飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

フェード打ちだと思っているスライスを治す

スポンサーリンク

私はフェード打ちです。というよりも、フェードを打っていると勘違いしているスライサーです。フェードとスライスの境目というのが難しいところなのですが、私はフェードではなくてスライスですね。真っ直ぐ打って右に曲がりますから。わざと左を狙って右に曲がってくるからフェードに見えるだけですね。

 

酷いチーピンに悩んでいた時期

昔は酷いチーピンに悩んでいた時期があり、少しだけスライスする弾道を見ていると精神的に安心するということもありました。ドライバーの飛距離アップをしたいというのは、以前から考えていました。ですから、そのためにはスライスボールを治さなければいけないということです。スライスせずに、真っ直ぐ飛ぶだけでも飛距離アップしたように感じるはずです。スライスボールは飛距離が出ませんから。

もちろんドライバーはスライスばかりではなく、真っ直ぐに飛ぶこともあります。さてさて、スライスを完全に治すことは不可能だと思いますので、スライスを減らすということを考えます。スライスを減らして、出来る限り真っ直ぐ飛ばそうということになります。

スライスが出る原因を知っていれば、意外と治しやすい? かもしれません。なかなか思い通りにはいきませんが・・・原因を知っているだけでもスライスを減らす近道になります。自分のスライスする原因を追究してみました。

 

 

スライスする原因は大きく2つ

スライスはボールが右に曲がります。・・・ということはフェース面は開いて、ボールにヒットしていることになります。そして、ボールの飛び出し方向が真っ直ぐか、右か、左なのか・・・ボールが飛び出す方向というのは、スイングの軌道を知ることが出来ます。私の場合は真っ直ぐ飛んでスライスをするか、少し左に飛び出してスライスをしてくる・・・この2つが多いです。

真っ直ぐ飛んでスライスする / ストレートスライス
スイングはオンプレーンで真っ直ぐ。そして、フェースが開いているということになります。一般的にはストレートスライスと呼ばれています。
左に飛んでスライスする / プルスライス
スイングはアウトサイドから入ってます。そして、フェースが開いているということになります。一般的にはプルスライスと呼ばれています。

 

ストレートスライス と プルスライス の 共通点はフェースが開いてインパクトを迎えていることになります。だから、スライスをするということになります。スライスする原因はスイング軌道 と フェースが開いている ということになります。

とてもシンプルな原理です。パターでもフェースを開いて、真っ直ぐにストロークすれば、ボールは真っ直ぐに転がり始めて右に曲がりますし、ドライバーと同じ様な症状が出ます。

そして、フェースが開いているということはロフトの数字が大きくなっていることになります。ウェッジでフェースを開くのと同じですね。フェースが開いていると、弾道は高くなります。高い弾道で大きなスライスで林を越えていくようなスライスになります。

つまり、ゴルフはゴルフボールを打つ面とボールにヒットする軌道によって弾道が決まってくるということですね。とてもシンプルなのですが、これに気付くには相当な時間を要しました。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク

 

 

最近のクラブは自然とドローが打てる

最近のドライバーを含めたゴルフクラブというのは、適切なスイングで打つことが出来れば、自然とドローかストレートボールが打てるように作られているとのことです。もちろん、シャフトの関係などもありますが。左へ曲がったり、右へ大きく曲がったりするということは適切なスイングが出来ていないということになります。やはり右利きなので、右手(右腕)にチカラが入りやすく、スイング途中で右手(右腕)で押すような動作が入ってしまうことがアウトサイド軌道になってしまうことを手伝っているようです。併せて、右脇が開いてしまうというか、右肘が身体から離れるような動作もあるとのこと。

自称フェードヒッターを脱却するためにスイング調整中です。今現在は、ストレートボールを打てるようにスイングを調整しています。

ストレートボールを打てるようなれば、ボールが曲がらない分、少しだけ飛距離(キャリー)が伸びるだろうということなので、頑張ってみようと思います。飛距離が伸びるのは嬉しいですね。たしかにスライスは飛距離が出難いですから、スイングを調整して飛距離が伸びるなら嬉しいです。

一度には、スイング修正で色々なことは出来ないし、一度にたくさん修正をしてしまうと、これからのゴルフラウンドに影響を及ぼすといけないので、スイングを部分的に修正をしていこうということ考えています。

自称フェードヒッターを脱却!

練習を続けて、スイング調整をしてきた結果として、捉まったボールを打てるようになりました。というよりも、ミート率が上がったので、飛距離アップができました。ヘッドスピードは速くなっていないのですが、ミート率が上がったので、それだけで約30ヤードから40ヤードくらい飛距離アップができるようになりました。


ヘッドスピード 43.0m/s
ボールスピード 62.2m/s
ミート率 1.45

飛距離 253ヤード


ヘッドスピード 41.0m/s
ボールスピード 61.4m/s
ミート率 1.50
飛距離 247ヤード

 
今までは、速く振ろうとしていたので、スイング軸がズレてしまったり、フェースが開いてインパクトしたりして、スライスボールになっていました。スライスボールは、ボールが右に曲がっていきますので、飛距離がでません。スライスせずに、真っ直ぐ飛ばせるだけでも、飛距離アップができます。併せて、ミート率を上げることができれば、効率よく飛距離アップができます。

 

 

スライスを治す、フェードを治すには・・・序章

スライスを治すのはとても難しいです。原因はスイング軌道 と フェースの開き なのですが・・・これはスイングをどうにかするとか、そういった話になるのでとても厄介です。

ストレートスライス と プルスライス の 共通点はフェースが開くということなので、まずはスクエアなアドレスからスクエアなインパクトが迎えられるような練習をします。グリップが重要になってきます。

色々とテストをしました。

7番アイアンで打つと真っ直ぐの弾道でした。
5番アイアンで打つと真っ直ぐの弾道。
7番ウッド ロフト21°で打つと真っ直ぐです。
5番ウッド ロフト18°で打つと良い感じで真っ直ぐです。
3番ウッド ロフト15°を打つと、ほんの少しだけスライスをします。
ドライバーは真っ直ぐ飛んで、いつも通りスライスします。

ということで・・・アイアンやフェアウェイウッドなどはクラブの重さでスイングの軌道が修正されているのと、フックフェースで微妙に助けられているのと、クラブのロフトの数字が大きいのでスライス回転が誤魔化されていて、真っ直ぐ飛んでいるような感じになっているということです。ロフトの数字が15°の3番ウッドになると少しだけスライスをしていました。つまり私の今のスイングで真っ直ぐに飛ばせるのはロフト18°の5番ウッド位までなのか・・・ということになります。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

私の場合はグリップに問題があり、フェースをスクエアに出来ていないようです。アドレスではスクエアにしていても、テイクバックからトップスイングを作っていくとグリップが緩んでしまっていることに原因があるように感じます。もともと、グリップはピッコロになりやすいので、これを修正しなければいけません。なんとかしてスクエアなインパクトを迎えるために、フェース面を真っ直ぐにする必要があります。

そして、難しいのはスイング軌道です。

今からスイング軌道をどうにかしようなんてことは、直ぐに出来るわけではありません。色々と試した結果、私の場合はスライスする時は右肩が入ってきています。ですから、当たり前のように被ってきますからアウトの軌道になります。左肩ばかり意識をするのではなく、右肩が自分の首の真後ろ辺りに来るような間隔で捻転をして、そのまま下半身で捻り戻してくると、上半身が遅れて振られてくる感じになります。それが、オンプレーンになりやすいと感じました。

考え過ぎると、普通に振ることも出来なくなってきますので、スライスはOKな感じで自分で調整をしていくことが大切ですね。とにかくやってみないと始まりませんから。

 

 

スライス、フェード打ちを治す方法

スライス、フェードボールを治すには、インサイド軌道のスイングにすることが必要です。

フェード打ちというのは、ボールが少し左へ飛び出して、右へ戻ってくる弾道のことです。ですが、フェードだと思っている弾道の殆どは、単なるスライスであり、手打ちとなっていることが殆どです。私も、フェードだと思っていたけど、単なる手打ちのスライスでした。

ドライバーを腕(手)で、振ってしまうと、身体の捻転に関らずドライバーヘッドをボールにヒットさせようとしてしまいますから、ドライバーヘッドの軌道は、ボールに対してレベルでヒットする軌道となります。併せてアウトサイドから入ってきます。すると、ロフトが立ち上がって、アウトサイドから入りますので、低い弾道でスライスしてくることになります。

フェース面が開いている場合は、左に飛び出して、高い弾道で大きくスライスしてきます。

フェードだと思っている、スライスを修正するには、トップスイングでグリップエンドを垂直に下してきて、身体の捻転と腕を同調させるイメージで振ると、スクエアなインパクトで打ち易くなります。また、適切なアッパーブローの軌道となりますので、自然と高い弾道が打ち易くなります。

コックを保ってクラブ(腕)を下してくる

トップスイングからボールを当てにいこうとして、振るのではなくて、トップスイングをつくったら、垂直にクラブ(腕)を下してくるイメージです。身体の捻転と同調してクラブ(腕)が振られていきます。

 

コックを保って下ろしてくる

手首がつくるコックを保ったまま下してくることが大切です。打とうとすると、この時点でコックが解放されてしまいます。すると、クラブ(腕)を下してくる、ダウンスイングの瞬間でクラブが空気を切る音がします。つまり、この時点でスイングが終わっているということになります。

 

手打ち、手で振る、腕のチカラに頼ってる

手打ちというのは、腕の力でゴルフクラブを振るという動作です。手打ちのデメリットは、身体の捻転との同調を無視して、ゴルフクラブを引き下ろしてくるので、アウトサイドイン軌道となり、フェース面は開いたままでインパクトします。ですから、ゴルフクラブは外側から入って、フェースは開いているので、ボールは少し左方向へ飛び出して、スライスボールしてくるという弾道になります。

 

何度も練習をして、適切なスイングで打てるようになると、自然と飛距離が伸びますし、高い弾道で打てるようになります。適切なスイングができているのに、フェード(スライス)するとなると、今度はグリップの問題となってきます。

 

ボールを直接、打とうとしない

トップスイングが作られたら、そのまま真っ直ぐに下してくるイメージを持つと良いです。腕で下して来たりする必要はありません。下半身を先行させて、腰を回旋すれば、自然と腕が下されていき、手元が身体に巻き込まれるように引き付けられていきます。

本当は、真っ直ぐ下してくる訳ではないと説明されていることもありますが、余計に混乱してきますので、注意して下さい。基本的には、トップスイングを作って、そこから腕(クラブ)を真っ直ぐ下してくるイメージ、グリップエンドを垂直に下してくるイメージを持った方が判りやすいです。真っ直ぐ下してくることで、インサイドイン軌道のスイングをつくることができるようになり、スクエアなインパクトで打ちやすくなります。

 

 

スイング軌道をイメージすること

フェード打ち、スライスを治すには、スイング軌道をイメージすることが重要です。スイング軌道がイメージできるまで練習するこが必須です。自分の頭のなかのスイングのイメージと実際のスイング軌道に差異がある場合は、なかなかフェード打ちを治すことが難しいです。

アウトサイドイン軌道

手打ちになっていたり、腕でゴルフクラブを引っ張ってきたり、手で打とうとすると、身体の捻転との同調性がとれずに、アウトサイドからゴルフクラブが入ってきて、いとも簡単にスライスボールを打つことになります。スライスに悩んでいる人の殆どは、これが原因であることが多いです。

インサイドアウト軌道

身体の捻転と腕(ゴルフクラブ)が同調していると、インサイドから振っていくことができるし、自然とドローボールが打てます。

 

 

スイング分析&クラブフィッティングでフェードをチェックする

 

GDOが運営しているゴルフスクール、ゴルフテックでは、スイングを分析して可視化することができます。スイングを数値化することができるので、肩の入り具合、腰の回転具合、上体の傾き具合が数値として表現されます。また、プロゴルファーのスイングと比較して、どこを修正すべきなのかを導き出してくれます。併せて、クラブフィッティングも行っていますので、自分に合った、ヘッドとシャフトを見つけることができます。ちなみに、GDO運営のゴルフスクールですから、GDOサイトでゴルフクラブを優待価格で購入ができるという特典があります。

スイング分析をしたら、もしかしたらスイングが悪い訳ではないかもしれません。クラブフィッティングをしたら、スイングが悪いのではなくて、クラブが合ってなかったというように、多角的にスイングをチェックすることができます。更なるレベルアップをするには、スイング分析&クラブフィッティングは大切です。

ゴルフテックの魅力

  • スイング分析でスイングを数値化
  • プロゴルファーとのスイングと比較
  • クラブフィッティングで最適なギアを見つける
ゴルフテックの詳細紹介

 

日々、精進
がんばります

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン