飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

芝生があるとき、芝生が無いとき アプローチの違い

芝生があるときと芝生が枯れてしまっているところからのアプローチの違いを知っておくことで、アプローチのザックリミスを減らすことができます。

 

芝があるとき、芝が無いときの状況

芝があるとき、芝が無いときの状況を把握してショットをしなければミスショットにつながります。夏の芝生が育った時期はアイアンショットが好調だったり、アプローチもボールがふんわりと上がって止まる・・・でも冬になるといつも調子が悪い・・・ということがあります。私もいつもそうです。

そういった時には、ゴルフクラブがボールを拾い上げるときのメカニズムと芝生があるとき、芝生がないときの対応方法を思い出すようにしています。

 

ゴルフショット 芝生の影響

とくにウェッジでボールを打つ時は、ウェッジのフェイス面をボールに当てようとしてしまいます。自分のスイングで、どのようにボールにコンタクトしているのかを知っておくと良いです。

芝生があるときのアプローチ

芝があるときはボールが少し浮いているような状態になります。つまり、ボールと地面の間に芝生という柔らかいクッションがあるので打ちやすいということですね。クラブがボールの下に潜りやすいし、打ちやすいし、ボールも高く上げやすい状態になります。フェイス面でしっかりとボールにスピンを与えることができます。

スポンサーリンク  

芝生が無いときのアプローチ

芝が無いときは難しいです。ウェッジがボールの下に潜らない(潜り難い)ので、リーディングエッジがボールがにヒットしてしまうことがあります。または、本当にダフってしまうか。冬の枯芝が難しいのは、この辺りですね。

グリーン周りのアプローチは絶対にウェッジを使うという間違い

私の友人でもグリーン周りは絶対にウェッジで・・・という人が居ます。ウェッジを使えば、使うほどスコアを崩すという状況に陥っています。ご本人さんがウェッジを使うと言っているので何も言いませんけど。

芝生があっても、芝生が無くてもウェッジ使っていたら、絶対にスコアは良くならないと思います。

芝生が無いとアプローチで、ザックリなんてこともありますからね。芝生が枯れてしまっている冬はボールを転がすのが一番です。グリーン外からパターで20ヤードくらい転がすとか、それくらいで十分だと思います。

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン