飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテックゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

つかまるボールを打つ! でも、つかまるって何だろ?

スライスボールというのは、つかまっていないから打ち出すボールが右に曲がってしまう・・・。では、つかまるボールはどうなのだろうか? というよりも、そもそも「つかまるボール」、「つかまったボール」というのは何を意味しているのかを明確にしておかないといけないと思います。

スポンサーリンク
 

つかまったボールが打てれば、真っ直ぐ飛ぶのだろうか?

つかまったボールが打てれば、ドローボールが打てるのだろうか?

つかまったボールの意味は何か追求してみました。

つかまったボールとは

不明確ですが、一般的には つかまったボールはフック系のボールが打てる・・・つまりドローボールが打てるというイメージが大きくありますが。つかまったボール・・・ゴルフクラブのフェースがボールをつかまえる事が出来るのかは判りませんが、「つかまる」という表現に近い状態になるのだろうと思います。つかまるキャッチ ですから、捉える とか 捕える という言葉になります。ゴルフクラブのフェースから手が生えてきてボールをつかまえる・・・そんな漫画の様なことはありませんが。

ゴルフクラブのフェースがボールにヒットした時には、瞬間的にゴルフボールは潰れて歪みます。そして、ゴルフボールが潰れて、元の形状に戻ろうとします。ゴルフクラブのフェースがボールにヒットして、ゴルフボールが潰れた瞬間はゴルフクラブのフェースとボールが接している状態となります。簡単に言ってしまうと、ゴルフボールがクラブのフェース面に張り付いている状態となります。これを、つかまる と呼んでいるのだと思います。

ゴルフボールがクラブのフェース面に張り付いている状態でシャフトを振りぬいていくから、振りぬかれた方向に向かってボールは飛んでいくというメカニズムですね。ということは、飛ばしたい方向へ振りぬく・・・つまりフォロースルーはとても大切であるということが判ってきます。

フォロースルーは大切ですが、その前の動作としては・・・飛ばしたい方向へフォロースルーするためには、テイクバックで決まるということですね。

ゴルフボールが潰れた状態でゴルフクラブのフェースに張り付いている、時間が長ければ長いほど強いギア効果が発揮できるだろうと思います。といっても、その時間は1秒も無い程でしょうね。瞬間的なことです。

ならば、スライスボールになってしまう 「つかまっていない」 場合はどうなのか? きっと、フェースにボールが乗ってない(張り付いてない)ということだろうと思います。ですから、ボールも大きく潰れていないということになります。ゴルフボールが置いてあるところをクラブヘッドが通過して、クラブフェースとボールが当たっただけという感じなのだろうと思います。

スポンサーリンク
 

最近のドライバーは、たわむから・・・

最近のドライバーはヘッドの素材としてカーボンを採用しているモデルが増えています。カーボンを採用することで軽量化を図り、さらに低重心にすることが出来るというメリットがあります。そして、クラブヘッド側が「たわむ」という効果を得ることが出来ます。

インパクト時にクラブヘッド側がたわむということは、ボールを潰すことが出来なくても、クラブのフェース面とボールが接している時間が長くなる・・・フェースにボールが乗るということになります。実際のところ、私はテーラーメイドM1ドライバーを使っていますが、ヘッドのたわみ効果によりボールが乗っている・・・つまり、ボールがつかまっている という感触を実感しています。

ボールを潰すといっても非力なアマチュアゴルファーが硬いゴルフボールを変形させられるほど強烈なインパクトを迎えることは不可能です。パワーのある人なら出来るかもしれませんが。ならば、クラブヘッド側がたわむことでボールを潰した時と似た様な感覚は得られるだろという仕組みになっているのかもしれませんね。また、ヘッドがたわむということはボールスピードをアップさせることも手伝っています。ヘッドがたわむドライバーというのは、ボールを潰すことが出来ないアマチュアゴルファー向けのドライバーかもしれませんね。

フェード も ドロー も ボールをつかまえる

上述したことを考えると、フェードと呼ばれるボールが左に飛び出してスライスをする弾道もドローと呼ばれるボールが右に飛び出してフックしてくる弾道、どちらもボールをつかまえることが出来なければ実現できない(難しい)ということになります。

ゴルフレッスンの先生がしきりに つかまったボールを打って・・・と言っていたのは、ボールを潰せという意味もあるだろうし、フェースにボールを乗せるという意味もあると思います。ただ、アマチュアゴルファーがそんな難しい事が直ぐに出来るようになるとは思えません。ということは、フォロースルーをもっと長くしてあげるくらいしか出来ません。それでも、けっこう難しいです。フォロースルーを長くする、飛ばしたい方向にフォロースルーをする・・・クラブヘッドとシャフトを飛ばしたい方向に振りぬいていくわけですが、それに注視しているとボールを押し出している感覚がなんとなくわかってきます。

これが、つかまるボール? ・・・なのかな?
という感じが判ってきます。

スポンサーリンク
 

The Moment of Impact. An Inside Look at Titleist Golf Ball R&D

上の動画はタイトリストのインパクト時のボールの潰れ方によるボールスピードの違いです。ボールスピードが速いほど、ボールが大きく潰れるのが判ります。つかまるボールには直接的には関係がありませんが、ボールの潰れ具合を知る事が出来ます。

ボールの潰れ具合によってボールスピードが変化します。
動画の40秒あたりから登場するのは以下の4種類の潰れ方です。

  • 120mph = 約53.63m/s
  • 135mph = 約60.33m/s
  • 175mph = 約78.21m/s
  • 160mph = 約71.51m/s

ボールを潰すというのは、意外にも飛ばすことに関しては重要な要素であることが判りますね。

ボールを潰せばフェース面に乗るのか、つかまる のかと考えていくと、柔らかいボールの方が良さそうなイメージが沸いてきます。ただ、柔らかすぎるボールは潰れ具合が大きくなってしまい、逆にバックスピン量が増えてしまうかもしれませんね。とりあえずボール選びは後回しにして、つかまるボールを打つ ためのフォロースルー、フェース面にボールを乗せるイメージを大切にして練習に取り組もうと考えています。つかまるボールを打つ・・・簡単に言いますが、簡単にはできないかもしれませんが頑張ります。

ゴルフの打ち方で面を使う練習という記事では、ボールが捉まる感覚の面の使い方を説明していますので、併せて読んでみてください。

日々、精進
がんばります

ドライバーの練習、打ち方 他の記事

スポンサーリンク
 
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン