飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン | ゴルフテック | ゴルフトレーニング
CONTENTS MENU
 

冬ゴルフはフェアウェイが狭く見える

 

冬ゴルフはフェアウェイが狭く見える

冬ゴルフはフェアウェイが狭く見えてしまいます。こんなことを思うのは私だけなのかもしれません。冬は芝生が枯れてしまい、その色がまるで砂漠のようになってしまいます。

ゴルフ場側としてはラフとフェアウェイを識別させるためにフェアウェイの芝生に着色をします。枯芝ばかりでは、とても荒涼とした雰囲気となってしまいますし、フェアウェイとラフの境目がわかりませんから、枯芝に着色してくれることはとても有り難いです。

ただ、今回の冬ゴルフで気付いたのが、フェアウェイが狭く感じた ということです。狭さを感じて、不安が強くなってしまったことを思い起こしてみました。

 

フェアウェイが狭く感じる

フェアウェイを緑色に着色してくれていることで、フェアウェイが判りやすくなっているのですが、フェアウェイの幅が明確に識別できることで、逆に狭さを感じてしまいました。夏の時と冬の時と比べて、フェアウェイが狭くなったりという変化をするわけではありません。これは、明らかに私の錯覚です。

フェアウェイが狭く感じてしまって、自分で勝手に色々と考えてしまい、自分でゴルフを難しくしているように感じました。狭いのは怖い・・・OBするかも・・・左に行ったらどうしよう・・・そんな不安が勝ってしまいます。不安が強くなってくると、おかしなショットをしてしまいます。

プレッシャーというか、迷いがあるというか、不安が強くなってしまって、腕で合わせにいってしまいます。

 

本当はフェアウェイは広い

下の写真のようなコースであれば、本当は冷静に考えてみれば、右は広いです。左の土手の芝生は枯れているので、左にボールが行けば、下まで転がってきてくれるだろうと思います。ミスヒットして左へ飛ばしてしまった場合は、そんなにボールが高く上がることはありませんから、白杭を超えて、左の林の中に行ってしまう可能性は低いはずです。

ただ、不安の方が強くなってしまって、そういった冷静な判断、分析ができなくなってしまう自分が居るということに気付かされました。

適切なゴルフスイングができることは大切ですが、不安に勝つことも必要ですし、冷静な判断でコースを見極めるための、眼力も必要になります。これも、ゴルフ技術のひとつですね。

狭い、OBが心配、フェアウェイに行かないかも・・・そのようなマイナスなイメージばかりを考えてしまっていたように思います。ポジティブに前向きに、本当にボールを飛ばしてはいけない方向を見極めて、ミスショットしても良い方向を瞬時に見極めるということが必要だなと思いました。そういったことが自分ではできると思っていても、できなるのがゴルフですね。

今回の冬ゴルフでは、自分の中に芽生えてきた強い不安に負けてしまいました。

日々、精進
がんばります

その他、よく読まれている記事

プロギア RS E ドライバー 試打・評価 プロギア 2019年最新モデル RS E ドライバーを打ちましたので、詳細を紹介します。 プロギア RS E ...
中部銀次郎のスイング 全体的に脱力をしているにも関わらず、下半身にはしっかりとチカラがはいっています。とくに太腿あたりの盛り上がりは、相当な脚...
ダウンスイングで手首のコックを保つコツ... ダウンスイングで手首のコックを保つコツ アドレスでは脇を締める ストロング・グリップがおすすめ ...
右膝を送り込むゴルフスイング 右膝を送り込むゴルフスイングというのは、右膝を送るのではなくて、腰の回転と連動しています。適切に腰の回転ができていれば、...
ゴルフスイングで腕と手のチカラを抜く方法 | 脱力スイング... ゴルフスイングで腕のチカラを抜いて、脱力して、柔らかいけど素早く、そして力強いゴルフスイングをするためのコツを紹介します...
ゴルフスイングのスウェーを治す練習方法... ゴルフクラブが加速しなかったり、打点がズレやすい場合は、体重移動をしようとしてスウェーしている場合があります。 ...
ショートアイアンが飛ばない原因 ショートアイアンが飛ばない ショートアイアンが飛ばない理由 アウトサイドイン軌道で打っている 本当はス...
強い下半身のスイングは自然とレイドオフになる... ゴルフスイングでレイドオフにして振ると良いと言われることもありますが、レイドオフにするのではなくて、自然とレイドオフにな...
左親指にシャフトが乗るとダフリやすい... トップスイングをつくったときにゴルフクラブのシャフトが左親指に乗ります。これが、ダウンスイングのキッカケ、スイング軌道に...
ゴルフは哲学 | 飛ぶドライバー | 飛ぶスプーン