飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーで右足を引いてクローズスタンスで打つ効果

更新:

 

クローズスタンスとは

クローズスタンスとは、従来のアドレスよし右足を少し引いたアドレスのことです。飛球線方向に対して、左足が少し前に出て、右足が引かれたアドレスです。クローズスタンスは、捉まったドローボールを打つための古典的な打法です。スライスが多い人が試す場合もありますし、飛球線に対して身体の向きに角度を付けることで、捉まったボールを打つことができます。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

クローズスタンスで打つときのコツ

従来のアドレスと比較して、少しだけ右足を引くアドレスとなりますが、肩と腰は真っ直ぐの状態にしておきます。よくある間違いとしては、右足を引いたことで、身体が右を向きやすくなり、肩と腰も右方向に向いてしまうと、打ち出し方向は右方向となってしまいますので、そのままプッシュアウトなスライスとなり、余計にミスショットが増えます。

打ち方は、従来通りの打ち方です。

クローズスタンスで打った場合の弾道

ボールは少しだけ右方向に飛び出して、フック回転して、左方向に戻ってくるという弾道です。すなわち、ドローボールとなります。なので、スライスが多い人は、クローズスタンスで打つことで、スライスを減らして、ドローボールが打てるようになります。

 

クローズスタンスで打つ効果

スライスが多い人が捉まったボールを打つのに効果的です。クローズスタンスで打つ効果としては、スライスを抑えて、捉まったボールが打ちやすくなります。場合によっては、フックが強く入ることもあります。

右足を引いているので、ゴルフクラブをインサイドからアウトサイドに振りやすくなります。また、ダウンスイングで腕(ゴルフクラブ)を下ろしてくる空間が広く使えるので、窮屈感がありません。懐を広く使えるという言葉で表現することもあります。左足が右足よりも少し前に出ているスタンスとなるので、左足に荷重し易くなり、左の壁を作りやすくなります。

スライスが多くて悩んでる場合は、クローズスタンスを試してみると良いです

クローズスタンスに向いている人

クローズスタンスに向いている人は、適切なスイング、打ち方、感覚を養いたいと考えている人に向いています。クローズスタンスにすることで、ゴルフクラブをインサイドからアウトサイドに向けて振る感覚を養うことができますし、強い左の壁を作ることを覚えることもできます。スライサーからドローヒッターに変身するには、クローズスタンスが手っ取り早いです。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン