飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーだけ飛ばない、当たりが悪い

アイアンはナイスショット、芝生の上からのフェアウェイウッドもしっかりと打てる。でも、ドライバーだけ飛ばない、なんだか当たりが悪いということはよくあることです。そして、ドライバーだけが飛ばない、当たらないという人は多いです。ドライバーだけ飛ばないという理由をまとめてみました。

スポンサーリンク
 

 

 

ドライバーだけ飛ばない、当たりが悪い

ドライバーだけ飛ばない、当たりが悪い理由、原因を見つけることができれば、直ぐに解消できます。ラウンド中で、ドライバーが暴れても修正しやすくなります。

ドライバーはシャフトが長いから振り難い

ドライバーは、ゴルフクラブの中でも、シャフトが長いクラブです。飛距離を出すためのクラブですから、シャフトが長い設定となっています。シャフトが長くなれば、自分とボールの距離が遠くなりますから、きちんと当てられるのか、不安になります。

また、不安になると、もしかしたらOBになるかもしれないという、更なる不安に襲われてしまうことがあります。シャフトの長さからくる不安に押しつぶされている可能性があります。

実は、うまく打てないかもしれないとか、OBになるかもしれないという不安というのは、技術的な話ではないので、克服がとても難しいです。もっとも簡単な克服方法としては、開き直ることです。OBしても良いというアバウトな適当な気持ち打つことも大切です。開き直れば、気持ちが楽になり、身体がスムーズに動いてくれることもあります。

スポンサーリンク

ドライバーは打点がズレやすい

打点がズレるということは、ミート率が悪くなります。ですから、フェース面でボールを弾くチカラも弱くなりますから、飛ばなくなります。そして、シャフトが長いからこそ、打点がズレやすくなります。ヒール側にあたったり、トゥ側にあたったり、打点がバラバラとなれば、毎回ドライバーショットの飛距離にバラ付きが発生します。

さっきは、すっごく飛んだなのに、今のはあまり飛んでないとか、飛距離差を感じる場合は、打点が大きくズレている可能性がありますので、できるかぎりフェース面の真ん中(スイートエリア)近くで、ボールを打てるように練習することが必要となります。

適切なスイング軌道

下の図は適切なスイング軌道、スイングの最下点をイメージした図となります。アイアンはスイングの最下点の手前でボールにコンタクトをします。ドライバーの場合はスイングの最下点を過ぎて、クラブが上がろうする時にボールにコンタクトします。スイング軌道は同じなのですが、ボールを置く位置が違うので、クラブがボールにコンタクトするタイミングも違ってくるということになります。

スイングの最下点

 
上の図で示したスイング軌道はあくまでもイメージです。ドライバーショットの軌道は芝生には触れません。あくまでもドライバーもアイアンも同じスイングだけど、ボールにコンタクトするタイミングが異なるということです。アイアンでターフを取るスイングとかドライバーでアッパーに打つスイングというのは、上の図のスイング軌道であれば自然な動作のなかで出来るということが判ってきます。

適切な最下点、適切なボール位置にするには、適切なアドレスができていることが前提となります。アイアンとドライバーでは、スイング軌道、最下点は同じだけど、ボールの置いてある位置が異なるから、クラブがボールにコンタクトするタイミングが異なってくるということです。だけど、スイング軌道、打ち方は変わらないということです。

アイアンの軌道
アイアンクラブがボールにコンタクトしてから最下点を迎えて芝生に触れる。だから、ダウンブローで打てて、ターフが取れる。
ドライバーの軌道
最下点を過ぎて、ドライバーヘッドが上方へ向かっていくときにボールにコンタクトする。だから、アッパーブローで打てる。

飛ばそうと思っているのでスイング軸がズレやすい

ドライバーショットで、もっとも致命的なミスは、スイング軸がズレるということです。よくありがちなのが、身体が左方向へ流れてしまうことです。左方向というのは、飛球線方向です。左の壁が作れずに、身体が流れてしまうと、捻転でつくったスイングパワーを逃がしてしまい、弱々しいインパクトとなってしまい、ボールを強く弾いて飛ばすことができなくなります。

また、スイング軸がズレてしまうと、テンプラになってしまって、ボールが真上にあがってしまったり、超低空で左方向へボールが飛んで行ったりと様々なミスショットを誘発させますので、実はとても危険なのです。

飛ばそうと思っているので、手(腕)にチカラが入りやすい

ドライバーは、飛距離が出せますから、自然と飛ばそうという気持ちが強くなります。すると、腕にチカラが入ってしまいます。ゴルフスイングでいうところの腕というのは前腕部分です。肘から下のことを指します。前腕にチカラが入っている場合は、早い段階でコックが解けてしまって、ボールの前でダフってしまったりします。

また、チカラが入っているからこそ、ドライバーヘッドが加速しませんので、ヘッドスピードは遅くなります。そして、あまり飛びません。ゴルフスイングでチカラを入れるとしたら、肩に近い部分である、上腕部分です。上腕部分にチカラを入れて、肘から下は脱力した状態にします。上腕にチカラを入れて、脇を締めて、肩のチカラと共にゴルフクラブを持ちあげることができれば、自然とスイング軌道は身体の近くを通ることになり、少ないチカラで、速いスピードでゴルフクラブを加速させることができます。

プロゴルファーのスイングを後方から見ていると、右腕が身体にくっつくような動きとなっているのを見たことがあるかと思います。腕は自分の身体の近くを通るようにすることで、劇的にゴルフクラブが加速してくれますし、ヘッドスピードが速くなります。

 

 

 

ドライバーが飛ばない原因を自分でチェック!

トライバーが飛ばない原因を自分でチェックできていますか?
自分の打ち方はどうなっているのか、自分で把握できていますか?
どのような打ち方になっているのか自分でチェックすることで、修正点を見つけ出すことができます。

スイングチェック(1) 身体と腕を同調させる

 

飛ばそうという気持ちが強くなると、下半身を使わずに、腕だけでドライバーを振ってしまいがちです。腕だけでドライバーを振ると、捻転でつくられたスイングエネルギーをボールに伝えることができないので、弱々しいボールとなってしまいます。また、高さを出すこともできません。腕だけで振ると、身体の回転と腕(ゴルフクラブ)が同調しなくなってしまい、様々なミスショットを誘発させる原因となります。

修正方法

アドレスをしたときに両腕が作り出す三角形を崩さないようにします。テイクバックでも、胸の前から腕(ゴルフクラブ)を外さないようにするという意識を持つと良いです。身体の回転に合わせて、腕(ゴルフクラブ)も振られるということです。身体の回転と腕(ゴルフクラブ)が同調して回転することができれば、腕(ゴルフクラブ)だけが先走ってしまったりすることがありません。しっかりと捻転でつくられたスイングエネルギーをボールに伝えて飛ばすことができます。

身体と腕(ゴルフクラブ)を同調させる POINT
身体と腕(ゴルフクラブ)を同調させるには、脇を締めておくことが必要です。ドライバー、アイアン、アプローチも全て脇を締めて、身体の回転に腕(ゴルフクラブ)を同調させるとナイスショットの確率が高くなりますし、腕だけで振ってしまうことを予防できます。

 

 

 

スイングチェック(2) 右足の踵が浮いてないか?

 

右足の踵が直ぐに浮いていませんか? ダウンスイング始動と同時に右足の踵が浮いてしまうようでは、ゴルフクラブを加速させることができません。右足で地面を踏みつけるようにチカラを入れておくことで、振り下ろされるゴルフクラブを加速させることができます。

修正方法

スリークォーターショットで右足にチカラを入れて、右脚で地面を蹴るようにヒップターンをすると、自然とゴルフクラブ加速してくれる感覚を養うことができます。インパクトの瞬間までは、右足の踵が浮かないように意識すると良いです。踵を浮かせないといっても、フォロースルーでは、自然と左脚側に体重が移動して、自然と右足の踵が浮きます。

深く捻転しなくても、下半身を使うことでゴルフクラブを加速させることができます。慣れてくると、スリークォーターショットでもかなり飛ばせるようになります。

スポンサーリンク
 

できれば、右手のチカラは脱力させて、添えているだけのような感じにしておき、殆ど左手だけでゴルフクラブを振っているような感覚で打てるようになると、ゴルフクラブに無駄なチカラを加えることなく、速く振れるようになります。無駄なチカラがゴルフスイングを崩している原因のひとつです。

右脚の踵浮き予防 POINT
右脚の粘り、踏ん張りがあるからこそ、ゴルフクラブを加速させることができます。右足の踵が直ぐに浮いてしまうということは、右脚にチカラが入ってないということですし、捻転でつくられたスイングエネルギーをインパクト前に開放してしまっている事と同意です。

 

 

 

スイングチェック(3) 手打ちになっていませんか?

 

手打ちになっていると、捻転でつくりだしたスイングエネルギーをボールに伝えることができないので飛ばせません。また、手でドライバーを振ろうとすると、インパクト前からコックが解けてしまって、ダフってしまうこともりますし、ドライバーヘッドがボールの下に潜ってしまって、テンプラになってしまうことがあります。その他、スイング軌道がアウトサイドインになってしまい、外側からドライバーヘッドがボールにヒットして、ボールは左へ飛び出して、右へ大きく曲がるスライスになってしまうこともあります。

修正方法

手打ちと呼ばれる打ち方の 手 というのは肘から下のことを指しています。アドレスの時点で、上腕(二の腕)と肩を使って脇を締めるようにしておきます。そうすることで、スイングチェック(1) 身体と腕を同調させる で書いたように、身体と腕(ゴルフクラブ)が同調してテイクバックすることができます。

テイクバックしながら、ゴルフクラブを上げるときにも、上腕(二の腕)と肩のチカラを使ってあげるように意識してください。そして、トップスイングが作られたら、胸は飛球線と逆を向いている状態となり、深い捻転がつくられていれば、背中が飛球線方向を向く姿勢となります。

胸が飛球線とは逆の方向を向いている状態のままで、ヒップターンをします。左脚を踏ん張って、右脚で地面を蹴るように踏みつけます。その時に、ゴルフクラブのグリップエンドを右足の踵の方へ真っ直ぐ下してくるようにします。

スポンサーリンク
 

すると、身体と腕(ゴルフクラブ)が同調して振られていきます。さらに、上腕(二の腕)と肩のチカラだけを使っていれば、肘から下は脱力している状態となっているはずですから、腕が撓るように、柔らかく振ることができますので、強いインパクトでボールを弾き飛ばすことができます。決して自分でボールを打とうとして、腕を振ろうとしたり、腕のチカラでドライバーを振ろうとしてはいけません。

ゴルフクラブは、真っ直ぐ上げたのですから、真っ直ぐ下してくるだけです。ただ、捻転をしているので、飛球線とは逆方向にクラブを下してくるという動作になります。ですから、しっかりと捻転ができていれば、右足の踵を狙って、ゴルフクラブを下してくるイメージを持つと良いです。ゴルフクラブを下すときも、自分で下すのではなくて、自然とそのような動きになります。

身体と腕(ゴルフクラブ)を同調させて、下半身からダウンスイングを開始すれば、自然と腕が身体に巻き付くような動きとなり、スクエアなインパクトで打てるようになりますので、スライスを減らすこともできます。

自分で振ろうとしたり、自分でゴルフクラブを引き下ろそうとしたり、ボールを打とうとする動作こそが、無駄なチカラが加わってしまって、適切なゴルフスイングの妨げになっています。

手打ち予防 POINT
手打ちを防ぐには、しっかりと捻転して、下半身からダウンスイングを開始することです。また、脇を締めて、上腕(二の腕)と肩にはチカラが入りますが、肘からしたは脱力させることで、無駄なチカラが加わることなく、素早く振れるようになります。

 

 

 

スイングチェック(4) ボールが右にも左にも飛ぶ場合

ボールがスライスしたり、フックしたり、右にも左にも飛ぶという場合は、スイングが安定してないということです。打つたびに、打ち方が変わっているとも言えます。スイングチェック(1)~(3) に合わせて、深い捻転をつくることを意識することと、ドライバーショットのスイング最下点を意識すると良いです。

深い捻転

深い捻転をするというのは、左の肩をアゴの下に入れるという表現をされることが多いのですが、むしろ右の肩を後頭部の真後ろから、左の耳に付けるくらい回転させるイメージを持つと捻転が深くなります。右の肩が左の耳に触れることは絶対にありませんので、あくまでもイメージです。右肩を深く回転させると背中に張りを感じます。人によっては肩甲骨にチカラが入っている感じがすると表現することもあります。背中の筋肉も使えるようになります。

左の肩は視界に入っており見えるので、アゴの下に入ったのかどうかを気にすることができますが、右肩は背後へ回転していきますので見えませんし、どれくらい回転しているのかチェックできなかったりもします。右肩を深く回転させることで、自然と深い捻転をすることができますし、ダウンスイングでの身体の開きを予防することができます。

ドライバーショットのスイング最下点

ドライバーショットの場合は、ボールの置く位置が左側となります。ですから、打つときにボールを直接打とうとしてしまうと、スイング軌道がズレてしまうことがあり、これこそがボールが左右へバラけてしまう原因になることもあります。ドライバーショットの場合は、ボールの少し手前にスイングの最下点があります。最下点を過ぎて、ドライバーヘッドが上に向かっていくときに、ボールにコンタクトします。

ですから、アッパーブローで打てるのです。アドレスをするときに、どうしてもドライバーヘッドをボールに近づけて、ティーの高さをチェックしたりします。それが、クセとなり、ボールを直接打とうとしてしまいます。ドライバーショットの最下点は、ボールの手前。最下点を過ぎてから、ボールにコンタクトして、アッパーブローで打つというのが基本です。

ドライバーショットの最下点をイメージするだけでも、ドライバーヘッドがボールを打ち抜いて、良い当たりが出やすくなります。

 

 

 

実は、適切なスイングができてないだけ!

ドライバーが当たらないというのは、実は他のクラブでも適切なスイングができてない可能性が高いです。ドライバーは、シャフトが長くて、ロフト角も小さ目となっていますので、ほんの少しのミスが、顕著にあらわれるクラブです。

フェアウェイウッド、アイアンというのは、シャフトが短めとなっていまるので打ちやすさがあります。そして、ロフト角も大きくなっていますから、バックスピン量も多いので、おかしな打ち方をしていても、ボールが曲がり難いので、うまく打てているように感じているだけであって、本当は適切な打ち方ができてない可能性があります。

ドライバーだけ打てないポイント

  • 他のクラブと異なる打ち方をしている
  • 腕だけで打とうとしている
  • 腕を振り過ぎている
  • 身体と腕がシンクロしてない

 

 

 

ゴルフスイングに必要な筋力、トレーニング方法

 
ゴルフスイングに必要な筋力の代表としては、体幹があげられます。体幹は、とても大切です。ゴルフスイング中の体勢を保ったり、バランスを保つ役割を担ってくれています。また、上腕(二の腕)の筋力も必要です。ゴルフクラブを持ちあげるときに、上腕(二の腕)のチカラを必要とします。脇を締めて、上腕(二の腕)と肩のチカラでゴルフクラブを持ちあげることができれば、肘から下は脱力させて、柔らかく、腕を撓らせて振ることができます。無駄なチカラを入れないことで、ヘッドスピードが速くなりますし、打ち負けしない強いインパクトで打てるようになります。

 

TAIKAN STREAM(タイカンストリーム)

TAIKAN STREAM(タイカンストリーム)
片山晋呉が開発に携わったトレーニングギアです。水を使ったシンプルなトレーニングができますが、様々な使い方がありますし、トレーニングメニューもYouTubeで公開されていることから、自宅で飛距離アップに必要なトレーニングができます。
TAIKAN STREAM(タイカンストリーム)詳細

 

素振り用ゴルフクラブ

素振り用練習器具・素振り用クラブ
とりあえず、ゴルフ練習場で素振りして、振りの速さを追求したり、スイング練習をするには、素振り用の練習器具がオススメです。重い練習用クラブ、軽い練習用クラブがあり、様々なシチュエーションで使い分けることができます。
素振り用ゴルフクラブ詳細

 

 

 

短期間で上達できるゴルフスクール ゴルフテック by GDO

 
スイングを撮影して、分析しますので、自分のゴルフスイングのどこが悪いのかピンポイントで修正することができます。従来のゴルフレッスンのように、9時から3時のスイングばかりやらされることがありません。また、先週と今週で言っていることが違うということがありません。SKE 山内鈴蘭ちゃんもゴルフテックでレッスンをしています。その時の動画もありますが、スイング分析をして直ぐに、独特なオーバースイングが修正されていることが判ります。

ゴルフレッスンに惑わされないゴルフレッスン
従来のゴルフスクールでは、インストラクターの主観により、指摘されることが多いです。グリップ治したり、肩の入れ方を指摘されたり、腰の回転を指摘されるものの、来週になったら別の話になったりもします。そのような不毛なゴルフレッスンではありませ。ゴルフテックは、スイング撮影をして、スイング分析をし、数値化しますから、肩がどれくらい入っているのか、腰の回転はどれくらいかなどが数値として表現されるので、適切なスイングを短期間で身に付けることができます。
ゴルフテックの特長

  • マンツーマン&個室でレッスン可能
  • 最新マシンでスイング分析
  • ピンポイントでスイング修正が可能

 

 

関連記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン