飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

テーラーメイド 歴代グローレ ドライバー 比較

テーラーメイドのモデルの中でも沸々と人気があるのがグローレ・シリーズです。はじめて登場してきたときは、長尺モデルで非力なゴルファー向けのイメージが強かったのですが、最近はそうでもありません。全体的にシャフトが長くなってきているということもあり、多くのゴルファーが使えるモデルになってきています。

M2、M4シリーズは、ワールドワイドなモデルとなっていますが、グローレは、日本人向けのモデルということもあり、日本人の体格、体力に見合った設計となっており、とても構えやすく、打ちやすいというのが最大の特長です。

各モデルの特長をまとめましたので、参考にしてください。

 

テーラーメイド グローレ ドライバー(2012年)

2012年3月発売


GDOギアカタログ

 
グローレ初代のモデルです。登場してきた当時は、R11ドライバーがアスリート向けのライン、ロケットボールが競技志向のラインでした。その中で、グローレ・ドライバーは、ヘッドスピードが遅くても飛ばしたいというゴルファー向けのモデルでした。どちらかというと、バーナーの流れを組んでいるようなモデルでした。捉まりが良くて、シャフトも高性能で、ヘッドスピードが遅くてもヘッドを加速させることができるモデルです。シャフトは、GL450、GL550 2種類あります。

スペック詳細

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5、10.5、11.5
  • 長さ:GL450 46.5インチ、GL550 46インチ
  • ライ角:58度(スタンダードポジション)

GL450 シャフトスペック / 46.5インチ

バランス:D4
キックポイント:中調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量
S 49 4.6 285
SR 48 4.8 284
R 47 4.7 282
R2 45 5.1 280

GL550 シャフトスペック / 46インチ

バランス:D2
キックポイント:中調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量
S 56 4.4 292
SR 53 4.7 289
R 52 4.8 288

 

 

 

テーラーメイド グローレ リザーブ ドライバー(2012年10月)

2012年11月発売


GDOギアカタログ

 
フェース面が白くて、ヘッドクラウンも白色で、コントラスがはっきりしないと言われていたこともありました。意外にもディープフェースとなっており、低スピンなボールが打ち易くなっています。飛ばしたいシニアゴルファー向けのモデルとなっています。若干、ボールが上がり難いという意見もありました。リアルロフトが少な目となっているので、ロフト選択には注意が必要です。

スペック詳細

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5、10.5
  • 長さ:GL450 Reserve 46.25インチ、GL550 Reserve 46.75インチ
  • ライ角:58度

GL450 Reserve シャフトスペック

バランス:D4
キックポイント:中調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量
S 49 4.5 281
SR 48 4.7 279
R 47 4.8 277

GL550 Reserve シャフトスペック

バランス:D2
キックポイント:中調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量
S 56 4.3 287
SR 53 4.6 284
R 52 4.8 282

 

 

 

テーラーメイド グローレ ドライバー 2014年

2013年12月発売


GDOギアカタログ

 
低スピンが強くなり、いつも通りのロフト角でも、ボールが上がり難いと感じることもありました。捉まりも抑えられており、スライサーよりも、左を警戒するゴルファー向けのモデルとなっています。いつも通りに打つと、自然とフェード弾道になります。

スペック詳細

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5、10.5
  • 長さ:GL2200 46.5インチ、FUBUKI K50 46.25インチ
  • ライ角:58度

GL2200 シャフトスペック / 46.25インチ

バランス:D4
キックポイント:先中調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量
S 56 4.3 292
SR 47 4.5 284
R 45 4.7 282

GL550 シャフトスペック

バランス:D2
キックポイント:中元調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量
S 56 4.4 290
SR 55 4.5 289
R 54 4.5 288

 

 

 

テーラーメイド グローレ F ドライバー(2014年)

2014年10月発売


GDOギアカタログ

 
国内の女子ツアー、シニアツアーでの使用頻度が高まってきた時期でもあり、グローレというドライバーの注目度が高まった時期でした。ソール側にスピードポケット(溝)が設けられており、打点がズレても強い弾きで飛ばせます。どちらかというと競技志向、アスリート向けのモデルとなっています。ヘッドクラウンの見栄え、デザインが女性っぽからなんだかな・・・という声もありました。捉まりが良くて、心地よく飛ばせるモデルです。

スペック詳細

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10、11、12
  • 長さ:GL3300 46インチ、G3000 46インチ
  • ライ角:60度

GL3300 シャフトスペック / 46インチ

キックポイント:中調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量 バランス
S 56 3.8 294 D4
SR 54 4.2 292 D4
R 51 4.7 289 D3.5

GL3000 シャフトスペック / 46インチ

キックポイント:中調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量 バランス
S 49 4.5 287 D4
SR 48 4.8 286 D4
R 46 5.0 284 D3.5

 

 

 

テーラーメイド グローレ G ドライバー(2015年)

2015年11月発売


GDOギアカタログ

 
グローレシリーズの中で、最も捉まるモデルです。もう、絶対にスライスしないだろうというくらいに捉まりが良いです。重心角が多く入っており、フックフェースの度合いも強いです。いつもスライスしか打てない人でも、捉まえてスライスを減らすことができるモデルです。クラブ総重量も軽くなっており、振りやすいモデルです。

スペック詳細

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10.5、11.5
  • 長さ:GL5000
  • ライ角:60度

GL5000 シャフトスペック

キックポイント:先調子

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量 バランス
S 45 5.0 268 D4
SR 42 5.2 264 D4
R 40 5.4 263 D3.5

 

 

 

テーラーメイド グローレ F2 ドライバー(2016年)

2016年10月発売

 
グローレシリーズの中で、もっとも飛ばせるモデルです。フェースの弾きが更に強くなっており、打点がズレても想像以上に飛んでくれていることが多いです。捉まりも良いです。低スピンで、高い弾道が打ち易くなっています。テーラーメイドのアスリートラインのM1、M2よりも飛んでる感じがして驚きました。初期のグローレよりも、明らかに飛び性能が高くなっており、テーラーメイドのアスリート向けのラインナップを凌ぐほどの飛び性能を持っているモデルです。

スペック詳細

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:9.5、10.5、11.5
  • 長さ:GL6600
  • ライ角:60度

GL6600 シャフトスペック

フレックス シャフト重量 トルク クラブ総重量 バランス
S 53 4.1 290 D3.5
SR 50 4.2 287 D3.5
R 47 4.9 284 D3.0
テーラーメイド公式ネットショップ
テーラーメイド公式ネットショップにて、価格安くなってます。
税込価格:44,800円(送料込み)
【送料無料】テーラーメイド グローレ F2 (GLOIRE F) ドライバー

 

 

 

グローレF と グローレF2 の違い

グローレFとグローレF2の違いは判り難いですが、打ってみると全く違います。

グローレFとグローレF2、どっちが良いか?どちらを購入しようかと考えている場合は、グローレF2を迷わずオススメします。グローレF2の方は、スピードポケットが進化しており、打点ズレが発生しても強い弾きでよく飛びます。

また、重心角が大きくなっており、捉まりが良いです。その、捉まりの良さというのは、スライスを減らすことができるほどに捉まりが良いです。つまり、スライスを減らして、直進性が良くなりますので、それだけで飛距離アップできます。

 

 

各モデル、特長比較

モデル名 特長
グローレ 2012年 長尺で飛ばせる。
スピードポケットが未だ無かった。
でもフェースが弾くモデル
長尺でヘッドスピードが速くなる。
非力なゴルファーが飛ばせるモデル。
グローレ リザーブ 2012年 極薄グラファイト素材とウレタン素材を、
使用したフェース面を採用。
ディープフェースで柔らかい打感。
低スピンが打てる。
グローレ 2014年 極薄グラファイトコンポジット素材と
ウレタンカバーを使用したフェース面。
捉まりが良い。
グローレ F 2014年 高弾道+低スピンが打てる。
スピードポケットが進化して弾きが良い
グローレ G 2015年 超軽量で非力なゴルファー向け。
スライスを減らす程に捉まりが良い。
直進性が良くなってキャリーアップできる。
グローレ F2 2016年 捉まり良い。
スピードポケットの弾きが良い。
高弾道が打ちやすい。
M2、M4を凌駕する飛び性能。

 

 

グローレ シリーズは、長尺ドライバーか?

グローレシリーズのドライバーは、長尺ドライバーに分類されます。当初から、グローレシリーズのドライバーは、シャフトの長さが46インチの長尺モデルに分類されていました。ただし、最近のドライバーの殆どが、長さ45.75インチとなっており、実測46インチです。ですから、グローレだけが、特別長いという訳ではありません。他のドライバーと長さは変わらないことが多いです。

 

 

グローレは、そのモデルごとにコンセプトが大きく違う

グローレシリーズは、そのモデルごとにコンセプト、狙っているユーザーのターゲットが大きく違ってきます。グローレだから、全てのモデルが、非力なゴルファー向けという感じではありません。マイナーチェンジをしていることもあるので、正直なところ前作と何が違うのか判らないというモデルもありますが、微妙な変化と進化をしてきています。

モデル名 向いてるゴルファー
グローレ ドライバー(2012年) 長いシャフトで飛ばしたいゴルファー向け
グローレ リザーブ ドライバー(2012年10月) 独特な打感と打音で飛ばしたい人
打点ズレが発生しても方向性を失い難い
グローレ ドライバー(2014年) リザーブから、さらに進化したモデル
白ヘッドが嫌いな人向け
グローレ F ドライバー(2014年) 弾道調整機能付きドライバーが使いたい人
キャリーとランを出したい人
グローレ G ドライバー(2015年) 飛距離と方向性を追求したいゴルファー向け
軽量ドライバーで飛ばしたい人向け
スライスを減らしたい人向け
グローレ F2 ドライバー(2016年) ヘッドスピード42m/sくらいまでの競技志向ゴルファー向け
スライス減らして方向性アップさせたい人

 

 

グローレ シリーズの中で、どれが良い?

どれが良いのか判断するのは難しいです。ただ、今までの進化の経緯を辿っていくと、2つのモデルに絞り込むことができますので、紹介します。

とにかく飛ばしたい人

ヘッドスピード 42m/sくらいまでのゴルファー
グローレF2ドライバー2016年がオススメ!

グローレF2ドライバー2016年がオススメです。ぶっちゃけ、M2、M4ドライバーよりも優しく打てて、捉まりがよくて、飛んでます。歴代グローレの中で、もっとも飛び性能が高く、捉まりが良いモデルです。アスリートラインのM2、M4ドライバーよりも飛んでる感じがします。

スライスを減らしたい人

ヘッドスピード 35m/s~38m/sくらいまでのゴルファー
グローレGドライバー2015年がオススメ!

もう、スライスが打てないくらいに捉まりが良いです。しかも、クラブ総重量が270グラム以下となっています。ヘッドスピード35m/s~38m/sくらいで、スライス減らして飛ばしたい人に向いてます。

 

関連投稿記事
飛ぶドライバーの要素 反発係数の高いドライバー
views 1021
飛ぶドライバーの要素 【 反発係数の高いドライバー 】 目次 反発係数の高いドライバー 長尺シャフトを使う 重いヘッドのドライバーを使う 飛ぶドライバーの要素をまとめると       反発係数の高いドライバー 2008年からはS...
飛ばないと思ったら・・・ドライバーの劣化だった
views 530
先日のラウンドでドライバーがおかしいなと思っていました。 なぜか飛びません。 おかしなスイングになっているのか、腕にチカラが入っているのだろうかと悩みながらラウンドをしていました。打音もおかしい、打感の感触もおかしい、ヘッドが戻ってこない感じがする・・・不思議な感覚に捉われたままラウンド...
長いシャフトのドライバーの方が飛ぶ 長尺ドライバー
views 402
ドライバーのシャフトは長いほうが良いのかどうかということを考えたときに、私は長いほうが飛距離が出せると思っています。シャフトが短いドライバーは、それなりに振り回しやすいですし、ボールと自分の距離が近く感じますので、安心感があります。ドライバーよりもスプーンの方が打ちやすいというのは、シャフトが短いか...
適正なスピン量 と 弾道 と 打ち出し角 で飛距離アップ?
views 323
昨今、ドライバーで飛ばすための要素として、打ち出し角、バックスピン量 が必要だということが明確になってきた時代になったと感じます。たしかに、その通りだろうなと思います。スピン量を減らしてしまうとボールが上がり難くなってしまうので、それを防ぐためにロフトアップをして、打ち出し角を適切にするということも...
迷走する石川遼が短尺ドライバー使う
views 0
エピックより飛ぶドライバーが、登場するとのことで話題となっています。石川遼さんが、ニュードライバーの試打をしている動画ありましたので、シェアします。動画をよく見ると・・・ドライバーのソールが見えますね。 EPIC(エピック)より飛んじゃう…!?石川遼がキャロウェイの新ドライバーを打った! ...
男だけどレディース用のドライバーで練習してます
views 783
2017年に入ってから、短いドライバーを使う選手が注目されていたということもあり、短尺ドライバーを使ってみたいという気持ちがありました。いきなり、シャフトカットする訳にもいきませんので、レディース用のドライバーで練習してます。また、何か訳の分からないことをやりだしなと思われるかもしれませんが、やって...
毎年、飛ぶドライバーが発売されるが本当に飛ぶ?
views 745
毎年、新しいモデルのゴルフクラブ、ドライバーが発売されています。新しいモデルのゴルフクラブのキャッチは、今よりも飛ぶ というのが多いような気がします。飛ばなければ、売れないからでしょうね。 今年の飛ぶドライバーは?という記事も読んでみて下さい。 毎年、今よりも10ヤード飛ぶ というドライバー...
歴代ゼクシオ 5モデル ドライバー 比較紹介
views 39
更新:2018年07月04日 新・ゼクシオ(6代目)、ゼクシオ7(7代目)、ゼクシオ8(8代目)、ゼクシオ9(9代目)、ゼクシオ10(10代目)の比較紹介です。ゼクシオといえば、シニアドライバーのイメージが強いですが、必ずしもそうだとは言えません。一般的な体力のゴルファーが、しっかりと飛ばせるモデ...
松山英樹に習う、自分に合ったドライバーのチューニング
views 156
アメリカの試合で4勝している松山英樹選手ですが、彼の使っているドライバーやシャフトなどを調べてみると、彼なりのドライバーの選び方というか、調整の仕方みたいなものが見えてきます。松山英樹選手は使い慣れたクラブを長く使うタイプです。アイアン、ウェッジなどは鉛を張って調整をしたりもしています。 ...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ