飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング | ライザップゴルフ
CONTENTS MENU
 

ドライバーショット は スタンスを狭くする と ナイスショットしやすい?

更新:

ドライバーショットはスタンスを狭くするとナイスショットしやすくなるようです。これは私の場合だけかもしれませんが、今までよりもスタンスを狭くすると、なかなか良い結果が得られます。

 

スタンスを狭くすると回転しやすい

スタンスを狭くすることで、身体が回転しやすくなります。身体が回転しやすいというか、股関節の間で骨盤が回転しやすくなります。つまり股関節が動かしやすいということになります。また、スタンスを狭くするとスイング軸を感じやすいです。ドライバーでスライスが頻発するときなどはスタンスを狭くして練習することもあったりします。

スタンスが広い場合は、下半身の踏ん張りが利いており、安定感はありますが、身体が回転し難くなります。ですから、スタンスが広い場合は、無理して身体を回転しようとしてしまい、スイング軸がブレてしまうことが多いように感じます。というよりも、私の場合はスタンスが広すぎるようなので、狭くした方が良いというアドバイスを頂きました。

スポンサーリンク
 
スポンサーリンク

スタンスを狭くすると股関節にのりやすい

スタンスを狭くすることで、股関節に体重を乗せてスイングしやすくなります。腰より上の、上半身をしっかりと捻転させて打ちやすくなります。

 

 

ドライバーのスタンスを狭くするメリット

ドライバーのスタンを狭くすると、股関節の回旋が使える(腰が回転しやすい)ようになります。簡単にいうと、身体を回転しやすくなります。故に、深い捻転をしやすくなりますので、大きなスイングパワーを作り出すことができます。また、スタンスを狭くすることで、テイクバックからダウンスイング、インパクトにかけての体重移動もしやすくなりますので、スイングエネルギーを十分にボールに伝えやすくなります。人によって、感覚が異なりますが、スタンスを狭くして、アップライトなイメージで振るとフォロースルーが出しやすくなって、飛ばせるという人も居ます。

スタンスを広くする勘違い

ドライバーショットの場合、飛ばしたいという気持ちが強くなりますので、どうしてもスタンスを広くしてしまいます。スタンスを広くすると、どっしりと腰を落ち着かせて、踏ん張って、軸がズレないスイングができるイメージがありますが、実は捻転し難くなってしまいます。

 

 

スタンスが広いとインパクトまでの瞬間、ビジネスゾーンが広くなる

今回、レッスンの先生に新しいことを教えてもらいました。スタンスが広い場合はビジネスゾーン(インパクトゾーン)も広くなってしまという考え方です。インパクトゾーン、ビジネスゾーン・・・どちらの言葉が適切なのか判断し難いところなのですが・・・ゴルフクラブが下りてきて、ボールにインパクトして、フォロースルーに移行するまでと聞きました。

ドライバーショットの場合、スタンスを広くして、ボールの位置を左足踵線上に置いておくと、スタンスの幅の通りドライバーヘッドを真っ直ぐ振りぬいて、フォロースルーをしなければなりません。ですから、ドライバーヘッドを真っ直ぐに振りぬく距離が長くなってしまいます。もともと、フォロースルーを作ることが難しかったりもするのですが、スタンスを広げることで余計に難しくなってしまうとのこと。柔軟性があり体幹が強ければ、飛ばすこともできるし、フォロースルーをつくることができます。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

スタンスが広いとビジネスゾーンが広くなってしまう・・・というか、ビジネスゾーンが長く考えてしまうようになってしまうようです。そして、インパクトからフォロースルーを作り難くなるとのこと。それは、私の身体の固さもあったり、スタンスが広いとクラブを飛球方向へ出し難くなります。

 

 

スタンスが狭いとインパクトまでの瞬間、ビジネスゾーンが狭くなる

スタンスが狭いとビジネスゾーンが狭くなる。狭くなるけど、クラブを真っ直ぐ飛球線に向けることで、フォロースルーがしっかりと作れるので、強いインパクトになり、方向性も良くなるとのことです。

スタンスを狭くするというのは、ドライバーショットで言うところの 低く長く出す という動作がしやすいということなのだろうと思います。これは、あくまでも考え方であり、私の場合はスタンスを狭くした方が、フォロースルーがしやすいというか、クラブヘッドを飛球線方向に向けて振り抜きやすいスイングだということでしょうね。

 

日々、精進
がんばります

 

打ち方、飛ばし方の関連記事

関連投稿記事
ドライバー飛距離アップを目指すと悩みだすこと
views 175
ドライバーの飛距離アップを目指すと、色々な壁にぶち当たります。そして、解決ができないと、余計に悩んでしまって、迷走してしまうこともありますの...
スライスが出る場合、ドライバーを疑ってみる
views 154
どんな打ち方をしても、スライスが出るという場合は、今使ってるドライバーを疑ってみようという話です。ドライバーを買い替えたけど、スライスが増え...
難しいクラブの特長とミスショットの頻度
views 289
最近のラウンドで気付いたことは、難しいクラブの特長です。難しいクラブの特長は、大雑把に分類すると、ロフト角が大きいクラブか、ロフト角が小さい...
ドライバーの苦手意識を克服する
views 248
ドライバーの苦手意識を克服する 目次 自信喪失が原因 練習場では打てるけど、ゴルフ場では打てない 苦手意識を克服する 技術向...
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離
views 95
ゴルフスイングと柔軟性と飛距離 飛距離アップするために柔軟性が必要 ゴルフのストレッチと股関節の柔軟性 ゴルフのストレッチと肩甲骨...
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング
views 63
腕のチカラに頼って振らないゴルフスイング 下半身より手が使いやすいからゴルフで飛ばせない 下半身を鍛えておくことで、下半身から動かせ...
ゴルフスイングで力を入れる場所
views 154
色々な打ち方、ゴルフ技術書を読んでみたけど、なかなか飛距離アップができない、手打ちになってしまう、ヘッドが加速する感じがしないという場合は、...
アイアン で ティーショット
views 1123
更新:2018年06月14日 ティーショットはドライバーで打たなければいけないとか、ドライバーでティーショットをしないのは邪道だとか言われ...
ベン・ホーガンの提唱するインパクトの形
views 118
フェースローテーション、アームローテーションは必要なのかどうかという話題は、昔ほど議論になることは、少なくなってきた感じがします。私は、ロー...
SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ライザップゴルフ