飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーのスライスの振り遅れとは

スライスの原因として引き合いに出されることが多いのが、振り遅れです。
では、振り遅れとは何かというのを知っておく必要があります。

 

ゴルフスイングの振り遅れとは

ゴルフスイングの振り遅れとは、トップスイングを作って、ダウンスイングを開始し、ゴルフクラブが下りてきて、インパクトに向かっていくのを待てずに、身体を飛球線方向に回転したり、身体が開いてしまい、ゴルフクラブが勢いを失ってしまい、フェースが開いたままインパクトしてしまいスライスになってしまうという動作のことです。

スポンサーリンク  

弱々しく後からインパクトに向かっていくという状態となりますので、当たり負けとなることもあります。ですから、振り遅れというよりは、身体の回転が早い、身体が開くのが早いという言葉で説明した方が判りやすいかもしれません。身体の回転とゴルフクラブの勢いの同調(シンクロ)が失われてしまっているということです。

つまり、振り遅れとは、打ち急いでいる

打ち急いでしまっているので、ゴルフクラブを下りてくるのを待てずに、身体を回転させたり、身体が開いてしまっているということです。振り遅れと打ち急ぎというのは、意外と密接な関係があります。

 

振り遅れを修正するコツ

ゴルフスイングの振り遅れを修正するコツとしては、身体の回転を腕とゴルフクラブを同調(シンクロ)させながら、しっかりと捻転して、下半身先行でスイングをするということです。長いゴルフクラブの場合は、打ち急げば、急ぐほどに、振り遅れますので、ゴルフクラブが下りてくるまでのリズムを意識しながらゴルフスイングをすると良いです。振り遅れは上半身だけで打とうとしている状態であり、身体が開いてしまっています。

 

しっかりと深い捻転することが大切

振り遅れを修正するには、しっかりと深い捻転することが大切です。捻転が浅いとスイングエネルギーが小さくなり、ゴルフクラブを速く振ることが難しくなるので、余計に腕振ろうとしてしまい、右肩が入ってしまい、身体は開くし、腕で急いで振ろうとしてしまい、結果的に振り遅れとなります。

 

両腕がつくる三角形を崩さない

アドレスをしたときに両腕がつくる三角形を崩さないようにします。そして、脇を締めて、肘から下を脱力させておくことが重要です。腕の三角系を保って、脇を締めておくことで、身体の回転に腕とゴルフクラブが同調(シンクロ)してきます。これが、もっとも大切です。身体の回転と腕とゴルフクラブを同調(シンクロ)させることで、急がず、遅れず、適切なリズムでゴルフスイングをすることができます。

 

三角形を保ち、脇を締めて打つコツ

両腕の三角形を保って、脇を締めて打つコツを掴むには、アプローチショットが有効です。7時~5時のスイングをして、腕とゴルフクラブと身体の回転が同調しているのかを確認することができます。なので、ゴルフレッスンなどではアプローチショットなど、小さなスイングに重きを置くのは、そういった意味もあるということです。

スポンサーリンク
 

振り遅れないゴルフスイングの動作とリズム

(1) 左側に体重を移動させるために左足を踏ん張ります。
(2) 身体を捻転していきます。オヘソを飛球線とは真逆に向けるイメージです。
(3) トップスイングが作られたら、右側に体重を移動させるために右足を踏みます。
(4) 自然とゴルフクラブが下りてくるので、そのまま両足で踏ん張りながら、ゴルフクラブの重さを感じつつ、飛球線に向けて振ります。

左肩がアゴ下に入ってるときに捻じれ戻す

テイクバックからトップスイングに持っていき、そこからダウンスイングに切り返すコツとしては、左肩がアゴ下に入っている状態(胸が飛球線と真逆を向いている状態)で捻じれ戻すイメージを持つと良いです。そうすることで上半身と下半身の捻転差がつくられて強いスイングで打てます。

尚且つ、腕とゴルフクラブが下りてくるイメージは、手首のコックを保ちながら、右足の踵に目がけて下りてくるイメージです。別の言い方では、グリップエンドを飛球線とは真逆に放り投げるイメージです。

ゴルフボールを直接打とうとしない

打ち急いで、振り遅れになっている場合、トップスイングからゴルフボールを直接打とうとしていることが多いです。この場合、腕だけで振ろうとしてしまっているので、ゴルフクラブを速く振ることはできるのですが、ゴルフクラブにスイングエネルギーが伝わってないので、ボールが上がりませんし、飛ばすこともできません。


ラウンド中に気付かないうちに緊張のあまり振り遅れてしまうことがあります。
自分で気付けば修正することもできます。

日々、精進
がんばります

 

関連記事

関連記事

ゴルフスイングのサイドベンド(側屈)|サイドベンドスイング... 最近、新しいゴルフスイング理論のようにサイドベンドが紹介されています。サイドベンドとは何か? サイドベンドでゴルフスイングは何が変わるのか紹介します。サイドベン...
ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン