飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックシックスパッド | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーは飛ぶけどアイアンは飛ばない

これもスイング軌道の最下点のお話になります。最近はドライバーとアイアンのスイング軌道というかスイングの最下点というのを再度、勉強中なのです。ちなみに 中部銀次郎さんの書籍 ゴルフの真髄(新編 もっと深く、もっと楽しく)にクラブの最下点に関することが書かれていました。

スポンサーリンク
 

内容としては、ドライバーは飛ぶけどアイアンは飛ばない・・・つまりティーアップしてあるボールは打てるけど、芝の上からのボールはうまく打てないということです。その原因を探るかのように解説されていました。

ドライバーだけ当たらないとかアイアンだけ当たらないというのは、ドライバーとアイアンで異なる打ち方をしているからということになるのですが、それはスイング軌道というか、クラブの最下点はドライバーもアイアンも同じであり、ボールの位置が違うだけということになります。もちろん、厳密に追求をしていくとドライバーはティーアップをしているのでクラブが芝生に接着することはありません。アイアンの場合はクラブが芝生に接着するという違いはあります。

ティーアップしたボールは遠けくへ飛ばすことができる芝の上からのショットでは遠くへ飛ばすことが出来ない。それも極端に飛ばない。理由は芝の上からのショットはボールを正確に打てていないからであると説明されています。

極端なことを言えばボールを正確に打つことができればどのようなスイングでも構わないとも書かれています。それは、見たくれの悪いスイングであろうとも正確にボールが打てていれば、それなりに飛ばすことが出来るからという意味でしょうね。

活字のみで適切なスイングの最下点とドライバーとアイアンのボール位置の違いが説明されています。
中部銀次郎さんが説明をするドライバーとアイアンのショットの違い、スイングの違いをまとめてみました。

スポンサーリンク
 

ドライバーの場合

ボールをティーアップしてアッパブローで打つドライバーの場合は、概ね左足の踵線上にボールを置くことになる。それは、スイングの最下点を過ぎてから、アッパーでボールを打つことが必要になるから。ボールをティーアップするのアッパブローで打つという理由があるからということになります。スイングの最下点は7センチから8センチ程ボールの手前になることでアッパーで打つことが出来ると書かれており、とても参考になります。

アイアンの場合

アイアンショットの場合は芝の上から打つことが多くなります。そして、ドライバーショットでティーアップをしたボールの位置よりも10センチ程右側にボールをセットアップする。右側というのは内側という言葉でも良いかもしれません。そしてスイングの最下点は2センチから3センチ程ボールの先になる。つまり、クラブが芝に接着する前にボールにコンタクトするということになります。そして、クラブがボールを通り過ぎた所で、最下点を迎えることになり、芝が取れることもあります。ターフを取るというスイングになるということですね。

ドライバーは飛ぶけどアイアンは飛ばない まとめ

ドライバー

  • ボールの位置は左足踵線上
  • 最下点はボールの7センチから8センチ手前
アイアン

  • ティーアップをする時よりも(ドライバーよりも)10センチほど右側
  • 最下点はボールの2センチから3センチ先になる
ドライバーとアイアンのボール位置

 
ボールをティーアップしたドライバーショットも芝の上からのアイアンショットも実はクラブの軌道は同じであり、ボールの置く位置が違うだけということになります。ドライバーもアイアンもダウンブローで打つというヒントはこの辺りにあるように感じますね。ダウンブローで打つというよりも適切な最下点を迎えるスイングが出来て、ボールの置く位置が適切であれば、ドライバーもアイアンもナイスショットが打てるということになりますね。

また、アイアンショットでドライバーと同じようにボールの位置が左足の踵線上に置いている場合には、ボールをクリーンに打って、クラブがボールにコンタクトしてからクラブが芝に接着させるようなスイングをすることが難しいのではないかというイメージも湧き上がってきます。実際に無理なスイングとなってしまうでしょうね。

ただ、ドライバーショットの場合は加齢や体力の衰えなどからあらわれるスイングの変化に合わせて左足の踵線上よりも少し内側に入れる・・・というような事を別の書籍で書いています。またスタンスを狭くしたりすることも取り入れることが大切でしょうね。ですので、絶対に左足の踵線上にボールを置くのではなく、自分のスイング・パワーやフォロースルーの長さに併せて少し調整をすることが良いのだろうということを感じます。

練習場で、たまに人工芝をズラして、人工芝のマットの先端にボールを置いてアイアンショットの練習をしている人を見かけますが、それはクラブがボールにコンタクトした後に最下点を迎えるので、ボールの先を低くしておこうという工夫であることも分かってきますね。クラブが人工芝のマットに接触するということはダフっているということにもなりますし、ゴルファーの身体への影響もあるでしょうから。

日々、精進
がんばります

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学