飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーで右足を引いてクローズスタンスで打つ効果

更新:

 

クローズスタンスとは

クローズスタンスとは、従来のアドレスよし右足を少し引いたアドレスのことです。飛球線方向に対して、左足が少し前に出て、右足が引かれたアドレスです。クローズスタンスは、捉まったドローボールを打つための古典的な打法です。スライスが多い人が試す場合もありますし、飛球線に対して身体の向きに角度を付けることで、捉まったボールを打つことができます。

スポンサーリンク  

クローズスタンスで打つときのコツ

従来のアドレスと比較して、少しだけ右足を引くアドレスとなりますが、肩と腰は真っ直ぐの状態にしておきます。よくある間違いとしては、右足を引いたことで、身体が右を向きやすくなり、肩と腰も右方向に向いてしまうと、打ち出し方向は右方向となってしまいますので、そのままプッシュアウトなスライスとなり、余計にミスショットが増えます。

打ち方は、従来通りの打ち方です。

クローズスタンスで打った場合の弾道

ボールは少しだけ右方向に飛び出して、フック回転して、左方向に戻ってくるという弾道です。すなわち、ドローボールとなります。なので、スライスが多い人は、クローズスタンスで打つことで、スライスを減らして、ドローボールが打てるようになります。

クローズスタンスは背中で打ちやすい

クローズスタンスというのはネーミングのスタンスをクローズにします。すると、身体も閉じやすくなりますので右肩が突っ込んだり、右肩が早く入ってしまうことを予防することができます。

テイクバックして、トップスイングを作ったときに、胸を飛球線とは逆方向に向けて、背中を飛球線に向けた状態でダウンスイングに移行しやすくなり、身体の開きを抑えることで、ドライバーのフェースの開きを抑えることもできます。

 

クローズスタンスで打つ効果

スライスが多い人が捉まったボールを打つのに効果的です。クローズスタンスで打つ効果としては、スライスを抑えて、捉まったボールが打ちやすくなります。場合によっては、フックが強く入ることもあります。

右足を引いているので、ゴルフクラブをインサイドからアウトサイドに振りやすくなります。また、ダウンスイングで腕(ゴルフクラブ)を下ろしてくる空間が広く使えるので、窮屈感がありません。懐を広く使えるという言葉で表現することもあります。左足が右足よりも少し前に出ているスタンスとなるので、左足に荷重し易くなり、左の壁を作りやすくなります。

スライスが多くて悩んでる場合は、クローズスタンスを試してみると良いです

クローズスタンスに向いている人

クローズスタンスに向いている人は、適切なスイング、打ち方、感覚を養いたいと考えている人に向いています。クローズスタンスにすることで、ゴルフクラブをインサイドからアウトサイドに向けて振る感覚を養うことができますし、強い左の壁を作ることを覚えることもできます。スライサーからドローヒッターに変身するには、クローズスタンスが手っ取り早いです。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

関連記事

ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン