飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

ドライバーショットはスタンスを狭くすると打ちやすい

更新:

ドライバーショットはスタンスを狭くするとナイスショットしやすくなるようです。これは私の場合だけかもしれませんが、今までよりもスタンスを狭くすると、なかなか良い結果が得られます。

 

スタンスを狭くすると回転しやすい

スタンスを狭くすることで、身体が回転しやすくなります。身体が回転しやすいというか、股関節の間で骨盤が回転しやすくなります。つまり股関節が動かしやすいということになります。また、スタンスを狭くするとスイング軸を感じやすいです。ドライバーでスライスが頻発するときなどはスタンスを狭くして練習することもあったりします。

スタンスが広いと腰の回旋がし難くなる

スタンスが広い場合は、下半身の踏ん張りが利いており、安定感はありますが、身体が回転し難くなります。ですから、スタンスが広い場合は、無理して身体を回転しようとしてしまい、スイング軸がブレてしまうことが多いように感じます。というよりも、私の場合はスタンスが広すぎるようなので、狭くした方が良いというアドバイスを頂きました。

ゴルフスイングのスタンス幅

ゴルフスイングのスタンス幅というのは、個人差があり、どれくらいのスタンス幅が良いのかというのは一概には言い切れません。ただ、肩幅くらいが良いと言われており、肩幅くらいのスタンスが目安の幅となります。

ドライバーショットの場合は、肩幅か、肩幅よりも少し開く位のスタンス幅にしても良いです。アイアンショットの場合は、肩幅か、肩幅よりも少し狭くするという人が多いです。軸を意識しやすくなり、狙ったショットが打ちやすくなります。

スポンサーリンク  

スタンスを狭くすると股関節にのりやすい

スタンスを狭くすることで、股関節に体重を乗せてスイングしやすくなります。腰より上の、上半身をしっかりと捻転させて打ちやすくなります。

フェアウェイウッドを打つときのスタンス幅

フェアウェイウッドを打つ場合も、気持ちスタンス幅を狭くした方が腰を回旋しやすくなり、打ちやすくなります。

スンタスの種類

(1) ナロースタンスとは、両足の幅を狭くする立ち方
(2) ワイドスタンスとは、両足の幅を広くする立ち方

 

 

ドライバーのスタンスを狭くするメリット

ドライバーのスタンを狭くすると、股関節の回旋が使える(腰が回転しやすい)ようになります。簡単にいうと、身体を回転しやすくなります。故に、深い捻転をしやすくなりますので、大きなスイングパワーを作り出すことができます。

また、スタンスを狭くすることで、テイクバックからダウンスイング、インパクトにかけての体重移動もしやすくなりますので、スイングエネルギーを十分にボールに伝えやすくなります。人によって、感覚が異なりますが、スタンスを狭くして、アップライトなイメージで振るとフォロースルーが出しやすくなって、飛ばせるという人も居ます。

スポンサーリンク
 

スタンスを広くする勘違い

ドライバーショットの場合、飛ばしたいという気持ちが強くなりますので、どうしてもスタンスを広くしてしまいます。スタンスを広くすると、どっしりと腰を落ち着かせて、踏ん張って、軸がズレないスイングができるイメージがありますが、実は捻転し難くなってしまいます。

 

 

スタンスが広いとインパクトまでの瞬間、インパクトゾーンが広くなる

今回、レッスンの先生に新しいことを教えてもらいました。スタンスが広い場合はインパクトゾーンも広くなってしまという考え方です。インパクトゾーンは、ゴルフクラブが下りてきて、ボールにインパクトして、フォロースルーに移行するまでと聞きました。

ドライバーショットの場合、スタンスを広くして、ボールの位置を左足踵線上に置いておくと、スタンスの幅の通りドライバーヘッドを真っ直ぐ振りぬいて、フォロースルーをしなければなりません。ですから、ドライバーヘッドを真っ直ぐに振りぬく距離が長くなってしまいます。もともと、フォロースルーを作ることが難しかったりもするのですが、スタンスを広げることで余計に難しくなってしまうとのこと。柔軟性があり体幹が強ければ、飛ばすこともできるし、フォロースルーをつくることができます。

スタンスが広いとインパクトゾーンが広くなってしまう・・・というか、インパクトゾーンが長く考えてしまうようになってしまうようです。そして、インパクトからフォロースルーを作り難くなるとのこと。それは、私の身体の固さもあったり、スタンスが広いとクラブを飛球方向へ出し難くなります。

 

 

スタンスが狭いとインパクトまでの瞬間、インパクトゾーンが狭くなる

スタンスが狭いとインパクトゾーンが狭くなる。狭くなるけど、クラブを真っ直ぐ飛球線に向けることで、フォロースルーがしっかりと作れるので、強いインパクトになり、方向性も良くなるとのことです。

スタンスを狭くするというのは、ドライバーショットで言うところの 低く長く出す という動作がしやすいということなのだろうと思います。これは、あくまでも考え方であり、私の場合はスタンスを狭くした方が、フォロースルーがしやすいというか、クラブヘッドを飛球線方向に向けて振り抜きやすいスイングだということでしょうね。

 

 

ゴルフのスタンスは狭い方が良いのか?

スタンスは狭い方が良いのか、広い方が良いのか、どちらが良いのか明確にすることは難しいです。ただし、スタンス幅が広いとき、スタンス幅が狭いときの違いは以下の通りとなります。

スタンス幅広くすると

  • 脚を使うことが必要
  • 脚を使わないと回転し難い
スタンス幅狭くする

  • 体重移動がし難い
  • 身体が回転しやすい

ドライバーで飛ばすには、スタンスを広げて、脚を使って、体重を移動させて飛ばせる打ち方をする方が良いです。そして、アプローチショットなどの場合は、飛ばすのではなくて、身体の回転、肩の回転だけで打てれば良いので、スタンス幅は狭い方が良いです。スタンス幅が広い、スタンス幅が狭い、どちらが良いのかと言うよりは、使い分けができるようになると良いです。

 

日々、精進
がんばります

関連記事

ゴルフスイングのバンプは必須 色々なゴルフスイング理論がありますが、共通点が必ずあります。それは、バンプするという点です。ゴルフスイングでのバンプの意味、バンプの重要性を紹介します。あまり紹...
テーラーメイドの飛び系アイアン新旧比較... アイアンは飛べばよいというワケではありませんが、飛んでくれた方が楽です。飛び系アイアンもかなり進化しています。飛び系アイアンの新旧を比較してみると、飛ばせる理由...
パットがパットしない時の練習 去年末くらいからパットがパットしません。1メートルくらいの距離も外すことが増えてきました。1ラウンド36~40パットくらいのことが増えてきました。以前は、もう少...
テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始... テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー | 2019年6月24日から受付開始 テーラーメイド オリジナルワン ミニドライバー 基本スペック ...
グリップ(握り方)を変えてフック系の球筋で叩いて飛距離アップする... グリップ(握り方)だけでドローボールを打ったり、フェードボールを打つ方法を紹介します。最近のドライバーはデカヘッドなので、左手ストロング・グリップで握って、右手...
ゴルフスイングの下半身リードと正しい膝の動き... ゴルフは下半身リードで打つと言われていますが、下半身とはどこを意味するのかを紹介します。下半身リードの意味が理解できれば、下半身リードで打ちやすくなりますし、正...
アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングとは アームロック式パッティングのやり方 右手の握り方(グリップ) アームロック式パタ...
スタック&チルトの応用 | ダフリ防止、傾斜からのショット... スタック&チルトの応用の紹介です。既にご存知の方も多いかと思いますが、傾斜のライからのショット、ライが悪いところからのショットに応用できます。実際に自分でトライ...
飛ぶドライバー 2019年 / 最新ゴルフクラブ情報... ヘッドスピードの遅いゴルファーが、自分の最高飛距離を超える飛ぶドライバーの紹介です。飛ぶドライバーとは、ヘッドスピードが遅くても、フェース面の反発力により、ボー...
ブルックス・ケプカのスイング 2019年 マスターズでは2位となっており、2019年 全米プロ選手権で優勝をしました。これにより、世界ランキングは1位となりました。 ブルックス・ケ...
スタック&チルト(左1軸スイング)... ゴルフは1軸スイングがやっぱり勝てるスイング? スタック&チルト(左1軸スイング) スタック&チルト 紹介動画 スタック&チルト(左1軸スイング)...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン