飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

テーラーメイド Mグローレ ドライバー 打ちました

更新:

テーラーメイドのMシリーズとグローレが融合したと言われていますが、私が感じたのは、D-TYPE と グローレが融合したという感じです。とにかく、めちゃくちゃ優しく、簡単に飛ばせるドライバーです。こんなに簡単に飛ばせるドライバーは、初めてかもしれません。Mグローレを実際にゴルフコースで使ってきましたので、感想をシェアします。

 

実際に使用したMグローレドライバーのスペック

実際にゴルフ場で、テーラーメイドMグローレドライバーを打ちましたので、レポートをシェアします。Mシリーズのツイストフェースとハンマーヘッドが搭載された、グローレだから、Mグローレと名付けられました。だけど、実際に打ってみた感じとしては、日本未発売の D-TYPE(USモデル)に、近い捉まりやすさがありました。

とにかく捉まりが良くて、高弾道が打ちやすいです。本当に優しく、簡単に高弾道でドローボールが打ちやすいドライバーです。こんなドライバーは、初めてです。もう、名器の予感がします。

Mグローレ ドライバー 実際に打ったスペック

  • ロフト角:10.5度
  • シャフト:Speeder EVOLUTION TM
  • フレックス:SR
  • クラブ総重量:約278グラム

 

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

Speeder EVOLUTION TM シャフトスペック

かなり軽量なドライバーとなっていますが、実際に持ってみると、それほど軽い感じはしません。といっても、無駄にヘッドが効いてる感じでもありません。全体的なバランスが取れており、とても振りやすく、いつもより素早くフォロースルーをつくって、打てます。

フレックス S SR R
トルク 4.9 5.0 5.2
シャフト重さ 50 47 42
クラブ総重量 281 278 273

 

Mグローレ ドライバーを打ってみた感想

コースで使ってみた感想として、気付いたのは、4点あります。
MグローレドライバーとM2ドライバー(2016)比較

  • (1) スライスしない
  • (2) シャフトとのマッチングが最高
  • (3) USモデルのD-TYPEドライバーに似てる
  • (4) カーボン使ってるけど、打音が良い

スライスしない

もう、スライスが打てなくなります。本当に捉まりが良いです。
実際にコースで使ってみた感想としては、右に行かない、スライスしないというのが、最大のメリットであり、Mグローレドライバーの強味です。計測してませんが、重心角(重心アングル)が大きく入っており、自然とヘッドが返ってくれます。スライスしないといっても、擦ってしまえば、スライスします。Mグローレのスライスしないというのは、フェース面が少し開いていても、スライスし難いという感じです。

シャフトとヘッド性能がマッチしている

そして、ドライバーヘッドとシャフト剛性の相性が良くて、ドライバーヘッドの性能を最大限に引き出してくれます。これって、ゼクシオに近い開発コンセプトですね。シャフトフレックスSRなのに、トルクが5.0あり、頼りなさそうに感じますが、しっかりと撓り戻ってくれます。フレックスSRでクラブ総重量が約278グラムとなっており、数値的には軽量ですが、ヘッドが効いているので、それほど軽さを感じません。ヘッドスピード43m/s以上のゴルファーが使ってみても、おかしな弾道になることはありませんでした、それくらいシャフトの性能が良いのだと思います。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

打音が良い

カーボン使用のコンポジット系のドライバーの宿命でもある、打音と打感の悪さがありません。Mグローレのフェースは、フォージドとなっていますので、打音が金属音となっており、心地よい打音です。

打感が良い

M3ドライバー、M4ドライバーにツイストフェースが搭載されて、打感は硬い感じでした。Mグロレーは、逆に柔らかいというか、マイルドな打感に仕上がっています。

USモデルのD-TYPEに近い捉まり

Mグローレを打ってみて気付いたのは、捉まりを重視したドライバーということ。その捉まりの良さは、USモデルのD-TYPEという捉まり重視のドライバーがあります。日本未発売のモデルです。この、D-TYPEドライバーに近い捉まり具合を再現したのが、Mグローレドライバーだと思います。捉まる感じがソックリです。フェース開いて打っても、ストレートボールが打てます。スクエアで打つと、ナチュラル・ドローが打てます。アウトサイドイン軌道で打ってしまうと、ボールの飛び出しが左後方になり過ぎる傾向にあります。

テーラーメイドのD-TYPEとは

D-TYPEとは、ドローバイヤスが入ったドライバーのことです。テーラーメイド M2 D-TYPEドライバー、M4 D-TYPEドライがーあります。どちらも日本未発売モデルで、USモデルとなります。これらの、D-TYPE ドライバーは、従来のドライバーよりも重心角(重心アングル)が大きく入っており、捉まりを良くしています。その、D-TYPE ドライバーに、Mグローレドライバーは、とても似ています。

 

テーラーメイド Mグローレ ドライバー 購入

テーラーメイド Mグローレ ドライバー

テーラーメイド公式ネットショップにて購入可能です。先行予約受付中です。テーラーメイドのネットショップに新規会員登録をすることで、15%OFFクーポンが貰えますので、とてもお得です。ちなみに送料無料です。

Mグローレドライバー購入はコチラ
テーラーメイド Mグローレ ドライバー 打ちました
テーラーメイド M グローレ | 2018年10月26日発売

Mグローレ ドライバーが向いているゴルファーは、スライス減らして、平均飛距離アップしたい人向けです。シャフト重さ、クラブ総重量が軽くなっており、非力なゴルファー向けという感じもありますが、ヘッドスピード40m/sくらいまでのゴルファーが平均飛距離アップできるドライバーです。

ドライバーの進化というのは、素晴らしいです。なかなか修正できない頑固なスライスボールもMグローレで減らすことができます。スライスが減れば、平均飛距離アップできます。この考え方というのは、テーラーメイドのD-TYPEドライバーと同じなのです。

Mグローレ ドライバー 先行予約受付中

 

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン