飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーの飛距離の勘違い そんなに飛ぶと思ってるの?

スポンサーリンク

2017/12/13 更新
自分の本当のドライバーの飛距離を知るというのは、とても大切ですよね。とくにはドライバーに関してのお話ですが、練習場では、すごく飛んでいるように感じるので、絶対に俺は250ヤード以上は飛んでいると思ってしまったりもします。

 

ドライバーの飛距離の勘違い

私も以前は250ヤード以上は確実に飛んでいるはずだと思っていた時期もありましたが、とんでもない勘違いでした。250ヤード飛ばすなんて、とんでもないことです。というよりも平均250ヤード飛ばしてくるという人は、殆ど見かけないですね。1発の飛びで250ヤード以上飛ばす人は多いみたいですが。最近は自分の平均飛距離を把握してゴルフをするようにしています。

実際のところ、自分のドライバーの平均飛距離というのは、200ヤード前後くらいです。ヘッドスピード 42m/s そこそこで、飛ばせる飛距離は、200ヤードくらいのものです。少しでも当たりが悪ければ、もう少し飛距離が落ちてしまって、180ヤードくらいしか飛んでないこともあります。

それが、真実です。

ゴルフ仲間に、ヘッドスピード48m/sとか、50m/sとか出せるという人は居ますが、実際のラウンドではそんなに速いヘッドスピードで打ってないことが多いです。それは、コントロールしているのでしょう。現実的には、ヘッドスピード45m/s超えてくると、傍から見て速いなと感じますからね。

自分の本当の飛距離を知ると、ゴルフの仕方が変わってきますし、練習するクラブも変わってきます。自分のゴルフのどこを強化すれば良いのか判ってきます。自分のドライビングパフォーマンスを知ると、そこからハンディキャップをいっきに縮めやすくもなります。

自分の飛距離を勘違いしている間は、なかなかハンディキャップが縮まらないと思います。スコアも良くなりません。理由は簡単です。勘違いしているからです。もともと、勘違いしているので、自分でデキると思っていること、飛ぶと思っていることと現実のギャップが大きくなるので、自分で勝手に迷走してしまうからです。

今年の飛ぶドライバーは?

自分の平均飛距離を知るにはヘッドスピードを計測するという方法があります。ヘッドスピードから自分のドライバーの飛距離を算出する方法です。その算出方法を使えば、自分の概ねの飛距離を知ることができます。

 

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク
次のページは、ヘッドスピード 一般的な計算方法
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン