飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

フェード・ヒッター向けのドライバー、自分の持ち球はスライス

更新:

フェードが打ちやすいドライバー、フェードヒッター向けドライバーの紹介です。

 

フェードだと思っていたけど、スライスだった

勘違いフェード・ヒッター、自分の持ち球 実はスライスだった! 自分の持ち球を考えると、私はフェードです。以前、ゴルフレッスンの先生とラウンドをしたり、レッスンラウンドをしたりしていたので、ゴルフレッスンの先生は私の持ち球をフェードですねと言っていました。フェードが打てていると思っても、実はスライスだったりもします。

私も自分の持ち球は、フェードだと思っていました。その時、先生は私のフェード打ちを褒めているのかと思い、自信満々、得意気になっていました。ですが、先日のレッスンラウンドで先生が・・・私のドライバーをショットを見て・・・フェードというよりは、スライスを打っているフェードですねとキツイ一言。

身体が開いて、腕が入ってアウトサイド軌道で、フェイスも開いてボールにヒットしているので、思い切りスライスを打って、フェードだと思い込んでいる典型的な勘違いのフェード・ヒッターですよと言われてしまいました。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

何故、もっと早く言ってくれないの?と聞いたら、以前のレッスンラウンドはフェードとかスライスとかではないところを教えるためのレッスンラウンドだったので、順番に進めていかないと消化できなくなりますから、あえて何も言いませんでしたとのこと。

なるほど。
自分でも判ってはいたんですけどね。

身体が開いているのも判っているし、腕で合わせにいってアウトサイド軌道になっていることも判っています。そしてフェイスも開いています。たまたま、フックフェイスになっているので、スライスの曲がり幅が軽減されているだけだろうと思います。

 

チーピンが危険だから、フェード、スライスにした

私はチーピンが嫌いです。
強烈に曲がるフックが嫌いです。

90度、直角に曲がるようなフックとか見たくもありません。だから、勘違いフェード・ヒッターとして少しボールがスライスするような弾道の方が安心感があったのは事実ですし、精神衛生面にも安定していました。そして、スライス打ちのフェードというのは、フェイス面が少し開いてボールにヒットしますので、ボールが上がりやすいということがあります。これが、また、自分ではナイスショットが打てているような錯覚に陥っていたのでしょうね。

ティーグランドに立つときも少し左を向いて、少しオープンにして、スライスを打てばフェードの出来上がりです。

 

チーピンが連発する場合

チーピンが連発する場合は、右腕が強く入っているか、ヘッドを返すのが強いか・・・などなど、様々な症状が考えられます。 私の場合は、フォロースルーを強く押し出そうとすると、チーピンすることがありました。左にボールが飛び出すと、捉まって、強い弾道が 打ち出されますので、OBまっしぐらとなることが多かったのが悩みでした。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

だから、スライスを打ちたかったのです。 ただ、チーピンを治す、左のOBを減らすために、覚えたフェード打ちが単なるスライスだったということで、フェードが打ち易い ドライバーにしたところ、捉まったボールでフェードを打てるようになりました。私は、それほど飛距離が出るタイプではないので、 本当はドロー系が打てた方が良いのですが、フェード系のスライスの方がフェアウェイにボールを置けることが多く、精神衛生面的に 良い効果がありました。

特にゴルフ場の方も、左はOBが浅いけど、右側はOKとなっていて助かることが多いです。 私は、叩けるゴルファーではありませんが、右腕が強く入ってしまうことがありますので、フェードが打ちやすいドライバー、 オープンフェースとなったドライバーが好みです。フックフェース系のドライバーは、左のOBが脳裏を過ってしまってアドレスさえ できなくなることもあります。もう、ほとんどトラウマです。

 

フェード 打ちやすい ドライバーの特長

フェードが打ちやすいドライバーの特長としては、捉まりを抑えたヘッド構造となっていることが基本です。重心距離は、短くなっているのですが、ヘッドのトゥ側に重心が集中するように、トゥ側にウェイトが配置されているモデルが多いです。重心距離が短くても、ヘッド全体の構造と重心位置の配分で、捉まりを抑えたドライバーが多いです。テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデルは、2017年モデルよりも、重心距離は短くなっています。ですが、捉まりを抑えた重心配分となっています。初めて、M2 2016 ドライバーを使った人は、スライスが多かったのではないでしょうか。スライスして、普通であり、正解だったというモデルですね。

フェードが打ちやすいからといって、必ずしもオープンフェースになっているとは限りません。スクエアか、ほんの少しフックが入っているドライバーが多いです。昔の SRIXON ZR-800、Z-TX ドライバーなどは、オープンフェースとなっていて、とても構えやすくて、捉まえたフェードが打ちやすかったです。

また、最近はアジャスタブルホーゼルで重心位置を変更できるドライバーも増えています。ヘッドのソール側に取り恥ずかし可能なウェイトを配置されて、自分好みの弾道に調整できるドライバーも増えています。自分で調整できるドライバーは、とてもオススメです。

フェード 打ちやすいドライバー特長

  • 必ずしもオープンフェースではない
  • 必ずしも重心距離が長いとは限らない
  • ウェイト位置を変更したり、重心位置を変更できるドライバーが多い

フェードヒッターに合うシャフト

私が使っているのは、先中調子のシャフトです。先端が撓るので、捉まりが良くなりますが、最初からフェースを少し開いてアドレスをして、アウトサイドから振ってくると、フェースが開いていることもあり、高い弾道でボールが左に飛び出して、右に曲がって戻ってきます。 スクエアに構える人の場合は、重くて、硬くて、撓り戻りが少ないシャフトを使って、捉まりを抑えるという考え方もあります。別の話になりますが、自分はスライスしやすいと自覚している人に限って、重くて、硬いシャフトを使っている傾向が強いようにも感じます。

また、シャフトだけで考えるのではなくドライバーヘッドとのマッチングを考えることも大切です。最近のドライバーヘッドは、プロギアの RSシリーズのように、最初からフェードが打ち易いヘッド構造となっているモデルが多いからです。フェードが打てるドライバーヘッドに、 フェードが打てるシャフトを装着したら、プッシュアウトのスライスしかイメージできません。

大したゴルフ経験も持ってない私が言うのもおこがましいのですが、フェードが打てるドライバーヘッドの場合は、捉まるシャフト、弾いて打てる シャフトの方が向いていると感じています。

チーピンを減らしたいからフェードを打つ

フェードが打ちたいということは、チーピンが嫌だからであり、チーピンを減らしたいからという理由もあります。ですから、必ずしもスライス回転を発生させたボールじゃなくても良いということです。そういったことを考えると、フェード打ち用のドライバーに、先中調子のシャフトを装着して、インサイドから振っていくと、ストレートボールになることもありますし、インサイドから振って、ヘッドを返していくと、ドローが打てたりもします。

硬くて、重くて、中調子のシャフトの場合は、右へすっぽ抜けた感が強くなり、捉まりの悪いフェードになってしまうことがあります。

 

フェードヒッターは、曲がらないドローを打つ

フェードを得意としているゴルファーは、普通に、スクエアに打てば、フェードが打てます。フック回転を入れて、ドローボールを打とうとする、ストレートボールになります。つまり、もともとフェードが打てるタイプのゴルファーがフック回転が入った、ドローボールを打とうとすると、曲がらないドローボールとなり、ストレートボールになります。

ヘッドスピードが速くて、ヘッドローテーションを強く入れられるゴルファーの場合は、オープンフェースのドライバーを使っても強いフックが出ることもあります。

フェードヒッター向きのドライバーの殆どが、フック回転を入れても、あまりフックしません。どちらかというストレートボールに近くなります。ですから、強烈なフック、チーピンに悩んでいる人は、フェードヒッター向きのドライバーを使うと良いです。

これこそが、フック持ちゴルファーの悩みを解決できるポイントです。強烈なフック、チーピンで悩んでいるゴルファーは、自然とフェードを打ちたくなるはずです。フェードが打ちやすいドライバーは、捉まりを抑えて、左へのミスを減らすことができます。

 

フェードの弾道は、2種類ある

考え方によっては、フェードという弾道は、2種類の弾道があります。スライスする弾道だけが、フェードではありません。

(1) 緩やかなスライス回転の弾道
(2) ストレート弾道(曲がらないフェード)

自分の弾道傾向を把握して、フェード弾道を打てるようにした方が良いです。もともと、スライス持ちの人が、フェードが打ちやすいドライバーを使えば、スライスしかしません。フック持ちの人が、フェード打ち用のドライバーを使えば、左のミスを抑えながら、ストレートに近い弾道を打つことができます。フェードは、必ずしもスライス回転をさせる訳ではありません。

スライスが多い人

スライスが多い人は、捉まり重視のドライバーを使った方が賢明です。スライスを減らして、直進性を高めることができます。

フックが多い人

フック、チーピンなど、左方向へのミスが多い場合は、フェードが打ちやすいドライバーを使うと良いです。

 

フェードヒッター向け! フェードが打てるドライバーの紹介

フェードヒッター向けドライバーは、フェードを治すのではなく、フェードが打ちやすいモデルのドライバーの紹介です。ヘッドの返りを抑えたドライバー、捉まりを抑えたドライバーの紹介です。私も以前は、チーピン連発している時期があり、わざと捉まりの悪さで評判だったドライバーを使っていた時期がありました。加齢と共にフックを打つように変更したところ、またもやチーピンが連発していますので、フェード用のドライバーに変更しました。

チーピンは、捉まった強弾道となるので、左OBまっしぐらとなってしまうことが多いです。逆にスライスの方は、距離がでないことと、弾道が弱いので助かることが多いです。どちらが良いのかは、自分が目指しているゴルフ次第かと思います。

捉まりを抑えられるドライバー、フェードが打ち易いドライバーを紹介します。

テーラーメイド M4 ドライバー

ツイストフェースが搭載されており、曲がらずに飛ぶと話題となっていますが、実際のところスイングでボールを捉まえられるゴルファーが、ツイストフェースの恩恵を受けられます。よって、M4ドライバーは、フック持ちのゴルファーに向いているドライバーであり、捉まりが抑えられています。

逆に捉まり重視でドローが打てるのは、M4D-TYPEドライバーUSモデル です。捉まり重視のD-TYPEがあるくらいですから、従来のM4ドライバーは、捉まりが抑えられた、フェードが打ちやすいドライバーとなっています。

M4ドライバー

  • 純正シャフト:FUBUKI TM5 カーボン
  • ヘッド体積:460cm3
  • ライ角:58度
  • 長さ:45.75インチ

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル

M2ドライバー2017年モデルは、捉まると紹介されていることもありますが、実際は捉まりが抑えられた、アスリート向けのドライバーです。M2ドライバー2016年モデルと比較すると、捉まりが良くなっていますが、スライスを減らせるほどに捉まるという感じではありません。スイングでボールを捉まえられるゴルファー向けのドライバーです。チーピンが出難くなっているものの、純正シャフトの先中調子でヘッドローテーションさせるという感じです。弾き感、捉まり具合、飛距離などは平均値より上ですから、全体的にバランスの良いドライバーです。

M2・M4ドライバー・エアロバーナー比較・特長

テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデルは、テーラーメイド公式ネットショップで、OUTLET価格となっており、コスパ良くなってます。

  • 純正シャフト:TM1-217
  • ヘッド体積:460cm3
  • ライ角:58度
  • 長さ:45.75インチ

 

テーラーメイド M2 ドライバー 2016年

 
もともと、捉まりが良いタイプではないドライバーです。ストレートに打って、素直なフェードが打てるドライバーです。チーピンが多い人に向いているドライバーです。右腕が強く入っても、けっこう左のミスを抑えてくれる構造となっています。普通の人が打つと、普通にスライスしてしまうかもしれません。逆に2017年モデルのM2ドライバーは、捉まりが良くなっています。

  • 純正シャフト:TM1-216
  • ヘッド体積:460cm3
  • 重心距離:35.1mm
  • ライ角:58°
  • 長さ:45.75インチ
  • スペック詳細
テーラーメイド公式ネットショップ
売り切れました
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル 中古クラブ
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル 中古
スポンサーリンク  
スポンサーリンク

 

PRGR RS-F ドライバー 2016年モデル

 
プロギアのフェードが容易く打てるドライバーです。RS-F の F が Fade(フェード)を意味しています。2016年モデルのRS-Fは、反発係数が高すぎてルール不適合となってしまいました。中古モデルのなかには、不適合モデル(高反発)が、混ざっていることもあります。

  • 純正シャフト:RS Fオリジナルカーボン
  • ヘッド体積:460cm3
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.5インチ
  • スペック詳細
PRGR RS-F 2016 ドライバー 中古
PRGR RS-F ドライバー 2016年モデル 中古

 

PRGR RS-F ドライバー 2017年モデル

 
プロギアの2017年モデルのRS-Fドライバーです。フェードが打ち易いドライバーです。対して PRGR RS の方は、捉まりを重視したドローが打てるモデルとなっています。RS-Fの方も意外と捉まりが良くて驚きます。捉まったフェードが打ち易いドライバーです。私が打つと、捉まったフェードというよりは、殆どストレートに近い弾道が打てます。ほんの少しだけスライスしてくるという感じです。けっこうランが出るので、想像以上に距離が出てることがあります。少しフェースを開いてインパクトさせた方が、強い曲りのフェードが打てます。

小平智選手がUSPGAツアーで優勝したときに使用してたのが、PRGR RS-F ドライバー(プロトタイプ)です。小平選手もフェードヒッターですから、ドライバーとの相性がピッタリだったのだろうと思います。

小平智のセッティング 2018年

  • 純正シャフト:RS Fオリジナルカーボン
  • ヘッド体積:460cm3
  • ライ角:56°
  • 長さ:45.5インチ
  • スペック詳細
PRGR RS-F 2017 ドライバー 中古
PRGR RS-F ドライバー 2017年モデル 中古

 

GBB EPIC STAR ドライバー

 
キャロウェイのエピックは、もともと捉まりが良いのですが、ウェイトをスライドさせて移動させることができるペリメイターウェイティングシステムにより、重心位置をフェード側に調整をすることで、フェード打ち用のドライバーとして活用することができます。ウェイトをトゥ側に移動させ、捉まりを抑えるとフェードが打てるのですが、フェードの方が弾きが強くなる感じがします。エピックは、弾きが強くて、球離れが早いので、フェースの向きや重心に関らず、とりあえず飛んでくという感じがします。

  • 純正シャフト:Speeder Evolution for GBB
  • ヘッド体積:460cm3
  • 重心距離:37mm
  • ライ角:58°(スタンダードポジション)
  • 長さ:45.75インチ
  • スペック詳細
  •  

    SRIXON Z565 ドライバー

     
    アスリートモデルの中でも人気の高いスリクソン。特にスリクソンのZシリーズは、フェードが打ちやすくなっており、叩けるアスリート・ゴルファー向けとなっています。その人の感覚に左右されるかもしれませんが、意外にもヘッドが効いている感じがします。スリクソンのドライバーは、総じてフェードが打ちやすくなっています。弾道調整機能も搭載されていますので、自分好みに弾道を調整できるのも嬉しいです。ただ、お世辞にも飛ぶ!とは言い切れません。コントロールして、思い通りにボールを運ぶことができるドライバーです。

  • 純正シャフト:Miyazaki Kaula MIZU 5 / SRIXON RX カーボン
  • ヘッド体積:460cm3
  • 重心距離:36.6mm
  • ライ角:57.5°(スタンダードポジション)
  • 長さ:45インチ
  • スペック詳細
  • SRIXON Z565 ドライバー 中古
    SRIXON Z565 ドライバー 中古

     

    スリクソン その他のドライバー

    スリクソンの昔のドライバー、古いモデルも左のミスを抑えられるモデルがあります。いくつか、使っていたことがあります。Z-TX(初代)ドライバー、ZR-800ドライバーなどは、中古市場でも価格安くなってますし、左のミスを抑えて、捉まりを抑えて、フェードを打つことができます。

     

    フェード打ち用のドライバーの注意点

    フェードが打てるドライバーだからといって、常に同じ曲り幅のフェードが打てる訳ではありません。コントロールされたフェードを打つには、ある程度の練習が必要となります。

    今現在、使っているドライバーがフックフェースになっている、重心距離が短すぎてヘッドが返り過ぎてチーピンが多いというゴルファーは、フェースを被せ気味でインパクトさせることが上手なゴルファーだといえます。

    自分でヘッドを返せるゴルファーが、フェード用のドライバーを使うと、ストレート弾道になるか、少しドロー弾道になることもあります。自分は叩きにいっている、だけどドライバーは、フェードで少しオープンフェースとか、捉まりが抑えられていると、スクエアでインパクトできることが増えます。

    異常に重心距離が短くて、ヘッドが返りやすいドライバーじゃなくて、トゥ側に重心が置かれていて、捉まりを抑えられるようなドライバーが、かなり打ち易く感じます。

    フェード用ドライバーの注意点

    • 常に同じ曲り幅のフェードを打つのは難しい
    • 最近のモデルは捉まったフェードが打ち易い
    • オープンフェースのドライバーは、逆にドローが打ち易くなることも

    2017年~2018年モデルの傾向とフェード向けドライバー

    最近の新しいモデルのドライバーは、バルジが少なくなっています。少ないというよりは、バルジが無いようなドライバーも増えてきました。バルジというのは、ドライバーのフェース面のトゥ側からヒール側にかけての曲面です。

    このバルジがあったからこそ、ギア効果が得られたのですが、最近のドライバーはバルジが少なくなってきていますので、ギア効果が得られ難い構造となっています。つまり、フェードを打とうと思っても、ストレートボールになってしまうことも多いです。それでも、チーピンにはならないので、助かりますが。

    バルジが無くなってしまった背景としては、フェース面の反発を強くするための構造を取り入れていることや、打点がズレても曲り幅を減らして、出来る限りストレートボールで打てるような構造が取り入れられているからです。

    また、最近の新しいモデルのドライバーは、無駄に低スピンなボールが打てるような構造となっていることもあり、曲げようと思っても、横のスピンが少なくて、曲がりきらないことも多くあります。

    ですから、フェードが打ちやすいドライバーで、少し左に向いて打って、ボールが左に飛び出して右に戻ってくるという感じではなく、左方向へ真っ直ぐ飛び出してしまう傾向が強くなっていますので、注意してください。

    重心角(重心アングル)が大きいドライバーが増えた

    捉まりを重視しているドライバーが多いために、重心角(重心アングル)が大きいドライバーが増えています。重心角が大きければ、ヘッドが返りやすくなるという考えだとは思うのですが、重心角が大きいドライバーというのは、捉まりが良いというよりは、フックを打ちやすいドライバーと言えます。フェードが打ちたいのに、重心角が大きいドライバーを選ぶと、真逆の弾道を打つことになるので、注意してください。

    最新モデルのドライバーでフェードを打つ注意点

    • バルジが無くなって、曲げ難い(コントロールし難い)
    • 打点がズレてもストレートに飛ぶことが多い
    • 無駄に低スピンで横のスピンも少ないから曲がらない

    フェードヒッターのプロゴルファー

    フェードヒッターのプロゴルファーとして有名な選手を紹介します。

    小平智、宮本勝昌、藤田寛之

    海外選手では、最近知名度が上がってきた、ブルックス・ケプカが有名です。ちなみに、ケプカは 2016年モデルのM2ドライバーを使っています。捉まりを抑えられるのでしょう。フェードヒッターといっても、必ず大きく曲げてくる訳ではありません。チーピン、左を警戒して、左のミスを抑えられるようなクラブを使っていることが多いので、ストレートボールに近いか、少し右に曲がってくるような弾道を打ちます。

    宮本勝昌は、かなり曲げてきますね。

     

    日々、精進
    がんばります

     

    関連記事

    SNS シェア
    ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン