飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

冬ゴルフでも良いスコアでラウンドする

 

冬はヘッドスピードが遅くなる

冬はヘッドスピードが遅くなると言われますが、ヘッドスピードが遅くなることはありません。冬は飛距離が落ちるので、ヘッドスピードが遅くなったように思うだけです。

寒くて身体が動かし難い

冬ゴルフは寒くて身体が動かし難くなります。これは、気温が低いから身体が硬くなっているということもありますが、寒さに耐えようとして、無駄なチカラが入っていることもあります。そして、寒いので色々と着こんでしまって、動き難くなっていることもあります。

準備体操をしておくこと

冬は気温が低くなり身体をスムーズに動かし難くなります。ラウンド前には、準備運動、ストレッチをしっかりと行っておくと良いです。自然と身体が温まってきます。

ミトン系の手袋を使う

冬ゴルフはとにかく手が冷たくなります。かじかむと手が動き難くなりますし、冷たくて細かな動作がし難くなります。そういったことを防ぐために、ミトン系の手袋を使うと良いです。ミトン系の手袋であれば、グローブをしたまま装着できるので便利です。中にカイロを入れておき、ボールを温めたりすることもできます。

冬ゴルフで注意すること

  • 防寒対策で着過ぎで動き難くなる(スイングし難い)
  • フェアウェイが凍っているのでボールが跳ねやすい
  • フェアウェイが凍っていてアイアンショットが難しい
  • バンカーが凍っている
  • グリーンが凍っている
  • 後半は気温が上がって芝生や土が緩んでくる(ボールが止まりやすくなる)

 

フェアウェイが凍っている

冬ゴルフは、フェアウェイが凍っていることが多くあります。フェアウェイが凍っていると、ボールが跳ねてしまって、思わぬところに飛んでしまうことがありますので、注意が必要です。また、自分が思った以上にボールが先の方へ転がってしまって、トータル飛距離が出てることもあります。飛んでいるのは良いのですが、飛び過ぎると、次のショットが難しかったり、コースを突き抜けてしまってOBになってしまうこともあります。打ち下しのホールで、グリーンまで下りとなっている場合は、グリーン手前まで転がることもあります。フェアウェイが凍ってしまって、硬くなっていると、様々な影響を受けるので注意が必要です。

スポンサーリンク  
スポンサーリンク
 

硬いフェアウェイからのアイアンショット

冬ゴルフで難しいと感じさせてくれるのが、低い気温により硬くなったフェアウェイからのアイアンショットです。冬なのでフェアウェイが枯れていることもありますし、その下の土が凍っていることもあります。まるで硬いベアグランドからボールを打つような感じとなります。

ボールをクリーンに打とうとしても、硬いフェアウェイの衝撃が残ることあります。インパクトの瞬間にフェース向きが変わってしまい、ボールの打ち出し方向がズレることがあります。アイアンショットの場合は、インパクト時の衝撃が手に返ってくることもあります。この感触がとても嫌いです。

また、硬い地面から打つという現実を受け入ると、心理的にインパクトが緩んでしまい、ショートしてしまうこともあります。フェアウェイが凍っており、木の枝や石が固まっているときは注意して下さい。アイアンヘッドが折れてしまうことがあります。

 

グリーンが凍っている

冬ゴルフで最も嫌なのは、グリーンが凍っているということです。グリーンを狙って打つと、凍ってしまって硬くなったグリーンにボールが弾かれてしまって、とんでもない方向に行ってしまうことがあります。また、グリーン上ではグリーン表面が凍っているので、思い通りのストロークでパッティングができないことが多いです。非常にストレスを感じます。

 

バンカーが凍っている

冬ゴルフで嫌だなと思うのが、凍ったバンカーです。どれくらいの強さでウェッジを入れたらよいのか判らないので、強めに打つと大きすぎるというミスショットになることが多いです。冬の凍ったバンカーは、表面だけが凍っていて、その下は凍ってなくて柔らかい砂になっていることが多いです。砂の表面の硬さとそのなかの砂の柔らかさによりウェッジが食われてしまい、思い通りに脱出できないことがありますので、予め用心しておくことが必要です。


冬ゴルフというのは、ゴルフ場の状況が夏とは全く変わります。気温が低くて寒いし、着こんで身体が動かし難くなりますし、フェアウェイの芝生は枯れているし、硬いし、バンカーもグリーンも凍っていることが殆どです。

スコアを大きく崩すのは冬というゴルファーは少なくありません。

いつもベストコンディションなゴルフ場なんてありません。どんな状況でも自分のパフォーマンスを発揮して、今できることを全力でやってみて、スコアをまとめるというのがゴルフだと思います。

日々、精進
がんばります

関連記事

SNS シェア
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン