打ちによるカット打ち

手打ちというのは、腕のチカラだけで、ゴルフクラブを持ちあげて、腕のチカラだけで振っている状態です。この場合、ゴルフスイングの軌道は、アウトサイドイン軌道になってしまいます。ゴルフクラブが外側から入ってくる状態となり、カット打ちになりやすく、スライスが出やすいスイング軌道です。スライスが多い人の殆どは、手打ち+アウトサイドイン軌道のカット打ちが原因となっていることが殆どです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

低い弾道のフェードが多い

ゴルフスイングの円弧を考えずに、手打ちでアウトサイドイン軌道となっている場合は、低い弾道でフェード(スライスボール)となっていることが多いです。または、ボールが超低空で左方向に飛び出すという弾道です。これは、アウトサイドイン軌道になっていることによる典型的な弊害です。飛距離アップの妨げとなるので、早めに改善した方が良いです。

 

右肩が前に出て、身体が開く

手で打とうとすると、右肩が前にでやすくなります。右肩が出るということは、身体が開くということになりますので、ドライバーヘッドが少し開いた状態でボールにヒットしますので、スライスボールとなります。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

身体が開きやすい場合は、右肩を意識してみて下さい。バックスイングして、捻転をしたときに、左肩がアゴ下に入ってくれるほど捻転するはずです。右肩は、自分の頭の後ろ、後頭部近くまで捻転することを意識してみて下さい。そうすることで、右肩が前に出ること、身体が開くのを防ぎやすくなります。

 

腕のチカラでドライバーを振らない

飛ばそうとおもって、腕のチカラでドライバーを振ると、振った瞬間というのは、とても勢いよく振れている感覚がするはずです。だけど、実際に飛び出すボールは、スライスボールばかりとなります。それは、腕のチカラだけで、ドライバーを振っているので、フェースが開いたままの状態でボールにインパクトしているからです。

むしろ、腕のチカラで振って、スライスボールが出るということが、正解なのです。ですから、スライスボースしか出ないということを嘆く必要はありません。打球はスライスばかりで、OBまっしぐらな弾道かもしれませんが、スライスが出る打ち方をしているので、スライスが打てて当たり前であり、それが正解であるとポジティブに考えて下さい。

 

スライスが出ない打ち方

スライスを打たないコツとしては、下半身を先に動かして、後から上半身をついてきて、腕とドライバーが振り回されるというイメージを持ってください。想像力が必要となりますので、頭のなかでよくイメージしてください。

下半身を踏ん張ってテイクバックすると、下半身につられて、上半身がテイクバックしてきて、トップスイングがつくられます。ダウンスイングは、下半身から動かしていきます。そして、下半身につられて、上半身も振られていきます。

下半身が土台となっており、土台を回転することで、腕とドライバーが振り子のように振られるというイメージです。このイメージが湧けば、スライスを減らしやすくなります。

下半身を回転させて、テイクバック~トップスイング
下半身を回転させて、ダウンスイング~フォロースルー

厳密にいうと、もっと幾つかの動作が必要となりますが、細かなことを考えずに下半身を動かして、上半身がついてきて、腕とドライバーが振り回されるというのを体感してください。この感覚は実際にやってみることで、感覚が養われます。下半身を回転させて、上半身を振る感覚が養えると、捻転差を活かしたスイングの意味も分かってくるはずです。

何度もやっていると、とあることに気付くはずです。腕のチカラを抜いて、脱力させていた方が、速く振れるということです。そうです。ゴルフスイングは、腕のチカラを抜いていた方が速く振れますし、無駄な動作が入りませんので、ドライバーは真っ直ぐ持ち上げられて、真っ直ぐに元の位置に戻りますから、スライスし難くなります。

 

ヘッドローテーションを意識する

これは、少し難しいのですが、インパクトの瞬間にヘッドローテーションを意識すると良いです。ヘッドローテーションというのは、ゴルフスイングでは、ゴルフクラブの開閉が行われます。インパクトに向けて閉じていくのですが、閉じるときのヘッドローテーションを意識すると良いです。つまり、ボールに対してフェース面がスクエア、または閉じながらインパクトしようとしますので、スライスし難くなります。

一般的に、ボールを捉まる、捉まえると表現することが多いです。ボールを捉まえるためのコツとしては、インパクトに向けて、左手の甲でボールを打つイメージを持つとよいです。ドライバーを持っている左手が裏拳になるように打つと、自然とフェースが閉じようとします。やり過ぎるとフックが強くなり、チーピンになる可能性がありますので、何度か試してみてください。

 

ドライバーのスライスの改善策 まとめ

  • 手打ちになっているからスライスする
  • 手打ちはアウトサイドイン軌道+カット打ちになりやすい
  • 低弾道のフェードボールになってないか?
  • 下半身リードのスイングを意識する
  • 腕のチカラでドライバーを振らない
  • 捻転差を活かしてドライバーを振る

 

関連記事

日々、精進
がんばります

 

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン