飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

アスリート向けドライバーとアベレージ向けドライバーの違い

更新:

新しいスリクソン ZERO SRIXONが登場するということから気付いたのですが、アスリート向けドライバー、アベレージ向けドライバーの違いとはどんな点にあるのでしょうか。その辺りを紹介します。

 

アスリート向けのドライバー

アスリート向けのドライバーの特長を紹介します。シャフトが重くて、硬いというだけではなくて、ドライバーヘッドにもアスリート向けドライバーの特長がみられます。

捉まりが抑えられている

アスリート向けのドライバーの特長としては、捉まりが抑えられたモデルが多いです。昔のスリクソンのドライバーであれば、オープフェースになっているようなモデルもあり、左方向へのミスを軽減できる構造となっているモデルが多いです。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

曲がらないフェードが打てる

捉まりが抑えられている=スライス(フェード)するという訳ではありません。打てる人にとっては、曲がらないフェードでストレートボールで打てます。つまり、フック持ちの人が使えるドライバーです。アスリートなゴルファーの場合、強いヘッドローテーションを効かせることができ、フック系のミス、左へのミスを軽減したいという人が、安心して振っていけます。

テーラーメイドの場合、M2ドライバー、M4ドライバーは、基本的にはアスリート向けとなっていますので、捉まりが抑えられています。つまり、フェードが打ちやすいドライバーです。M2ドライバー、M4ドライバーを使い始めてみて、スライスしか出ないという人は、けっこう多いです。そういった場合は、捉まりの良いドライバーに変更した方が賢明です。

関連記事
マーク金井さんもM4ドライバーは、フェードが打てるとしています。強く同意できます。

M4ドライバーは、ツイストフェースによりギア効果の曲り幅が軽減できるとのことですが、実はフェース面をシャットにして、スクエアにインパクトできるゴルファーこそが受けられる恩恵でもあったりします。ヘッドローテーションができない人は、かなり難しいドライバーになってしまう可能性があります。

重心位置

重心深度を浅くして、低スピンなボールが打てるような重心設計になっているドライバーが多いです。

アスリート向けのドライバー特長

  • 捉まりが抑えられている
  • 重心深度が浅い(浅重心・前重心)
  • 低スピンが打てる
  • ある程度、ヘッドスピードが速くなければ扱えない

 

アベレージ向けのドライバー

アベレージ向けのドライバーの特長を紹介します。簡単に低スピン+高弾道が打てるモデルが増えています。併せて、スライスを減らしてくれるような構造を取り入れているモデルも増えてきました。

捉まりが良い

重心角・重心アングルを大きく入れており、ヘッドローテーションを手助けしてくれるような構造となっています。ヘッドスピードが速いゴルファー、ヘッドローテーションを強く入れられるゴルファーが使うと、フックが強くなってしまい、チーピンになることもあります。

重心位置

重心深度が深くなっており、慣性モーメントが高く、誰でも簡単に高弾道が打てるヘッド構造となっています。慣性モーメントが高いというのは、加速しだしたドライバーヘッドの挙動や方向性が変わり難いということです。ですから、直進性が高くなります。ですが、フェースが開いたまま加速すれば、そのまま加速しますので、スライスしやすくなります。それを軽減させるために、重心角が大きく入ったドライバーが増えてきています。

アベレージ向けのドライバー特長

  • 捉まりが良い
  • 重心深度が深い(深重心)
  • ヘッドスピードが遅くても、打てるし、扱える

 

わざわざ難しいクラブ使う必要は無い

以前からアスリート向けのゴルフクラブを発表していたメーカーの有名どころと言えば、タイトリスト、スリクソンです。タイトリストも難しいゴルフクラブばかりではなく、優しいモデルを発表して、ターゲットとするユーザー層の幅を広げています。

スリクソンもアスリート向けのイメージが強く、やはり難しいクラブが多いという印象があります。なかには、アベレージゴルファーでも扱えるモデルはありますが。ZEROSRIXON(ゼロスリクソン)になってからは、アベレージゴルファーでも扱えるドライバーになるとのことで、とても興味があります。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

結局のところ、難しいゴルフクラブを使ってもスコアメイクはできません。上達するには、難しいクラブを使うのも良いかもしれません。ですが、ゴルファーの目的としては、飛ばしたい、曲げたくない、真っ直ぐ飛ばしたい、良いスコアでラウンドがしたいということです。

ユーザー重視のマーケットインなゴルフクラブが増えてきたように感じます。
とにかく、ドライバーは、飛ばせるドライバーが良いですね。

関連記事

日々、精進
がんばります

併せて読むと知識アップになる記事

ヘッドスピードを上げるコツ ドライバーの飛距離アップに必要なのが、ヘッドスピードです。ヘッドスピードを速くすることが、飛距離アッ...
ドライバーのスライス 改善策 ドライバーのスライスの改善策 目次 ドライバーのスライスを治す アイアンは打てるのにドラ...
ゴルフ ドライバー インパクトのイメージとインパクトの形... 更新:2018年08月07日 こちらでは、ドライバーショットでのインパクトを紹介します。 ゴ...
8番アイアンのロフト角と飛距離と活用方法... ストロングロフトのアイアンが浸透してきましたし、5番アイアンを抜いたセッティングも増えてきました。ア...
テーラーメイド M グローレ | 2018年10月26日発売... 更新:2018年08月09日 Mシリーズと融合した新しいグローレが登場します。白黒ツートンのグロー...
打てなくなったらスイングプレーンをチェック... ベン・ホーガンのスイングプレーンは、とても有名です。それなりにゴルフをしてきた人ならば、知っているは...
フランチェスコ・モリナリ | 全英オープン優勝時のセッティング... フランチェスコ・モリナリ | 全英オープン優勝時のセッティング 全英オープン優勝 フランチェ...
ベン・ホーガンのグリップ 更新:2018年08月13日 ベン・ホーガンのグリップ グリップが緩むとミスショットしや...
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと... 更新:2018年08月13日 ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ