飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

テーラーメイド M6ドライバー 打ちました | ゴルフ試打レポ

M6ドライバー、M6アイアン、M6フェアウェイウッドも打ちましたが、とりあえずドライバーから紹介します。

 

テーラーメイド M6ドライバー

弾きが強くなって、超高弾道で飛びます。ただ、前作と同じようにフェースをシャットにして打てないとスライスが増えてしまう可能性が高いですし、ツイストフェースの威力が発揮できません。スライスを減らすためのお助け要素は少なめのアスリート向けのドライバーです。他メディアなどでは優しく飛ばせるとか紹介されていましたが、私の感想としては、ここ最近のテーラーメイドのドライバーの中でも難しいドライバーに分類されます。だけど、超低重心+超深重心で飛ぶドライバーです。

試打したスペック

  • ヘッド体積:460cc
  • ロフト角:10.5度
  • ライ角:58度
  • 装着シャフト:FUBUKI TM5 2019 (R)

 

スピードインジェクション

ツイストフェース、ハンマーヘッドは前作から引き継いでいます。今回の新しい構造としては、スピードインジェクションがあります。ルールを超える反発係数で製造して、専用ジェルをフェース裏側に注入して、反発係数をルール適合にするという製造方法となっています。これにより、全てのモデルがルール適合内で高い反発係数となります。反発が高ければ、ボールスピードを速くすることができます。とにかく、ボールスピードを速くすることにベクトルを向けているというのが伺えます。

スポンサーリンク  

弾きが強くなっている

ハンマーヘッド(ソールの溝)との相乗効果により、かなり反発が高くなっているのを感じます。完全に弾き系となっており、インパクトの感触は感じ難いです。打ち出しから、超高弾道で飛ばせます。といっても、ロフト角10.5度と実測値のロフト角の差があまり無い感じです。高弾道なのですが、自分が思っているよりは上がらないという感じです。

 

超低重心+超深重心

スピードインジェクションよりも驚いたのが、ソール側に約46グラムのウェイトを配置して、超低重心で、超深重心のヘッドになっているという点です。約46グラムのウェイトが取り付けられるということは、ヘッドの重さは約150グラムとなりますから、驚きです。この辺りはテーラーメイドの製造技術の高さを感じますね。

 

慣性モーメントが高い

超低重心+超深重心設計となっているので慣性モーメントが高くなっており、インパクトに向けてヘッドの直進性が高くなっています。別の言い方をすれば、フェースが開いていてもそのまま真っ直ぐにインパクトへ向かいます。フェースが閉じていても真っ直ぐに加速します。はじめてツイストフェースを搭載したM4ドライバーのようにフェース面をシャットにして打てるゴルファー向けのドライバーであると感じました。

慣性モーメントが高い=真っ直ぐではありません。フェースが開いていても閉じていても、真っ直ぐにインパクトしやすいです。故にフェース向きに合わせて弾道は曲がります。このフェースコントロール管理ができることが求められます。

スポンサーリンク
 

捉まりが抑えられている

アスリート向けに言うのであれば、捉まりが抑えられているヘッドです。俗っぽく言えば、捉まらないです。アベレージっぽく言えば、スライスしやすいヘッドと言えます。かなりインサイドから振ってもストレートボールとなりますので、かなりフック系が打ち難いイメージがありました。

今回、標準装着シャフト FUBUKI TM5 2019 のキックポイントが中調子となっています。これが、先中調子であればヘッドを走らせやすくて、捉まえられたかもしれません。

 

FUBUKI TM5 2019 シャフトスペック

キックポイントは中調子となっています。標準装着シャフトでも地味に剛性がしっかりとしています。長さが45.75インチということもあり、ヘッドが下りてくるまで少し待ってあげてから振るというイメージが合うように感じました。

フレックス シャフト重さ トルク クラブ総重量 バランス
S 54 4.6 299 D2.5
SR 52 5.0 297 D2.5
R 50 5.2 295 D2.0

その他、カスタムシャフト

  • Tour AD VR-6
  • Speeder 661 EVOLUTION V
  • Diamana DF60

 

テーラーメイド M6 ドライバー 購入

テーラーメイド公式オンラインショップにて購入可能です。

 

関連記事

関連記事

ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
手元が浮いてしまうゴルフスイング ゴルフラウンド中で最も危険な行為は手元が浮いてしまうスイングだと思います。人それぞれ考え方が異なるかもしれませんが、私の場合は手元が浮いてしまうことで、多くのミ...
右肩の突込みを防ぐゴルフスイングのコツ... ゴルフスイングを説明するときによく言われるのが、左肩を顎下に入れるです。左肩を顎下に入るほど深く捻転をするという意味なのですが、左肩ばかりに意識向いてしまって、...
池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング... 池田勇太のスイング分析 | 体重移動する2軸スイング 体重移動と2軸スイング 池田勇太のドライビングパフォーマンス アドレス・テイクバック ...
タイガー・ウッズ P7 TW アイアン | 2019年5月24日発売... タイガー・ウッズ レプリカモデル アイアン登場! 2019年 マスターズで優勝をして、完全復活を果たしたタイガー・ウッズのシグネチャーモデルともいえる、テーラー...
インサイドヒットで打つ | タンジェント・スイング... 現代のゴルフスイング理論は色々とあります。どれが良いのか悪いのかなんて、一概には言い切れません。ただ、ゴルフスイングというのは過去と現代を比較してみると、課題と...
アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説... 手打ちするとスイング軌道がアウトサイドイン軌道となり、スライスの原因となることが多いです。アウトサイドイン軌道の直し方を図解で解説していきます。スライスが多い人...
タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング分析 タイガー・ウッズのスイング アドレス テイクバック トップスイング ダウンスイング インパクト フォロース...
タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝... タイガー・ウッズ 2019年 マスターズ優勝 2019年 マスターズ タイガー・ウッズ優勝 タイガー・ウッズ 優勝時のセッティング テーラーメイド...
ブライソン・デシャンボーのスイング分析... デシャンボーのスイングの特徴としては、狭いスタンスとアップライトで1プレーンで左1軸なスイングという点です。1プレーンなスイングが個性的過ぎて、そちらに意識が向...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン