飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

チッパーを使うのはダメなの?

チッパーを使うのはダメなの? そんなことは、ありません。私も冬ゴルフの時には、チッパーを使うことが多いです。夏の場合でも、グリーンカラーとラフの境目からの寄せの時に使うことがあります。わざわざ難しいアプローチをしなくても良いので、ミスを軽減させることができるというメリットがあります。

スポンサーリンク
 

 

 

チッパーを使うとき

芝生が枯れている時節や芝生が剥げてしまって地面がうっすらと見えているようなライでのアプローチは難しいです。ザックリやってしまう可能性が高いです。なので、いつもはユーティリティを使ったり、フェアウェイウッドを使ったりして転がし重視のアプローチを心がけています。けっこうソールが滑りやすく出来ていますからねザックリしないので、思い通りの距離を狙うことが出来ます。

ということで冬場や芝生が育つまではチッパーを使ったりなんかしています。チッパーには、かなり助けられていますし、ボールを上げるだけではなく転がして寄せるという大切を再認識させてくれるクラブです。

チッパーを使う時のシチュエーション

  • 転がして寄せたいとき
  • グリーンカラーとラフの境目からの寄せ
  • グリーン周りの芝生の薄いライからの転がし

アプローチというのは、必ずしもウェッジを使わなければならないという決まりはありません。最優先するのは、カップに寄せることであり、1パットでカップインできるところまで寄せること。もっと良いのは、そのままカップインできることです。ウェッジを使うとか、チッパーを使うとかは、あまり大きな問題ではありませんし、そんなことを気にしていたらスコアメイクできません。

 

 

同伴者に嫌味を言われた

初めてラウンドをした人が、私のチッパーを見て、一言。
チッパーなんて使うんですか?
それってアレじゃないですかー?

アレって? なーに?

アレという言葉の後ろに接続されるのは、邪道だとか、アプローチが苦手なんですか? とか、そういう言葉が繋がるんだろうと想像が出来ました。

周りの人に何を言われても自分のゴルフをしたいですからね、そんな茶々は気にせずにチッパーを使いましたよ。なんか腹が立ったので、グリーン周りの転がしは全てチッパーを使いました。グリーンまで15ヤードという距離もチッパーを使いました。なかなか、良い転がりでした。とくに、ほんの少しだけグリーンを外してしまったけどパターだとラフが邪魔で転がらないだろうし、ウェッジだと強弱の調整が難しいし、どうしようかな?と思う様な状況のなかでチッパーは威力を発揮してくれます。

横峰さくらちゃんだってチッパー入れるとか入れないとか言っていましたからね。

どうも、チッパーに対する誤解が多いように感じますね。

チッパー=初心者向け
チッパー=かっこ悪い
チッパー=ルール不適合

そんなイメージがあるのだと思います。

というよりもチッパーというネーミングが悪いのかもしれないですね。もう少し別のネーミングするか、普通にウェッジとかにしても良いのかもしれませんね。

ちなみに、チッパーに関するルールも定められています。
チッパーは適合クラブ? JGA
スポンサーリンク
 

ゴルフというスポーツはマナーとかルールを尊重して、自分なりのゴルフをしようとか言っていますが、人が使っているクラブを見て嘲笑するのはどうかなと思いますし、スコアがまとまれば、ルールに適合しているクラブであれば、どのようなクラブを使おうが問題ないと思います。使っているクラブが邪道だとか、初心者向けのクラブだとか少し変わった風習があったり、けっこう理不尽なことが多いと感じるのもゴルフの魅力かもしれませんね。

こういうった話は、ティーショットでドライバー使うとか使わないとか、そういったスコアに関係のないところの議論になるので、あまり大きな意味を持たないと思います。自分が良いスコアメイクができるクラブを使うことが大切だと思います。

 

 

打つクラブは自分で決めて打つ

この一打のクラブは自分で決めて、自分で打つ。
バッグに入れているクラブも自分で決めて、自分で入れているわけですからね。

たしかにウェッジで、ふんわりとボールを上げられると見た目もカッコイイと思いますよ。ウェッジばかり使える状況じゃないこともありますからね。グリーン周りは絶対にウェッジを使うと決めている人も居るとは思いますが・・・カッコイイと思うゴルフをしたいのか、スコアを出すゴルフをしたいのか・・・カッコ良くてスコアがまとまるのが一番良いのですが・・・カッコイイを追求するよりは、やはりスコアをまとめる方を追求していきたいですね。

自分のゴルフをするためにチッパーを使うのは、良いことだと思っていますし、それでスコアがまとまれば、それで良いと思っています。

 

 

おすすめのチッパー

市販されているチッパーの殆どは、ルール適合となっています。パター感覚で寄せられるので、とても便利ですし、アプローチでのミスを軽減してくれます。スコアメイクの手助けとなります。

ゼクシオ シーアール (XXIO CR 2010)中古

パター感覚でアプローチができるゼクシオのチッパーです。2011年モデルです。滑りやすいソール形状がミスを軽減させてくれます。ロフト角は、35度、45度がありますので、自分のゴルフマネジメントに合わせて選べます。重さは約545グラムとなっており、けっこう重くなっています。クラブの重さで慣性をつけて、ボールを転がし寄せるというイメージです。デメリットは重すぎるという点でしょうか。クラブ2本分の重さですから・・・

ロフト角:35度、45度
長さ:34インチ
ライ角:71度
重さ:約545グラム

 

オデッセイ X-ACT 2011 中古

オデッセイのチッパーです。どちらかというとパターに近いウェッジとなっています。オデッセイのパターのフェース面に取り付けられている、インサートが取り付けらており打感はパターに近いです。

ロフト角:37度、46度
長さ:35インチ
ライ角:70度
重さ:約330グラム

 

SMART SOLE スマートソール 2.0

 
クリーブランドのチッパーです。ソールが幅広で、パターの様に扱えるウェッジです。

 

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン