飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

アプローチは転がして寄せる | ゴルフはゴロフ

更新:

アプローチのコツ、転がして寄せるコツの紹介です。

 

ゴルフはゴロフ

ゴルフ は ゴロフ という 青木功さんの言葉があります。ゴルフは基本的に転がす。ゴロさせるのが肝要という意味が込められた言葉です。ボールを上げるのも良いけど、低く出して転がすことも大切であり、転がす方が楽な場合もあるといことを伝えたかったのだと思います。

ゴルフではボールを上げるのが良いというイメージがあります。たしかにボールを上げなければいけない状況もあるし、ボールを上げられればボールを止めやすいです。ということで、何故かグリーン周りでは闇雲にボールを上げようとしていた時期がありました。とりあえずウェッジを使っていましたね。

自分のゴルフを思い起こしてみると、たしかに昔はグリーン周りではライの状況なども関係なくとりあえずウェッジを使おうとしていました。ザックりしまくりのホームラン連発です。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

転がして寄せるというアプローチ

最近は少し賢くなってきて転がすゴルフを取り入れています。グリーン周りでは9番アイアンで転がしたり、ときにはユーティリティーで転がしたりとボールの置かれている状況を確認して出来る限り転がすゴルフをするようにしています。最初から転がすことを目的としているので、転がり具合と距離感を間違えなければ、なかなかカップに寄ってくれるので、助かりますね。

グリーンの状況を把握すること

アプローチはカップまでの距離、グリーンエッジまでの距離、グリーンの状態、グリーンが受けているのか、カップ向こうは下っているのか、などなど色々な事を考えます。ゴルフは手前から攻めるのが良いということで、出来る限り転がしてアプローチするということを考えてというのが理想的ですが、現場ではそんな細かな状況分析などは殆ど出来ないです。う?ん・・・と考えている時間もありません。ですので、とりあえず安全な寄せ方をするのですが、ボールを転がして寄せるのが安全で簡単ですね。

ゴルフ は ゴロフ ですからね。
寄せ方というのを私的にまとめてみました。

 

ウェッジで寄せるゴルフ

ウェッジでふんわりとボールを上げて寄せるのは、けっこう難しいです。アプローチはウェッジを使うという概念が根付いていますが、確かにアプローチをするためにウェッジを使うのですが、ウェッジというクラブは高度な技術を持っていなければ使い切れないクラブです。ウェッジが使える状況なのかチェックしないとザックりやってしまうので、要注意です。意外とグリーン周りやグリーン花道というのは芝生が薄くなっているところがあり、土が見えるところもあります。そういったところでウェッジを使える技量が自分にあるのか無いのかということですね。

 

転がして寄せるゴルフ

ピッチングウェッジなどで転がすことを考えて寄せる。最近のピッチングウェッジはソールが厚いので滑りやすくて、狙ったとおりのショットを打ちやすいです。芝生が薄くてもショット出来ます。ボールを上げようという考えないので、肩が水平に回転しやすいからなのか、慣れると簡単です。ザックリすることが少ないですし、大きなミスを防げます。

 

アイアンで転がすゴルフ

9番アイアン、8番アイアンで転がすという方法。手打ちになろうともとりあえず転がってくれます。ショットの強弱による転がる距離の違いを覚えておくと、強い武器になります。

 

パターで転がすゴルフ

パターで思い切って転がすという方法もありますね。見た目的にはアプローチ苦手という雰囲気が顕著にあらわれており、恥ずかしいと思うようなアプローチ方法かもしれません。けっこう私はパターで転がす方法を取り入れています。寄せられればなんとかなる可能性が高まりますからね。パターであればタッチが合えばかなり寄せられます。

 

転がすボールのイメージ

転がすボールのイメージは、トントン とか トントンツー とか トントコトンツー とか 自分の頭の中でボールの跳ね方と転がり方をイメージしています。心の中でというか頭の中でというか、他の人に聞こえないような小声でも良いのですが、トントコツー とかイメージしておけば、アプローチの打ち急ぎを防げますし、具体的なボールの転がりをイメージできると思います。

トン!!ツー!!! というイメージですと、思い切りトップしてホームランしてしまいます。自分が打とうとしているボールのイメージをするだけではなく、言葉に出さなくても トン トン ツー かな とか擬音というか効果音でイメージすると、具現化しやすいと感じています。

 

転がすアプローチは、けっこう難しい

転がすアプローチは、ボールを上げるアプローチよりは簡単。ゴルフは転がした方が簡単になる。ゴルフはゴロフだという言葉もある通り、ゴルフは転がした方が簡単、転がした方が大きなミスを防ぐことが出来ると言われていますし、実際にそうだと思います。中部銀次郎さんも書籍の中でアプローチは転がした方が良い、場合によっては5番アイアンも使うとか書いていたりもします。つまるところ、転がしのアプローチというのはランニングアプローチのことです。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

アプローチは、上げようとしてしまう動作が入るからミスしやすい

ボールを上げるのが難しいというよりは、上げようとしてしまう動作が入ってしまうからミスが発生してしまうのだと思いますし、上げようとするからこそウェッジというクラブが難しく感じてしまうのだろうと思います。ですが、私の場合は逆なんですよね、ボールを低く出して転がそうとするほうが難しく感じます。何故ならば、どれくらい転がるのかが読めないからです。ボールがグリーンに乗って、しばらくして止まるというわけではありませんからね。ある程度、転がってくれますから、その転がる距離を見極めないといけませんから、けっこう難しいです。

ボールを上げてしまえば、1バウンド目は大きく跳ねて、2バウンド目は小さく、3バウンド目でボールは止まってくれるというイメージが頭の中にありますから、どうしてもボールを上げた方がボールは止まりやすい・・・というイメージがあります。

ただ、考え方を変えてみると、ボールを上げてボールを止められるからといって、カップに寄せきれるのかどうかというのは、全く別の問題となってきます。転がした方が、当たり前なのですがグリーン上で転がってくれてカップインすることもあるだろうし、カップに寄せきれるだろうという想像が出来ます。

アプローチ実践会

ホームコースのメンバーだけで構成されたアプローチ実践会というか、アプローチを強化するためのサークルがあるんですが、アプローチのうまい人はグリーンカラーの使い方が上手いです。ランニングアプローチで、わざとグリーンからにボールを落とします。ボールを落とすというか、ボールをぶつけて、勢いを落としてランさせてきます。絶妙です。

バンカー越えのボールを上げるアプローチもうまいです。ソフトボールのピッチングみたいにでボールを投げているように見えます。アプローチ実践会ですから・・・ボールを寄せること、カップに寄せることを考えて練習に取り組んでいます。究極は転がそうが、ボールを上げようが、寄せることが最大のポイントですから・・・というのは判るのですが、思い通りに寄せるのは難しいです。

アプローチは転がすのが良いと言いますが、転がすのは難しいと感じます。転がす打ち方は、ボールを上げる打ち方よりは優しいとは思いますが、どれほど転がっていくのかが読めないというのが不安になりますね。

 

グリーン周りのアプローチ練習

継続は力なり という諺がありますが、本当にその通りですね。最近のゴルフラウンドで実感をしています。とくにグリーン周りのアプローチなどは明らかに練習の成果が出てきていると自分で実感しています。

練習場でもグリーン周りのアプローチを想定して、短い距離のアプローチを何球も練習をしていました。10ヤード、20ヤード、30ヤードの距離を徹底的に練習をしていました。ピッチングウェッジで低い球で転がしてイメージした場所にボールを運ぶ練習をしていました。

何球も打っていると、ボールがフェイス面に乗るという感覚も掴めてきますし、ボールにスピンが掛かりやすくなりブレーキが掛かったようにボールが止まってくれます。さすがにバックスピンは無理ですが。しっかりと1パットでおさめられるだろうという距離まで寄せられると、とても楽なゴルフが出来ます。

自宅でも短い距離の転がしアプローチを練習していましたからね。カツン、コロコロ・・・を 地道に練習をしていました。

継続は力なりと言いますが本当だと思います。

地道にこつこつと積み上げてきたものは、着実に身に付きますね。
そして、練習は嘘をつきませんね。

今更ですが、8時から4時のスイング、5時から7時のスイングの大切さが身に染みてきました。アプローチでしっかりと寄せることが出来れば、自然とパターへの不安が軽減されてきますし、明らかに2パットの確率が高まってきます。今まで少しだけ短い距離のアプローチの練習を怠けていたということが露呈となりました。ちょっと反省。

50ヤード、60ヤード、80ヤード、100ヤードのショットの精度をさらに高めていこうと思います。PAR5のホールではグリーンまでの残り距離が100ヤード以内ということが多いので、PAR5でバーディーの確率が高まるようにもしていきたいですね。

後は、もうすこし自分に飛距離があれば、グリーンまでの距離170ヤード、グリーンまで180ヤードという距離も果敢に攻めていけるのになと思います。グリーンまでの距離が170ヤード、180ヤードくらいある場合はどうしてもグリーン周りのバンカーに捉まりたくないという気持ちが先行してしまいます。

ほんの少しだけ距離が足らずにグリーン手前のバンカーに捉まったというような経験が何度もあります。運が良ければ1パット、だけどバンカーから出して2パットが普通ですからね。悪い状態であれば、1度ではバンカーから脱出できずにダブルボギーなんてこともありますからね。

パターでボールを上げて転がす

そういえばホームコースの先輩に聞いた話なのですが、先輩はどうやら自宅で少し変わったパターの練習をしているとのこと。それもパターでボールを転がすのではなくて、少しボールを上げて転がすような練習をしているとのことです。パターでボールを上げることは難しいので、1センチとか2センチくらいしか上がらないと思います。

グリーン脇ではウェッジを使うよりもパターで転がした方が良い場合が多いです。そういったときにグリーンとグリーン・カラーの境目を越えるためにパターで少しだけボールを上げられるような練習をしているとのことです。

パターが巧みなゴルファーはアプローチも上手だというイメージがあります。逆かもしれないですね。アプローチが巧みなゴルファーはパターも上手・・・。ジョーダン・スピースはとてもグリーン周りの処理が上手ですよね。アプローチもパターも巧みな技を使ってきます。

これからもアプローチ練習を地道に続けていこうと思います。
皆さん、色々なことを考えて、色々と工夫をしているんだなと感心しました。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン